大 阪


難波 八百八橋

大阪の橋











水の都 大阪は昔から 難波( なにわ ) 八百八橋( はっぴゃく やばし )
といわれてきた。八は日本では 古代には ”八雲たつ出雲 ”というように
”多い”という意味であったが 大陸から漢字が導入されてから ”末広がり”で
縁起のよい数字と考えられるようになった。江戸八百八町、京都 八百八寺
ともいう。 

江戸時代には 実際は 江戸の350橋に対して大阪は200橋に満たなかった。
仁徳天皇は 民のかまどから 炊煙( すいえん )がたちのぼっていないのを
歎かれ3年間 免税処置 労役免除の政策を実行され 更に 免税期間を三年
延長されたが労役免除は 三年限りとして 国民生活のインフラ向上の為 
運河など 数々の公共事業を積極的に推進された。


日本書紀によると 仁徳天皇14年( 西暦326年 )に「猪甘津(いかいのつ )
に橋為す。「號(なず)けて小橋( おばせ)と曰ふ」と記されている。生野区
には猪飼野( いかいの)という地名があったが  猪飼野地区( 猪飼野東、
猪飼野中、 猪飼野西 ) は 1973年2月1日 大阪市の町名変更により
七つに分断され 周辺の町に併合され 猪飼野の地名は姿を消した。

古代この周辺は百済郡( くだらごうり ) といわれ 朝鮮半島より来た渡来人
が多く住んでいた。小橋という地名は 今も残っている。 その後 この辺り
には鶴が飛来したことから  ”つるのはし”というのがあったが新平野川開削
(かいさく)により昭和15年廃橋となったが 平成9年親柱を残す記念碑が
建てられ「 つるのはし跡公園 」が整備された。 なお 生野区に隣接する
東成区には 東小橋 ( ひがしおばせ )という地名がある。

1910年 朝鮮の日本併合により 多くの朝鮮人が住み着くようになった。 御
先祖の霊が呼びよせたのであろうか。 現在 生野区 東成区には 在日 
朝鮮人韓国人がたくさん住んでいる。




江戸時代の大坂の橋で 幕府の費用で 建設され、メインテナンスされた
橋を公儀橋または 御公儀橋 ( ごこうぎばし )といった。 江戸時代に
大坂にあった約160橋の内 御公儀橋は 12橋あった。

旧淀川( 大川)に架けられた御公儀橋は :

天満橋、天神橋、難波橋、

鯰江川(なまずえがわ )に 架かっていた御公儀橋は

野田橋、備前島橋

旧大和川( 現在の寝屋川)

京橋

平野川 ( 鴫野橋、現在の新鴫野橋 )

東横堀川 ( 高麗橋、 本町橋、 農人橋 −のうにんばし )

長堀川 ( 長堀橋 )、 道頓堀川 (日本橋 − にっぽんばし、
ただし、地元では にほんばしという人の方が多い。)

御公儀橋に対して、町人の建てた橋を 町橋といった。

淀屋橋は 豪商 淀屋が 造った 淀屋橋、 淀屋常安が造った
( じょうあんばし ) などがある。

肥後橋、筑前橋(ちくぜんばし)などは 蔵屋敷があったところである。




長堀と西横堀が交差するところに 井桁状に四つの橋がかかっていて 難波
の名物であった。天保8年(1837)幕吏に追われた大塩平八郎父子が、船で
逃走中に四ツ橋の下で刃を河中に投げ捨てた。小西来山の「すヾしさに四橋
をよつわたりけり」の句碑は四ツ橋跡高速道路の下に建てられている。 ここは
江戸時代 煙管屋ーきせるや −が たくさんあった。 

佐野屋橋(さのやばし)


心斎橋(しんさいばし) ー 陸橋として 保存されている。


代になって 大阪は 江戸時代の40万人から 増え続け 市域も 広がった。
近代になっても明治 大正時代には 川は 重要な交通手段であった。 昭和
の初期になっても 自動車による大量輸送は 戦後の1960年代以降のことで 
大阪市東北部の工業地域にあける物資輸送のため城北運河( じょうほく
うんが )が 昭和10年( 1935年 ) から 15年かけて開削( かいさく )
された。 

昭和20年 −30年代には この運河は はしけでにぎわった。 この橋の
正式名は 現在 「 城北川―しろきたがわ 」」 と変更されている。  

淀川左岸の旭区友渕町から東へと進み、森小路からは南に折れて、城東区
今福で寝屋川の右岸に合流しています。

この運河の開通で、主に寝屋川以北の工業地域における物資輸送が便利に
なり、周辺地域の発展に貢献しました。

方、城北川が属する寝屋川流域では、急激な市街化により流域の保水や
遊水機能が低下し、浸水被害が頻発するようになっていました。そこで、昭和
60年(1985)4月に城北運河を城北川として一級河川に格上げし、護岸の改修
や水門の改築、河積(川の体積)の拡大などを行っています。これにより、寝屋川
の洪水の一部を城北川を通じて大川へ導き、毛馬排水機場のポンプによって
淀川に放流する分水路としての機能を担わせます。

戦後間もない頃は 「 環境問題 」という言葉が 新聞紙上に現れることもなく 
大阪の川は工業排水 生活廃水のたれ流しであった。 城北運河の両岸に
ある工場からは 毎日 大量の排水が 運河に注ぎこまれた。 現在 桜小橋
という粋な名前のバス停が京橋の近くにあるが桜小橋は 榎並川( えなみ
がわ )という 小川にかかっていた橋である。この橋の近くにある染工場から
赤 青 黄色 緑 その他 あらゆる色の排水が 川に流され 川は 絵の具
をたらしこんだパレットのようになり 異様な化学物質の臭いがした。 現在なら
即 逮捕されるところだ。

昭和30年代後半には、城北運河の汚濁化は大阪市内の河川の中で最悪と
なった。そのため、大阪市では昭和40年代に、汚水が直接川に流れ込まな
いよう 下水管を敷設したり、潮の干満差を利用した水門操作による浄化運転を
開始したりして、水質を大幅に改善した。

一方、城北川が属する寝屋川流域では、急激な市街化により流域の保水や
遊水機能が低下し、浸水被害が頻発するようになっていました。そこで、
昭和60年(1985)4月に城北運河を城北川として一級河川に格上げし、護岸の
改修や水門の改築、河積(川の体積)の拡大などを行っています。これにより、
寝屋川の洪水の一部を城北川を通じて大川へ導き、毛馬排水機場のポンプ
によって淀川に放流する分水路としての機能を持たせている。

大川口水門 : 城北川では毎日、潮の干満の差を利用し、寝屋川口水門と
大川口水門を交互に開放することで城北川の滞留を防ぐとともに、水質の悪い
水の流入を防いでいます。

大阪市が管理している川だけでも 800を優に超える。 現在では 戦後の埋め
立てによる激減後 増え続けている。


大 阪 の 橋

下記 市内の橋の数は、平成15年4月1日現在で867橋です。また、橋の種類
は鋼橋が575橋、コンクリート橋が287橋、石橋がえ4橋、木橋が1橋です。このうち
大阪市が管理している橋は818橋で、延長約54キロメートル、橋面積82万平方
メートルとなっています。


種別
橋数
内訳 延長 面積
鋼橋 コン
クリート橋
石橋 木橋

  国・府・
  市道
867 575 287 4 1 62.4km
1,034,000
平方m
内訳  国土交通
 大臣管理
29 23 6     7.7km
199,000
平方m
 大阪市管理
818 539 274 4 1 53.5km 819,000
平方m

大阪市建設局に提供していただいた最新の情報では 平成16年 (2004年 )
4月1日現在の大阪市にある橋の総数は 878橋になっています。 一年で 
60橋 増えています。大阪市内もだんだん 美化され 市内に人が戻ってきて
いるそうである。 人口も 橋も増え始めたのは 嬉しい話である。

その内訳は 大阪市建設局が管理して橋の合計は755橋である。十三大橋
(じゅうそうおおはし)は 国道176号線に架かっているが
大阪市建設局が管理している。 長柄橋(ながらばし )は 大阪
府道であるが 大阪市建設局が管理している。


大阪市湾港局等が 管理している橋は 74橋である。 新木津川大橋は湾港
局が管理している。国土交通省が管理している橋梁は 国道1号線、2号線、
25号線、26号線、43号線、163号線に架かる橋梁で 桜宮橋 ( 国道一号)、
淀屋橋( 国道 25号 )等を含む29橋である。

大阪府及び隣接都市が管理している橋梁は 遠里小野橋 ( 大阪府 )等
20橋である。

大正14年には1629本もの橋が大阪市に管理されていました。現在では市内
中心部を流れていた川のほとんどが埋め立てられ、橋の数も激減しました。

心斎橋、四ツ橋桜橋など今は地名に名前を残すだけの橋である。

戦後の橋梁工事は戦災復興事業から始まった。戦災により全半焼した橋の他、
傷みのはげしいものを含めると600橋がなんらかの手当を必要とした。また戦争
中は 橋の金属部分は 兵器生産の材料として供出された。

経済復興にともなって昭和30年代から大阪の橋づくりが本格化するが、橋梁の
技術革新による橋梁の軽量化、設計の合理化がテーマとされた。国道176号の
十三バイパスや新御堂筋の建設が代表的な事業であった。

本格的なモータリゼーションの到来は、橋の概念を大きく変えることになった。
高速道路の高架橋や大規模なバイパス、淀川への長大橋が都市の景観や
環境を大きく変えた。

一方、都市機能の変化によって堀川や周辺部の用水路が次々と埋め立てられ、
1500橋を数えていた大阪の橋も800橋を切る程に減少した。しかし、橋の規模
は大きくなり、昭和40年代を中心に橋の面積は急激に拡大した。

自動車優先の機能的な橋への反省から、自転車や歩行者を優先した遊歩道の
橋やデザインに意を用いた橋も架けられるようになり、戦前のデザインの優れた
橋の復元、再整備も積極的に行われるようになった。




近年、湾岸の新しい埋立地を核とする新都心の開発にともなって多くの長大橋
が架けられた。高速道路大阪湾岸線の主要な橋は日本を代表する規模と
構造を誇る。また、それらを補完し、埋立地や市街地を有機的に連絡する橋梁
群も大阪港の新しい景観を演出している。日本一の径間長を誇るアーチの
新木津川大橋、日本最長の桁橋のなみはや大橋、一本ケーブルの吊橋では
世界一の此花大橋、世界最大規模の浮体式可動橋の夢舞大橋などが完成
している。

昭和31年汚水化のため 衛生上の問題もあり 水運の役割を失った立売堀川 
( いたちぼりがわ )が 埋め立てられ、その後 高度経済成長の到来とともに
長堀川、西横堀川も埋め立てられ、上は 道路、下は駐車上に変身いたしま
した。 現在 東横堀川、道頓堀川(どうとんぼりがわ)が残っていますが、東
横堀川は上に高速道路が 走っています。 いづれにしましても、船にのって
道頓堀へ芝居見物( しばいけんぶつ)に 出かけた船場商人の話は 夢
物語になってしまった。

江戸時代 大阪は幕府( ばくふ )の直轄領 すなわち天領( てんりょう )
でした。

大阪城代以下 お役人は 警察 担当を 含めて 数百人という簡素な司法、
行政組織であった。 昨今 世界のいろいろな国で 行政機構が肥大化した
ため、 ”小さな政府”の必要性が 叫ばれているが、大阪奉行所は 模範的
(もはんてき)に 小さい政府だった。 幕府が直接公費を支出して 管理する
御公儀橋は 12橋に過ぎなかった。


橋 名 場所 橋名 橋名
大川にかかる橋



飛翔橋
( ひしょう橋)



都島区

北区



鶴見区


鶴見緑地内
心斎橋





橋 名 場所 橋名 橋名



橋 名 場所 橋名 橋名

土佐堀川
堂島川を
またぐ橋
天神橋
( てんじんばし )

北区

中央区


大川に
架かる橋

天満橋
( てんまばし ) 
北区

中央区
土佐堀川
堂島川を
またぐ橋

天満橋
( てんまばし )

北区

中央区

大川に
架かる橋
川崎橋

北区

中央区

難波橋
( なにわばし ) 
ばらぞの橋


北区

中央区
堂島川、
中之島
土佐堀川
をまたぐ橋



橋 名 場所 橋名 橋名

今橋  葭屋橋
( いまばし よしやばし )

中央区
東横堀川


高麗橋


中央区
東横堀川



橋 名 場所 橋名 橋名

新鴫野橋

中央区
大阪城
第二寝屋川


橋 名 場所 橋名 橋名


橋 名 場所 橋名 橋名


橋 名 場所 橋名 橋名


橋 名 場所 橋名 橋名

反橋
(太鼓橋)
住吉大社


住吉区


橋 名 場所 橋名 橋名
新木津川大橋
( しんきずがわ
おおはし )


大正区・
住之江区


橋 名 場所 橋名 橋名

常吉大橋 
( つねよし 
おおはし )


此花区




橋 名 場所 橋名 橋名
鴻池橋
( こうのいけばし )

東大阪市
大東市

橋 名 場所 橋名 橋名

大和橋

堺市

住吉区

大和川









©copyright:
無断転載禁 − 
公認 スペイン語 英語 通訳案内士 佐々木博昭
 



スペイン語通訳案内士
試験対策講座
大阪 天王寺教室