旧国名 : 京都 山城 
丹後( たんご ) 丹波 ( たんば )




京都御所
794 - 1869 年 日本の首都

















平安京



大政奉還 ( たいせい ほうかん )
の場所 



西暦794年、 桓武天皇は長岡京から 平安京(京都)に遷都した。 明治2年(1869年) 天皇と政府が 東京へ移り、 京都は 実質的に 首都の機能を失った。

西暦794年から1869年まで日本の首都であった京都は 北、東西を山に囲まれた盆地にある。 南側は鴨川が盆地より出て桂川に合流し 桂川、宇治川、木津川の三川は 八幡市のあたりで合流し 淀川と名を変えて大阪府 に入り 大阪湾にでる。 


1867年 10月14日、最後の徳川将軍 第十五代徳川慶喜( とくがわよしのぶ)は 京都二条城二の丸御殿において 朝廷へ大政を奉還する宣言をした。 

かくして 260年間続いた 徳川幕府の武家による封建制度は 崩壊した。 1868年 新政府ができた。 将軍の側近と将軍に忠誠を誓う武士は 将軍に充分敬意が払われ 将軍も士族も新政府の中で 重要な地位を与えられ ることを期待したがその期待は 裏切られた。

新政府は 将軍と武士が享受してきた特権を剥奪(はくだつ)し 旧封建体制を徹底的に破壊しようとした。 将軍の側近は 将軍に新政府に対して決起するようそそのかし、朝廷の公家に圧力をかけるため 京都に兵を送る決心 をし 戊辰戦争( ぼしんせんそう)が勃発( ぼっぱつ)した。

幕府軍は 菊の御紋の錦の御旗を立てた皇子を先頭にする主に薩摩 長州の兵よりなる新政府軍に鳥羽伏見の戦いで進軍を阻止され 敗れた。

長州の軍は武士だけではなく 近代兵器で装備された町人 農民も 加わっていた。

徳川慶喜は 大阪城から脱出し、 幕府の軍艦に乗り 江戸へ 逃げ戻った。

幕府軍には 朝敵の汚名がつけられた。 江戸に戻った将軍は寛永寺(かんえいじ)の葵(あおい)の間で 2ヶ月間  官軍に恭順( きょうじゅん)の意を表すため 謹慎( きんしん )した。 

明治新政府は 江戸城を接収( せっしゅう)した。緊急に新日本の首都を決める必要があった。 大久保利通( おおくぼとしみち )等は 当初大阪が 新しい日本の首都としての条件を備えていると考えたようだが 結局 江戸を東京と名を改め 日本の首都として 選ばれた。

江戸は 人口の半分野武士が 七割の面積を占めていたてめ 封建制度の崩壊により 首都にしなければ 寂(さび)れた地方都市になる恐れがあった。

1869年 ( 明治二年 ) 天皇は 公家とともに 京都御所を去り 江戸城に入った。京都の市民は いまでも 天皇が 京都を訪問すると ”天皇陛下は 京都に お帰りになってはります” という。 京都が日本の首都であると明記した法的書類は どこにも 存在せず京都市民は 心情的に 今だに東京が首都だと 認めたくない。 

1603年 初代徳川将軍家康は 将軍の京都滞在中の宿舎として二条城を建てた。1614年、 1615年の大阪の陣では 二条城が大阪城攻撃のための総司令部の役割を果たした。 

1626年、 三代将軍家光は 二の丸御殿を増築し 本丸御殿と五層の天主閣を建てた。 その年の9月、 後水尾天皇が二条城に行幸(ぎょうこう)され五日間 滞在された。


1634年 家光は 30万人の兵を率いて入城。 その後 大番頭四名、 番士50名からなる二条在番を置いた。

家光が二条城に入城した1634年から 230年の間 第十四代家茂(いえもち)が入城した1863年まで 10代に 亘って 二条城を訪れた将軍はいなかった。

1750年8月、 落雷のため五層の天主は焼失し 二度と再建されることはなかった。

文久二年(1862年)、 十四代将軍家茂は孝明天皇( こうめいてんのう )の妹君 皇女和宮( こうじょかずのみや )と婚姻された。 これは 公武合体( こうぶがったい )の象徴であった。

幕府の威光と権力は すでに陰(かげ)りを見せ始めていた。 朝廷の威光借りねば 大政を維持できないところまで 来ていた。 西洋列強の船がしば しば 日本の沿岸にやってきて 開国の圧力は 高まりつつあった。

倒幕を企てる長州 薩摩を若い将軍は 抑えるすべはなかった。 家茂は 1963年二条城に入城し 大阪城で 病のため 21歳の若さで激動の時代にその生涯を終えた。

1867年十月、 二条城二の丸御殿大広間において 最後の徳川将軍( 十五代 )は 大政を朝廷(ちょうてい)に奉還( ほうかん )する 宣言をし 徳川幕府による封建制度は 崩壊した。

1939年(昭和十四年) 宮内庁より 二條城離宮は京都市に下賜(げし)された。


1994年( 平成六年 ) 元離宮二条城は ユネスコの世界遺産に登録された。二条城は 一般に公開されていて 毎日 数千人の外国人観光客も訪れる。 954のふすま絵があるが 撮影は 残念ながら 禁止されて いる。 このホームページで内部を写真で紹介することはできないが ここを訪れ 自分の目ですばらしい 美術、工芸品を見られることをお勧めする。 

元離宮二条城は 戦争のための城郭( じょうかく )というよりは 将軍上洛( じょうらく)の際の宿舎の性格がつよく 堀も浅く、 武家の棟梁(とうりょう)の屋形( やかた)としてのシンボルに過ぎない。堀の幅も 5 メートルたらずである。 

これに反して 京都御所は 堀がない。 天皇は 武家ではないので 御所は堀も石垣も不要である。  東京の皇居は深い堀があるが これは元将軍の江戸城だったから。

京都御所の西側、蛤御門( はまぐりごもん )の向かいに偉大な政治家 和気清麻呂( わけのきよまろ)と清麻呂の姉君 広虫姫( ひろむしひめ)を御祭神とを祀る護王神社がある。 狛犬(こま)ならぬ 狛いのししがあることで知られている。


護王神社は、高雄山神護寺の境内にあったが 嘉永4年(1851)、孝明天皇は和気清麻呂公の功績を称え、 正一位護王大明神の神階神号を授けられ、明治7年(1874)、「護王神社」と改称して別格官幣社に列せられた。明治19年(1886)、明治天皇の勅命により、神護寺境内から京都御所蛤御門前の現在地に御遷座され、姉君の和気広虫姫を合わせて祀った。



Wake no Kiyomaro
( 733 - 799 )


和気清麻呂については 戦後 小学校から高校まで 学校で習った記憶がない。 戦前は 楠木正成と並び 天皇にもっとも忠節であった人物として学校で教えられたようであるが 敗戦後 忠君 愛国の教育は 完全に 否定された。また 紙幣の人物としては 一番 使用された人物である。

和気清麻呂の詳しい事績は省くが 長岡京の造営が はかどっていなかった時に 現在の京都に首都を置くことを 桓武天皇に提案したのが 和気清麻呂であった。


彼の提案は天皇に受け入れられ 造営太夫 ( 首都建設担当長官 ) に任命された。 和気清麻呂は平安京 建都にもっとも 功績のあった政治家であった。 京都は その当時 世界最大の都市であった中国の唐の都長安をモデルに 碁盤の目のように東西の大通りは 北から南に向かって一条から九条(くじょう)までの大通りが建設された。 なお 現在では 十条通りがあるがこれは 通称 「鳥羽通り」 と呼ばれて 明治37年に開通したもので 古代の平安京とは 関係ない。なお鳥羽通りは 京阪鳥羽街道駅付近から 西へ一直線にJR 十条駅、 近鉄十条駅を通って 鳥羽街道まで 伸びている。

京都御所は 宮内庁  へ申し込めば 参観できる。三条 四条は 京都の繁華街で 京都らしくないところだ。 百貨店、 銀行、みやげ物店、 レストランがかくさんあるが、 近くに 静かな由緒ある大寺院があるとは 想像しがたい。



京都では 北へ行くことを「 上がる 」 南に行くことを 「 下がる 」という。

1467年 足利将軍の座をめぐり 応仁( おうにん)の乱が 勃発( ぼっぱつ )した。 官領家の細川勝元が率いる東軍と山名宗全の西軍の戦いは 11年にも及んだ。 東軍と西軍が動員した兵士の数は30万人近くに達し 全国が 戦場となったが 京都も主要な戦場となり 都の広汎な地域は 破壊された。 現在京都に残っている 古い建物も 大半は 応仁の乱の後、もしくは 明治時代後に建てられたものである。山名宗全の死により 戦いは 終結するが 足利将軍家の力は弱体化し徳川家康が関が原の戦い( 1600年 )で天下統一をするまで日本は戦国時代であった。 

太平洋戦争中は 京都は多くの文化財があるため 空襲に会わなかった。京都の人が 「 私の家は この前の戦争で 焼けてしまいました。 」という と 500年以上前の 応仁の乱のことをいっている。 

京都人は千年の伝統を守ると同時に 革新的である。 古い伝統産業と先端技術の会社がある。 任天堂は 明治22年創業のトランプ 花札 カルタの老舗( しにせ )であったが 世界中の子供の生活を変えた コンピューターゲーム機の最大手の会社に変身した。 

ノーベル賞を受賞した田中耕一氏の勤める 測定 測量 精密機器メーカーの島津製作所は 創業明治8年(1875年)の古い会社である。 京セラという会社は 半世紀前には 存在していなかった。稲盛和夫氏が従業員28名 資本金300万円で1959年設立した。会社は急成長を続け 10年目にはアメリカに事業所を設立した。 

古きよきものと 新しいものの美しい調和がいつまでも保たれることを願いたいものです。



京都は 日本の学術、 文化 宗教の中心地である。 京都には 47の大学があり そのうちの四つは 仏教系大学である。 キリスト教系の大学もある。18万人の学生が学んでいる。

600の仏教寺院と260の神道の神社がある。  

平成25年(2013年)1月現在の京都市の人口は 147万人
平成27年(2015年)の京都府の人口は 261万人。

京都の夏は 蒸し暑い。 5月の初めから9月31日まで 鴨川の岸に納涼床が建てられる。

京都には 花街 ( かがい)と呼ばれる花街が五つある。芸妓( げいこ)舞妓( まいこ )は 置屋( おきや ) から お茶屋へ出向き歌舞音曲(かぶおんきょく)で 客をもてなす。 









花街の中で 最も格式の高いのは 祇園甲部。 五つの花街のそれぞれが 春には 劇場または 歌舞練場で 花街の伝統芸能を披露し 一般の人もそれを楽しめる。 

祇園甲部の芸妓、 舞妓による都おどりは 1872年に始まった。 1869年天皇、 公家が 東京へ移り、京都は 人口35万人から20万人に激減し、京都は 産業も人心も 疲弊( ひへい ) していた。 京都の振興策がいろいろ考えられ 実行に移されましたが 花街の春のおどりは 町おこしのための京都博覧会の一つのプロジェクトとして行われた。





祇園甲部の舞妓 芸者による
都おどり 
4月1日より4月31日まで 
祇園歌舞練場で開催






「 鴨川おどり 」は 桜も散った新緑の頃、 5月1日より5月24日まで先斗町歌舞練場で行われる。 

1670年 鴨川の護岸工事が完成した後、鴨川の岸辺に京都市民、及び地方から来る人々のための娯楽施設ができた。 

先斗町の語源は はっきりしないが 16世紀に来日した ポルトガル人がこのあたりに教会を建て ここを −
ponto  − と読んでいた。三条大橋は 東海道 その他の街道の出発点であった。 

日本のいろいろな伝統芸術をダイジェストで見るなら ギオン コーナーで茶道、 琴、華道、 雅楽、狂言、舞妓の京舞、文楽が一時間で見れます。

公演は 冬以外は 毎日 夜は時からと8時からの2回です。 12時30分の第一回の公演がはじまる。 

京都の錦市場は 観光スポットとなっている。 野菜、つけもの、 魚
など あらゆる食材が手に入る。 京野菜というのは 京都だけで栽培されている野菜で  京都以外で栽培されるものは 「京野菜」という名前は 使えない。 


下の写真は鹿ヶ谷かぼちゃと加茂なすです。 伝統的な京料理以外にイタリア料理、 フランス料理にも使われる。 












ccopyright:
無断転載禁 − 
公認 スペイン語 英語 通訳案内士 佐々木博昭 












京都市内



伏見区
淀城跡(1)


 
 朝鮮通信使 唐人雁木


伏見区
伏見稲荷大社

 
  狐、 稲荷寿司、 千本鳥居

伏見区
御香宮神社

 
 御香水 小堀遠州 鳥羽伏見の戦い
 徳川家康 
  

伏見区
酒倉の町 伏見


 
 月桂冠大倉記念館 濠川 宇治川流派

伏見区
酒倉の町 伏見 (2)

 
 神聖 日出盛 英勲 富翁 油掛地藏
 西岸寺 芭蕉 吟醸酒房 油長 大手筋
  商店街  魚三楼 


伏見区
明治天皇
伏見桃山陵
  

 
 
  昭憲皇太后の伏見桃山東陵
  桓武天皇柏原陵 (かんむてんのう
  かしわばらのみささぎ )

伏見区
乃木神社

 
  日清戦争、 日露戦争


伏見区
醍醐寺
 
 「豊太閤醍醐の花見」



伏見区
城南宮
枝垂れ梅

  白河、鳥羽上皇、 後鳥羽上皇 承   久の乱、 小枝橋 戊申戦争勃発の
  地




 




上京区
北野天満宮の
御土居

 
  上京区 馬喰町(ばくろうちょう )
 
  北区紫竹 上長目町の御土居
  

上京区
上七軒

 
 北野天満宮 豊臣秀吉
 



中京区
柊屋旅館と鯖街道

 
 鯖寿司、 バッテラ、 柿の葉寿司

中京区 
本能寺

 
 織田信長公霊廟
 

中京区
鯉山町

 
 祇園祭 宵山 支倉常長の旅 

中京区
祇園白川


中京区
がんこ 高瀬川二条苑

 
 高瀬川源流、 角倉了以、 山県有朋


中京区
高瀬川

 
 木屋町、

中京区
新町通六角下ル
六角町
北観音山


 
 北観音山、 長刀鉾、京都芸術センター、
 占出山、旧明倫幼稚園、山伏山、郭巨山


中京区
先斗町

 
  鴨川おどり、 京都五花街のひとつ



中京区
二条城

 
 ユネスコ世界遺産


中京区
京都国際マンガミュージアム




北区
鹿苑寺 (金閣寺)

 
 足利義満


北区
 
 桜の平野神社

 

北区
上賀茂神社
社家町 西村家


 
 ユネスコ世界遺産 賀茂別雷神社



北区
御土居

  豊臣秀吉 




 







 


右京区
臨済宗妙心寺派
大本山
妙心寺

 
 退蔵院  国宝 瓢鮎図( ひょうねんず)
  元信の庭、 余香苑



西京区 右京区 

嵐山 嵯峨野

 
 渡月橋、 法輪寺、 天龍寺、大覚寺
 嵐山( 岩田山 )モンキー・ランド、

右京区
ユネスコ世界遺産
臨済宗妙心寺派
龍安寺

 方丈庭園 「 石庭 」
 細川勝元 細川家
 

右京区
ユネスコ世界遺産
真言宗御室派
大本山
旧御室御所
仁和寺

 
 宇多天皇、 御室の桜、 与謝蕪村

右京区
嵯峨野 ( 1 )

 
 竹林 奥嵯峨
 

右京区
落柿舎

 
 向井去来、 去来抄、 芭蕉、

右京区
大覚寺

 
  旧嵯峨御所 大覚寺門跡
  松尾芭蕉

右京区
嵐山

 
  天龍寺

 

右京区
嵯峨鳥居本

 化野念仏寺 
 

右京区 
嵯峨鳥居本

 
 愛宕念仏寺 ( おたぎ ねんぶつじ)

右京区 
嵐山宮町
松尾大社
( まつのを たいしゃ)


 
 松風苑 重森三玲



下京区
ウィリアム・メレル・
ヴォーレェズ


 
  近江八幡
 北京料理 東華会館

下京区七条通大宮東入
大工町125-1
龍谷大学 大宮学舎

 
 西本願寺系 
下京区堀川通花屋町下ル 
浄土真宗 本願寺派
本山 本願寺(西本願寺)

 ユネスコ世界遺産
 親鸞上人


 

渉成園(しょうせいえん)
枳殻亭( きこくてい )
 
 石川丈山

 

下京区
真宗本廟 東本願寺

 
 御影堂 ( ごえいどう )
  世界最大の木造建築
 

下京区・東山区
五条大橋
 
 五条大橋、料理旅館 鶴清(つるせ)


上京区
京都御所

 
 桓武天皇、 孝明天皇、 明治天皇


上京区
京都迎賓館

 
上京区

京都御苑




右京区
桂離宮


 
 八条宮智仁 (としひと)親王、
  八条宮智忠(としただ)親王 
  後陽成天皇





 
 






左京区
賀茂御祖神社
( かもおみやじんじゃ )
( 下鴨神社) (1) 


河合神社
鴨長明 方丈記

 
 相生社、 御手洗社、 みたらし団子
  ユネスコ世界遺産

左京区
(第三)無鄰庵

 
 山県有朋
 

左京区 山科区
東山区
蹴上界隈

 
 日向大神宮、 蹴上船溜、 南禅寺船溜、
  琵琶湖疏水記念館 無鄰庵

 

左京区
平安神宮

 
 「平安遷都千百年記念祭」 桓武天皇
 
左京区
京都市立美術館
伊藤若冲
生誕300年

 京都国際近代美術館京都市勧業館
  (みやこ めっせ )
 
左京区

 
 岡崎さくら わかば  回廊十石舟めぐり
 左京区

 細見美術館  伊藤若冲
生誕300年



左京区、上京区、
中京区、東山区、下京区、
南区、 伏見区
鴨川

 
  下鴨神社、先斗町

左京区
南禅寺

 
 京都五山の上、 亀山上皇
 
 

左京区
金地院 天授庵

 
 以心崇伝、 東照宮


左京区、上京区
その他

  時代祭


 

左京区
岡崎地区
  
  京都市美術館
(京都市京セラ美術館)

  京都国立近代美術館
  
 ローム シアター京都
   みやこ めっせ 京都






左京区
哲学の道

 
 白沙村荘 橋本関雪記念館
  法然院、熊野若王子神社
 

左京区
貴船神社

  和泉式部
左京区
修学院離宮

  後水尾上皇



南区
東寺

  弘法大師、 弘法さん 
 



東山区
祇園白川

 
  祇園東、祇園おどり

東山区
祇園(祇園町南側)

 
  都おどり、祇園甲部歌舞練場
 

東山区
東山
 
 丸山公園、 八坂の塔、ねねの道、
  石塀小路、
二年坂、三年坂

 

東山区
知恩院古門界隈
白川


 
 
 

東山区
東福寺



 

東山区
御寺 泉涌寺
 
  楊貴妃 観音堂 
  御座所



東山区
東福寺

 
 臨済宗 東福寺派 大本山
 紅葉の名所 
 


東山区
東福寺塔頭
龍吟庵

 
 方丈 ー 日本最古 − 国宝
  西庭 ー 「龍門の庭」 重森三玲

 

東山区
蓮華王院本堂
三十三間堂


 
 後白河上皇 平清盛 


 

東山区
真言宗 智山派
智積院


 
 玄宥(げんゆう)僧正、根来寺、 
  根来衆、 鉄砲」伝来

 

東山区
北法相宗大本山
音羽山 清水寺


 
 延鎮上人 坂上田村麻呂 


 




京都府京都市外



宇治市 ( 1 )
  平等院 鳳凰堂
  宇治橋 宇治上神社 

 
八幡市 (1)
 八幡市について
  
八幡市 ( 2  )
 八幡男山の竹林
  

八幡市 ( 3 ) 

 上津屋橋 ( こうずやばし )
  流れ橋 ( ながれはし )
  安居橋 ( あんごばし )
  全昌寺橋 ( ぜんしょうじばし

  

八幡市 ( 4 )
 エジソンと八幡の竹
 

八幡市 ( 5 ) 
 八幡男山 岩清水八幡宮
  

八幡市 橋本 ( 6 )
 狩尾神社 
 岩清水八幡宮 摂社 

  

八幡市 ( 7 )
  高良神社 
  岩清水八幡宮摂社

 

八幡市
上津屋橋
(こうずやばし)
 
  流れ橋

八幡市
松花堂庭園 松花堂
美術館



 
 松花堂昭乗 竹、垣根







 
  


京都府丹後地方


 伊根町 伊根の舟屋  宮津市 天橋立
   
   



京都府








京都市観光協会



京都御所


京都市 
上京区


護王神社
( ごおうじんじゃ )