ブタ飼い王子
ハンス・クリスチャン・アンデルセン 作
宮城麻衣 訳

 むかし、まずしい王子さまがおりました。かれは自分の国を持っていました。 その国はとっても小さかったのですが、だれかと結婚しようって くらいには十分な大きさでした。そして、その王子さまはある人と結婚 したいと思っていたのです。
 それにしても、この王子さまが皇帝さまの娘にむかって「結婚してくれますか?」なんて言うのは、 ずうずうしすぎることでした。それでも王子さまはそう言ったのです。なんたって、王子さまの名前は、 たくさんの人が知っているのです。かれが結婚を申し込めば、「はい」とか「よろこんで」と答える お姫さまだって、数え切れないほどいるでしょう。じゃあ、そのお姫さまはなんて答えたでしょうか。
 さて、そこからこの物語が始まるわけです。
まず、王子さまのお父さんが眠っているお墓には、一本のバラの木が生 えていました。とってもきれいなバラの木でした。しかもこのバラは、五 年にいちどしか花を咲かせないうえに、咲くときにもたったのひとつし か花を咲かせないバラなのです。けれど、そのいい香りといったら、かぐ だけでそれまでの心配事や悲しい思いもすべて忘れてしまうほどでした。
 それに、王子さまはナイチンゲールも飼っていました。このナイチン ゲールは、その小さなのどの中にすばらしいメロディーを住ませている のかと思わせるほどに、すてきに歌うことができるのでした。 王子さまはこのバラとナイチンゲールをお姫さまにあげることにしました。そこ で、それらを大きな銀色の箱につめこんで、お姫さまへ送りました。
皇帝さまはその箱を大きなホールへ運ばせました。そこではお姫さま と侍女たちが「お客さまごっこ」をして遊んでいました。そしてお姫さま はプレゼントの箱を見つけると、手をたたいてよろこびました。「まあ、 その中身がかわいい子ネコだっらたいいのに!」お姫さまはそう言いま したが、それはバラの木でした。とってもきれいなバラの花が見えてき ました。
 「まあ、なんてきれいに作ったバラなんでしょう!」侍女たちは口々 に言いました。「きれいだというだけじゃない。なんてすばらしいんだろ う!」皇帝さまが言いました。しかしお姫さまはバラにさわると、いま にも泣きそうになりました。「きゃあ、お父さま!」お姫さまが叫びまし た。「これ、作りものじゃなくって、本物の花だわ!」
 「まあ、怒るまえに、もうひとつの箱の中身を見てみようじゃないか」 皇帝さまが言いました。するとナイチンゲールが飛び出してきて、とって も愉快な声で歌いましたから、すぐにはだれも文句を言うことができま せんでした。「シュペルブ! シャルマン!」侍女たちはフランス語でお どろきの声をあげました。侍女たちはフランス語をたしなんでいたから ですが、おどろきの声は誰かが口を出すごとにひどくなっていきました。
 「その鳥の歌声は、なくなった皇后さまが持っていらしたオルゴール を思い出させますな。おお、それです! 本当におんなじ音色、おんな じ演奏です」年とった家臣が言いました。「ほんとに、そうじゃな!」皇 帝さまはそう言って思い返すと、子どものように泣きました。
 「それでも、その鳥が本物じゃなかったらいいんだけど」お姫さまが 言いました。「いいえ、これは本物の鳥でございます」この箱を運んでき た者が言いました。「それなら、その鳥は飛ばしてやりなさい」お姫さま は言いました。そして、王子さまが会いにくるのを絶対に許そうとはし ませんでした。
 けれども王子さまはめげませんでした。かれは自分の顔に茶色と黒の 泥を塗りつけて、耳が隠れるまで帽子をかぶりました。そして、皇帝さま のお屋敷の門をたたいたのです。「ごめんください、皇帝さま! このお 屋敷でわたしを雇ってくださいませんか?」王子さまが言いました。「ほ お、そうか。それならブタの世話を見てもらおうかな。なんたって、ブ タがいっぱいおるもんでな」皇帝さまが言いました。
 そうして王子さまは皇帝さまのところで「ブタ飼い」の仕事をするこ とになりました。そして、ブタ小屋のそばにある小さな汚い小屋をいただきました。 王子さまはそこに座り込むと、何やら仕事を始めました。そ して夕方には、かわいい小さなつぼを作りあげました。つぼのまわりには、たくさんの鈴がついていました。つぼのお湯が沸くと、そのベルが とってもすてきな音を鳴らして、昔ながらのメロディを奏でるのでした。
 「おお、愛しのアウグスティン、もう何にもない、ない、ない」
 しかもさらにおもしろいことに、そのつぼから出てくる湯気に手をか ざせば、町中のおうちで何の料理が作られているかを、たちまちかぎ分 けることができるのです。ほら、これはまたバラとはまったくちがうも のでしょ。
 さて、ちょうどお姫さまが歩いてきました。お姫さまはこの鈴のメロ ディを聞くと、立ち止まって何だかうれしそうにしました。お姫さまはこの「愛しいアウグスティン」 ならピアノでひくことができたからです。 といっても、お姫さまがひけるのはこの一節だけで、しかも一本指でひ のですが。
 「ねえ、わたしもこの節ならひけるわよ」お姫さまが言いました。「あ のブタ飼いはきっと、学問のある人にちがいないわ! あそこへ行って、 あの楽器がいくらするのか聞いてきてちょうだい」そこで、侍女のひと りが聞きにいくことになりました。けれども、そのまえに彼女は泥よけ の木靴にはきかえて行きました。
 「そのつぼをゆずってくださらない?」侍女が聞きました。「それじゃ、 お姫さまのキスを十ください」ブタ飼いが答えました。「まあ、なんてこ となの!」侍女が言いました。「それ以下じゃ、おゆずりできません」ブ タ飼いが答えました。「ほんとに、ずうずうしいやつね!」お姫さまはそ う言って歩き出しましたが、少し進むとまたあのベルのすてきな音が鳴り始めました。
 「おお、愛しのアウグスティン、もう何にもない、ない、ない」
 「まって、あの人に、侍女のキスを十でもいいかって聞いてきてちょう だい」お姫さまが言いました。「いやだめです!」ブタ飼いは答えました。 「お姫さまのキスを十です。だめならつぼはおゆずりしません」「そんな のなしよ!」お姫さまが言いました。「じゃあ、あんたたち、だれにも見られないように、 あたしの前に立っててちょうだい」そこで侍女たちは ドレスを広げてお姫さまの前に立ちました。そうして、ブタ飼いはお姫 さまのキスをもらいました。そしてお姫さまはつぼをもらったのです。
ほんとにおもしろいことでした! お姫さまたちは、その日の夕方も、 次の日もつぼでお湯を沸かしました。お姫さまたちは、この町の中なら どこのおうちでも何の料理を作っているのか、すっかり分かるのです。お 屋敷の執事のおうちから、靴屋さんのおうちまで。侍女たちは手を叩い たり踊ったりしながらよろこびました。
 「わたしたち、今日の夕飯にだれがスープを飲むのかも、だれがパン ケーキを食べるのかも分かるのよ。だれがカツレツを食べるのかも、だ れが卵を食べるのかも。ほんと、おもしろいわ!」「ほんと。でもこれは 秘密よ。だって、わたしは皇帝の娘なんだから」
 あのブタ飼いは本当は王子さまなのですが、だれもがただの恵まれないブタ飼いなんだと思っていました。その王子さまは、一日とて何もせ ずに過ごしたりはしませんでした。そしてこんどはガラガラを作りました。そのガラガラを回すと、ワルツやジーグや、これまでに世の中で作 られたどんな曲でも奏でることができるのです。
 「まあ、すごいわ!」お姫さまがそこを通りかかったときに言いまし た。「あたし、こんなにすてきな曲は聞いたことがないわ。あそこへ行っ て、あの楽器がいくらなのか聞いてきてちょうだい。でも、もうキスは しませんからね!」
 「お姫さまのキスを百くれと言っています!」ブタ飼いに聞いてきた 侍女が言いました。「あいつは頭がどうかしてるんだわ!」お姫さまが言 いました。そうして歩き出しましたが、少し進むとお姫さまはまた立ち 止まりました。「芸術は奨励するものだわ」お姫さまは言いました。「あ たしは皇帝の娘なのよ。あの人に言ってちょうだい。あたしが昨日みた くキスを十するから、あとは侍女たちにしてもらいなさいって」
 「ええ。でも、わたしたちはそんなこと、したくありません!」侍女た ちが言いました。「なにを言ってるの?」お姫さまが言いました。「あた しだってキスするんだから、あんたたちだってできるでしょ。いいこと、 それがあんたたちの仕事なの」そうして、侍女たちはまたブタ飼いのほ うへ行きました。
 「お姫さまのキスを百です!」ブタ飼いが言いました。「そうじゃないな ら、だれにもこれはあげられません!」「まわりに立っててちょうだい!」 お姫さまがそう言うと、キスをしているあいだ、侍女たちはお姫さまの まわりに立っていました。
 「ブタ小屋のまわりが、やけにさわがしいようだが、どうしたわけだ?」 ちょうどバルコニーに出てきた皇帝さまが言いました。かれは目をこすっ て、メガネをかけました。「あそこにいるのは侍女たちだな。あっちへ行っ て、何をしてるのか見てやろう!」皇帝さまはスリッパのかかとを引き 上げました。皇帝さまはかかとをふんずけて歩いていたからです。
 皇帝さまはお庭に出てくると、そーっと歩き始めました。侍女たちはキ スをきちんとやっているか数えるのに夢中で、皇帝さまがやってきたこ とには気づきませんでした。皇帝さまはつま先立ちでのぞきこみました。 「これはいったい何だ?」皇帝さまはそこで何をしているのか見えたと たんに叫びました。そしてブタ飼いがちょうど 86 回目のキスをもらって いるときに、お姫さまの頭をスリッパで叩きました。「出て行くんだ!」 皇帝さまはとても怒って言いました。それでお姫さまとブタ飼いは町か ら追い出されてしまいました。
お姫さまは立ち止まって泣きました。ブタ飼いはぶつぶつ言っていま す。さらに雨がはげしく降ってきました。「ああ! あたしはなんて不幸 せなんでしょう!」お姫さまが言いました。「あのすてきな若い王子さま と結婚していれば! ああ! なんて不幸なのかしら!」
 するとブタ飼いは木かげのほうへ行って、黒や茶色の泥を顔から洗い 落としました。それからきたない服を脱ぐと、自分の王子さまの服を着 てから出てきました。こうなると王子さまはとっても上品に見えて、お 姫さまも王子さまにおじぎをせずにはいられないほどでした。
 「ぼくはあなたを軽蔑しますよ」王子さまが言いました。「あなたは立 派な王子をむかえようとはしなかった! あなたはあのバラやナイチン ゲールの価値も分からなかった。それなのにあなたは、あんなくだらな いおもちゃのためにはブタ飼いにだってキスしようとする。その報いを いま受けるのです」
 そう言うと王子さまは自分の小さな国に戻って、お姫さまの目の前で 宮殿のドアを閉めてしまいました。ですから、いまはお姫さまがこう歌っ ているのです。
 「おお、愛しのアウグスティン、もう何にもない、ない、ない」


c2005 宮城 麻衣 この翻訳は、この版権表示を残す限りにおいて、訳者および著者に たいして許可をとったり使用料を支払ったりすることいっさいなし に、商業利用を含むあらゆる形で自由に利用・複製が認められる。

プロジェクト杉田玄白 正式参加作品
http://www.genpaku.org/