イタリアのX'MAS



ミラノ、ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエルのツリー(スワロフスキー協賛のツリー/オーナメントは全てクリスタル)









カトリックの総本山・イタリアでは、クリスマス(イタリア語ではナターレNata leといいます)は、ちょうど
日本人にとってのお盆かお正月のようなもの。もちろん、カレンダー上も12月25日は祝日で、翌日の
サント・ステーファノ(聖ステパン、ちなみにフランス語だとサンテティエンヌSant'E'tienne)の祝日と
合わせて2連休となります。クリスマスをはさんだ数日間は家族はもちろん 普段顔を合わせない
親戚などが一同に会する機会。









サンタクロースというのは、元々オランダの民間伝承がアメリカに広がったもので、
カトリックの「ナターレ=クリスマス」とは本来何の関係もありません。
今ではイタリアでも「バッボ・ナターレ Babbo Natale」 (クリスマス爺さん)と呼ばれて定着しています。
1月6日のエピファニーアEpifania(救世主の御公現の祝日ベッファーナBeffanaと呼ばれる)の日に
魔女が子供たちにお菓子を持って来るという民間伝承が昔からあり今でもこの日に子供達に、
お菓子やプレゼントを送る習慣は続いています。。。
1月6日はイタリアの休日。正式には「エピファニア(公顕節)」といい、星のお告げでキリストの誕生を知った
東方の三博士が馬小屋を尋ねたとされる日です。 イタリアの年末休みは12月24日のクリスマス・イヴから始まります。
そして、正式には1月6日のベッファーナの祝日までがクリスマスとされています。

イタリアにはもともとサンタクロースはいませんでした。その代わり、ほうきにのったベッファーナというおばあさんが
1月5日の夜に、1年間良い子だった子供にはキャンディーを、悪い子だった子には炭のかけらか玉葱を
暖炉の前にぶら下げた靴下に入れに来るとされていました。
今では、イタリアも主流はサンタクロースですがスーパーなどでは、まだほうきにのったおばあさんの
マークのついたお菓子が年末になると売り出されたり、店先に人形がぶら下がっていたりします。
イタリアでは元旦よりもクリスマスを大切にし、25日のクリスマスのお昼は家族みんなで食事をし、そして元旦の日を
恋人と過ごすようです。子供連れの家族は24日頃から、祖母祖父のもとに集まりマンマの料理を食べるようです。
25日の昼食は最大イベントで午前中、あまり行かない教会のミサに参加して、後に親子3代で長い昼食を取り、
クリスマスプレゼントも、そこで交換します。






2005年 クリスマス風景(下のツリー画像をクリック)



2004年 クリスマス風景(下のサンタの画像をクリック)






2003年 クリスマス風景



プレゼントを持ってくる
イタリア版サンタの魔女


イタリアでも人気
ぴかちゅー


ローマ・ヴェネツィア広場
建物はヴェネツィア宮殿


ローマ・ヴェネツィア広場
クレーンでツリー設置中


ミラノ
ガレリアのツリー


ローマ
ジョリーミダスホテル


サンピエトロ寺院
プレゼビオ


バチカン
サンピエトロ寺院内


バチカン・ローマ法王
日曜日の説法


フィレンツェ
共和国広場のツリー


フィレンツェ
共和国広場の飾り


ヴェネツィア
広場のプレゼビオ


ミラノ
ガレリアのツリー


ミラノ・ガレリア
スワロフスキーの文字が


ミラノ・ドォーモ通り
AUGURIおめでとうの看板


ミラノの12月31日
ドォーモ広場のコンサート


ミラノ・ガレリア
2003年12月31日の風景


ローマのホテル
ジョリーカルペーニャ


ローマ
空港内のカルチェ


ローマのホテル
フォーポインツシェラトン


フィレンツェ
小さい通りでも綺麗


ローマ
upim店内


フィレンツェ
メイン通り


ローマ・ヴェネツィア広場
エマヌエル2世記念堂