外国の最先端スパイ工作システムについて

 

 

<はじめに>

 

人の脳とコンピューター器械とをつなぎ、人の脳の情報を知り、人の脳に情報を送る事が可能な五感情報通信技術およびBMI技術などの研究が、総務省・文部科学省などの主導する国家プロジェクトとして行われています。

 

 

五感情報通信技術について

 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_1.pdf

 

http://www.itmedia.co.jp/news/bursts/0012/08/21c.html

 

BMI技術について

 

http://www.keyman.or.jp/3w/prd/18/30002318/

 

http://wiredvision.jp/news/200804/2008040723.html

 

アメリカ合衆国で最大のテレビ・ラジオ・ネットワークを有するCBS放送は、

その看板ドキュメンタリー番組である"60 Minutes"において 、

「人の脳内の、ものすごく複雑な思考も解読できる機械が5年後には完成する事、

さらに、現代は、秘密裏に遠隔から使用される技術も開発されており、

数メートル離れたところから、人の脳の前頭葉に光線をあて、

その反射波を受容した機械によって思考を読み取る装置が開発されている時代である。」

という驚くべき事実を報じています。

 

マインドリーディング(CBS "60 Minutes":Mind Reading

 

(英文 : 英語ビデオ)

 

http://www.cnet.com/news/60-minutes-video-tech-that-reads-your-mind/

 

(和訳)

 

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/08/cbs-60-minutes-mind-reading.html 

 

20111220日、100年の歴史を誇る米IBMは、毎年恒例の「Next Five in Five(今後5年間に実現する5つのイノベーション)」の中で、人の心が読める機械、いわゆる「マインドリーディング・マシン」の可能性について言及し、2017年までには実現可能だとしました。

 

IBMの未来予想、コンピューターが人の心の中を読む時代

http://estorypost.com/news/ibm%E3%81%AE%E6%9C%AA%E6%9D%A5%E4%BA%88%E6%83%B3%E3%80%81%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%8C%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%82%92%E8%AA%AD/

 

人の意図を読み取ることができる、脳のスキャン。 英国ガーディアン紙の記事 

 

(英文) 

 

 http://www.theguardian.com/science/2007/feb/09/neuroscience.ethicsofscience

 

科学者達は私達が何を聞いているかを盗聴するために脳波を解読する。

 

(英文) 

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2012/01/120131175158.htm

 

ついに読心術・テレパシーが可能に「人の心を読み、音声再生」することにカリフォルニア大学が成功

 

http://japan.digitaldj-network.com/archives/51958382.html

 

(英文)

 

http://www.plosbiology.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pbio.1001251

 

しかし、これらの最先端技術は外国の軍事・スパイ工作分野における国家安全保障上の機密に守られながら、十数年以上前からスパイ工作器械として、一部の人達にはすでに知られていたのです。

 

 

<話をしなくても、頭の中で考えた言葉が解る思考盗聴器の原理について>

 

実用化された製品情報

 

(魚拓リンク)              http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/

 

「合成テレパシー」の開発:思考をコンピューター経由で伝達

 

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html

 

世界初の無声携帯電話の通話

 

(英文)

 

http://www.theaudeo.com/?action=technology

 

対象人物の脳の様々な情報、すなわち思考言語・聴覚・視覚・感覚・感情などの情報を知り、対象人物の脳に音声などの様々な情報を送る技術。それはスパイ工作器械の技術としても最先端の技術であり、対象人物の脳への直接的なマインドコントロールを可能とする技術でもあるはずです。

 

 

さらに対象人物の脳とコンピューター器械とを双方向的につなぐ(衛星)電波通信システム・・・。

 

 

これらを実現した時、世界最強のスパイ工作システムが誕生する事は言うまでもありません。

 

 

<脳内情報通信技術が実現した最先端スパイ工作技術について>

 

 

五感情報通信技術・BMI技術などの、いわば脳内情報通信技術とも脳内通信工作技術ともいうべき技術によって実現した、最先端スパイ工作器械およびその技術については以下の通りです。

 

 

<思考盗聴>

 

 

もし、盗聴器から人が頭の中で考えている言葉が聞こえてきたら・・・。思考盗聴器の基本的な考え方は、

 

実用化された製品情報 

 

(魚拓リンク)          http://s04.megalodon.jp/2008-0529-0146-52/itnp.net/category_betsu/8/1194/

 

(英文)             http://newscenter.ti.com/index.php?s=32851&item=127439

 

(英文)             http://www.theaudeo.com/

 

上記のリンクで紹介された商品器械の原理とほぼ同じと考えてよいと思います。

あえてもう少し具体的に説明するならば、

 

『声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行うコンピュータプログラムにしたがって、音声言語や文字として翻訳する器械』という事ができます。さらに、

 

http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html

 

上記のリンクの文章によると、アメリカは「発声による会話」を使わずに、神経信号を分析することによって、戦場での人から人へのコミュニケーションを可能にする事を目指し、まず、人間のEEG脳波計)のパターンを、その人の思考の中にある個々の単語に関連付け、つぎに、これらのパターンが一般化できるものであるかどうか、つまりすべての人々が同様のパターンを持つかどうかを確認し、最後に、「信号を解読して限られた範囲に伝達するための、実用可能な試作前の段階に作り上げる」ことを目標にしているようです。

 

最先端のセンサー技術を用いて、少し離れた場所から人の「心を読む」ことをアメリカが計画している事は、

 

「ワシントンタイムズ誌 : NASAは空港でテロリストの「心を読む」ことを計画している。」

 

(英文)    http://joi.ito.com/weblog/2002/08/18/nasa-plans-to-r.html

 

上記のリンクの文章からもうかがえます。さらにブロードバンド通信で脳波などのセンサー情報を送信することが可能です。

 

2003/10/23 NTT、映像とセンサー情報を瞬時に同時送信 

(ブロードバンド通信で脳波などのセンサー情報を送信)」

 

http://www.kurejbc.com/news/news2003/news03-10.htm

 

ある特定の条件下における、スパイ活動としての思考盗聴の方法としては、「思考盗聴器に使われる最先端技術によるセンサー(非侵襲的神経電気センサー)」の情報を電波として発信する器械を使う、もしくはブロードバンド通信などを利用してセンサー情報を送り、場合によってはエシュロン(通信傍受システム)などのシステムによって、これらのセンサー情報を捕捉し、最後に、センサー情報をコンピューター器械によって解読する。などの方法が可能性としては考えられます。

 

しかし、最先端のスパイ工作システムである実際の思考盗聴システムが、センサーだけで対象者の脳からの音声信号(神経信号)またはイオン信号を受信している訳ではありません。例えば、人に電波を当てるとその人が持っている(共振)電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し測定する方法を用いるのです。(一例を挙げれば、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。)

 

NSAによるリモート神経モニタリング(RNM

 

(英文)

 

http://www.freedomfchs.com/remoteneuralmonitoring2.pdf

 

NSAの国内の電子監視ネットワーク

 

(英文)

 

http://forbrighthonesteyesonly.wordpress.com/

 

「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」 

 

(著者 小出 エリーナ)

 

http://satehate.exblog.jp/7676047/

 

ロシア プラウダ紙(著者 ジョン・フレミング)

衝撃的脅威監視衛星(Shocking Menace of Satellite Surveillance

 

(英文) 

 

http://english.pravda.ru/opinion/columnists/08-09-2008/106313-satellite_surveillance-0/

 

 

人の脳波から単語の解読を試み、ある個人を個有の生体情報をもとに特定し、自動追尾をしながらその脳波を遠隔的に捕捉するレーダー電波の技術をアメリカが長年研究してきた事は、

 

  脳波の遠隔監視や(脳波を)変えるための装置と方法

 

  (英文)    http://www.freepatentsonline.com/3951134.html

 

英文)      http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm

 

上記のリンクの文章からもうかがえます。特に、難解ではありますが、上記のリンクの文章には脳波から単語の解読を試みる研究が詳しく述べられた、いくつかのリンクが存在します。

 

しかし、事実だけをいえば、脳波だけでなく脳の神経信号、またはイオン信号を(共振)電波によって遠隔的に捕捉する技術を、アメリカはすでに国家機密技術としては持っているはずです。

 

実際の最先端の思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(金属イオン、もしくは金属イオンに似た性質のイオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)あるいはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。  

 

これには、対象者に、その人がもつ固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた電波を当てた場合、その人に固有の共振電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し、測定する方法を用います。

 

対象者に電波を当てた時、共振現象を引き起こす事ができる、その人だけがもつ固有の周波数と振幅、およびにその波形の事を、その人がもつ固有の生体情報と解釈する事ができます。

 

また参考までに、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。

 

現在、対象者に個有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

 

以前は、研究室の中で、数メートル離れた所から人の脳に光線(電波)をあて、その反射波を受容した器械によって思考を読み取る装置を開発していた科学者達は、 現在、共振電波の送受信技術を用いて、数百キロも離れた所から、対象者に個有の共振電波をあて、その反射波を受容した機械によって思考を読み取る装置を開発しています。

 

また、共振電波の送受信技術を用いて、数百キロも離れた所から、対象者に個有の共振電波をあて、

その対象者だけに聞こえる音声を送信する技術が、外国だけでなく日本においても開発されています。 

 

これらの共振電波の送受信技術については、対象者が電車(飛行機)で移動していても、山や建物の中、または地下に居ても、技術上の問題は既に解決されており、距離に関していえば、日本にいる対象者にブラジルくらい離れた外国から思考盗聴や音声送信が可能です。

 

無論、対象者の体内や身近な場所に器械は一切必要ありません。 

 

現在、日本において、これらの開発技術は知的財産の所有権(特許)や悪用される可能性などの問題があり、その情報は極少数の科学者達によって管理されている為、あまり公になる事はありません。

 

また、外国(主に先進国や大国)においては、これらの技術情報が企業機密または、国家安全保障上の問題により、国家機密に指定される可能性が高いため、現時点においては、日本と同様、やはり、公になる事はないようです。

 

脳内情報通信技術の中でも、対象者の持つ個有の周波数と振幅、およびにその波形とによって共振させる、共振電波の送受信技術、およびにレーダー電波の技術を用いて、対象者を限定した思考盗聴・音声送信などが可能です。また、この時に対象者の位置を把握することも可能です。

 

思考盗聴や音声送信には500から数千種類の共振電波が使用されており、使用する数が多いほど、その精度が上がります。

 

この技術を研究している学者やメーカーの研究者は、日本においては大体2000人程度存在しており、これらの研究者達の情報によると、アメリカ軍にも高額でその技術情報が売られているとの事です。因みに、公にはなっていませんが、これらの研究者達の情報によると、思考盗聴の技術は1990年頃にすでに完成しているそうです。(この技術をアメリカ軍の研究所で研究している人達は、日本人やインド人を含め外国人が多いと言われています。)

 

共振電波の送受信技術にもとづく音声送信の原理については、対象者に固有の共振電波をその人に当て、その反射波から、その人が「あ」という音声を脳内で聴いた時の、対象者に固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形を受信した場合、その生体情報の振幅を整数倍に強めた電波を、その人に送って共振させると、その人の脳内には、「あ」という音声信号(神経信号)が発生します。

 

また、対象者だけに共振する、対象者に固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた数十から数百の電波を対象者に当てる事によって、対象者を見失う事なく追跡する事が可能です。

 

ただし、人に固有の生体情報周波数と振幅、およびにその波形は常に変化している為、その変化に合わせる必要があります。

 

フィンランド首席医務官キルデ医学博士の論文

 

http://gangstalking-crime-databease.blogspot.com/2011/07/blog-post_24.html

 

<思考盗聴に関する技術 : 参考リンク集>

 

 

NASAは「思考を読み取る」ソフトウェアを開発します。

 

(英文) 

 

http://english.peopledaily.com.cn/200403/18/eng20040318_137816.shtml

 

ロシア プラウダ紙(著者 ジョン・フレミング)

衝撃的脅威監視衛星(Shocking Menace of Satellite Surveillance

 

(英文 : 1-3ページ)

 

1. http://english.pravda.ru/opinion/columnists/106313-0/

2. http://english.pravda.ru/opinion/columnists/106313-1/

3. http://english.pravda.ru/opinion/columnists/106313-2/

 

 心を読み取るマシン

 

(英文) http://www.newscientist.com/article/dn7304

 

科学者達が築く脳ボックスコンピュータ

 

(英文) http://www.sciencedaily.com/releases/2006/07/060713080012.htm

 

あなたの心を読む。新しい研究は言葉が脳内に形成される方法を見つけた。

 

(英文)

 

http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-1392139/Reading-mind-New-research-finds-words-formed-brain.html 

 

「脳の透明化」で詳細研究が可能に:動画

 

http://wired.jp/2013/04/11/clarity-brain/

 

脳と同じように機能するコンピューター

 

http://wired.jp/2013/09/02/truenorth/

 

脳スキャンで「見ている文字」の解読に成功

 

http://wired.jp/2013/08/22/decoding-perception/

 

人の無意識の思考を読み取る

 

(英文)

 

http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/4472355.stm

 

世界初の脳間通信に成功:「マインド・メルド」

 

http://wired.jp/2013/09/24/mind-meld/

 

ふたりの人間の脳がウェブ経由で接続!?

 

http://wired.jp/2013/09/06/connect-two-brains-on-the-internet/

 

4次元の脳のデーターを脳波信号を使用してマッピング 

 

(英文) http://www.sciencedaily.com/releases/2009/01/090121122842.htm

 

磁気共鳴とレーダ技術

 

(英文) http://www.sciencedaily.com/releases/2008/09/080909102226.htm

 

脳活動を音声認識に関連付けてマッピング

 

(英文) http://www.sciencedaily.com/releases/2008/11/081110071240.htm

 

脳の音声認識処理のメカニズム

 

(英文) http://www.sciencedaily.com/releases/2009/08/090812081944.htm

 

近赤外光脳機能イメージング装置

 

http://www.an.shimadzu.co.jp/prt/nirs/nirs2.htm

 

通信、生物医学イメージングおよびリモートセンシングのための近赤外広帯域レーザー開発。

 

(英文)  http://www.sciencedaily.com/releases/2008/05/080519113215.htm

 

微弱な電磁波(電波)を捕捉する為の、液体窒素で冷却された高温超伝導体アンテナについて。

 

超伝導体を用いた新デバイス

 

http://pdf.landfaller.net/39/39-1.pdf 

 

パソコンの微弱な電気信号を離れた場所から捕捉(受信)するテンペストの技術について。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BC%8F%E6%B4%A9%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2

 

音声認識ソフトウェアは、脳波を読み取る

 

(英文)

 

http://www.newscientist.com/article/dn16034-voice-recognition-software-reads-your-brain-waves.html

 

押し付けがましい脳リーディング監視技術 : マインドハッキング

 

(英文) http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=7606 

 

 ワイヤレス脳波システムの自己人体の熱と光で駆動

 

(英文)  http://www.sciencedaily.com/releases/2008/04/080412172006.htm

 

ナノスケールのワイヤレス通信システム

 

(英文)  http://www.sciencedaily.com/releases/2007/10/071017131851.htm

 

近赤外光検出と測距(LIDAR)システム

 

(英文)  http://www.sciencedaily.com/releases/2007/08/070823120237.htm

 

人間の脳を10年度で複製する事を研究員は予測する。

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/09/090904071908.htm

 

脳スキャナーはあなたが何を考えているかを指示する事ができます

 

(英文)

 

http://www.newscientist.com/article/mg20427323.500-brain-scanners-can-tell-what-youre-thinking-about.html

 

諜報機関のデータを分析するために脳波を使用

 

(英文)

 

http://www.engadget.com/2007/11/12/honeywell-seeks-to-use-brainwaves-to-more-quickly-analyze-intell/

 

参考までに

 

思考読み取り(生体情報受信)の技術的解明への道

 

http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-331.html

 

思考読み取り(生体情報受信)の技術的解明への道(2)

 

http://wanderer0000005.blog52.fc2.com/blog-entry-332.html

 

マインド・リーディング(思考盗聴)は犯罪だ!(動画)

 

http://www.youtube.com/watch?v=bB-xdFGZSgE

 

 

<音声送信>

 

 

もし、その人だけに聴こえる音声を送る事ができたら・・・。その人の個有生体情報をもとに対象者だけに音声を聴かせる音声送信の技術については、

 

 

http://wiredvision.jp/news/200801/2008011022.html

 

特定の標的に音を「発射」する技術、米軍が開発中 

 

http://wired.jp/2007/06/07/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E3%81%AE%E6%A8%99%E7%9A%84%E3%81%AB%E9%9F%B3%E3%82%92%E3%80%8C%E7%99%BA%E5%B0%84%E3%80%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%80%81%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E3%81%8C%E9%96%8B%E7%99%BA/

 

マイクロ波で脳内に音を発生させる兵器『MEDUSA

 

http://wiredvision.jp/news/200807/2008070822.html

 

米陸軍「脳内で音声を発生させる技術」ウェブページの謎

 

http://wiredvision.jp/news/200805/2008051321.html 

 

 

 上記のリンクの通りですが、音の質、音量、方向感、距離感、立体感、音響などに優れており、知らない人は音声送信なのか目の前の現実の音声なのか、まったく区別がつきません。また、優れたボイスチェンジャー(音声変換)技術により、対象者の知人の声を真似た音声送信を行なう事が可能です。

 

人の声を完全コピーして話すことが出来るようになる?

 

http://labaq.com/archives/50809302.html

 

(英文)

 

http://news.bbc.co.uk/2/hi/science/nature/6994595.stm

 

さらに、音声信号によって変調された(共振)電波によって、直接、対象人物の脳または聴覚器官に音声を聴かせるという技術も存在します。 

 

 

参考までに

 

日本における音声送信などの自動追尾システムの実験について(実験見学者の個人ブログからの引用)

 

http://hmonai.blog33.fc2.com/?mode=m&no=160&m2=res

 

http://blogs.yahoo.co.jp/mosiri55/34136778.html

 

 

<視覚盗撮>

 

 

もし、モニター画面に対象者が見ている映像が写し出されたら・・・。

 

 

視覚盗撮に関する技術について

 

http://wiredvision.jp/news/200803/2008031022.html

 

 

 

<映像送信に関する技術について

 

 

日本で実用化された製品情報

 

http://www.eyeplus2.com/index.html

 

外国で実用化された製品情報

 

(英文) 

 

http://www.wicab.com/media/Wicab%20Press%20Release%203-19-2013.pdf 

 

 

<聴覚盗聴>

 

 

思考盗聴の技術と原理的には同じ技術を使って、対象者の話し声や周りの音声など、対象者が聴いている音声を盗聴する事が可能です。

 

より具体的には、脳内情報通信技術によるレーダー電波の音声送信によって、音声を対象者に聴かせながら聴覚の音声信号(神経信号)を同時に捕捉し、送信した音声信号情報などを元にこの情報を解読および翻訳することで、対象者がふだん聴覚器官で聞いている音声を翻訳し、復元する事が可能です(聴覚盗聴)。また人の話し声は骨伝導音などによってその人の聴覚器官にも伝達されるため、聴覚盗聴によって対象者の話し声を復元する事も可能です。無論、聴覚盗聴の技術は対象者を一般化する事も可能です。

 

 

<脳内情報通信の基本的な考え方について>

 

 

これら脳内情報通信の基本は、最先端技術によるセンサー、またはレーダー電波によって対象者の脳の神経信号またはイオン信号情報を捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読および翻訳をする事です。

 

しかし、総合的な情報を収集してこれらを客観的に把握するためには、 思考盗聴・音声送信・聴覚盗聴などの(実験)内容を互いに確認し、それぞれの情報を総合的に判断する必要があります。

 

 

<対象者を限定し、その位置を把握する技術について>

 

脳内情報通信技術のなかでも、対象者に固有の共振電波を反射させ、その電波を捕捉し、測定する、いわばレーダー電波による自動追尾技術を用いて、(個有の生体情報をもとに)対象者を限定した思考盗聴・音声送信・聴覚盗聴などが可能です。また、この時に対象者の位置や周りの映像を把握する事も可能です。

 

(英文)

 

 http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm

 

 

<個有生体情報を捕捉するためのセンサーおよびレーダー電波の技術について>

 

ワシントンタイムズ誌 : NASAは空港でテロリストの「心を読む」ことを計画している。

 

(英文)

 

http://joi.ito.com/weblog/2002/08/18/nasa-plans-to-r.html

 

体内にインプラント、治療後に溶ける遠隔操作の電子回路

 

http://wired.jp/2013/05/29/remote-controlled-dissolvable-electronics/

 

マイクロ波アクティブセンサを用いた非侵襲生体計測の開発について

 

http://www.astec.kyushu-u.ac.jp/mase/thema/micro.htm

 

脳波を用いた個人認証に関する研究

 

http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902264620014329

 

人体通信技術について      

 

http://ascii.jp/elem/000/000/128/128011/

                                                  

ナノ技術によるセンサーチップについて     

                                     

 http://wiredvision.jp/news/200812/2008120922.html

 

超広帯域(UWB)通信を使用した医療バイオセンサー

 

(英文)

 

http://eprints.biblio.unitn.it/archive/00001045/01/3_PhD_Proposal_Copertina.pdf 

 

マイクロチップを体内に埋め込む、およびサイバネティックスマインドコントロール

 

(英文)

 

http://nwoobserver.wordpress.com/2009/11/10/microchip-implants-mind-control-and-cybernetics/

 

 

<マインドコントロールについて>

 

 

参考文献   

 

 

「アメリカのマインドコントロール・テクノロジーの進化」 

 

(著者 小出 エリーナ)

 

http://satehate.exblog.jp/7676047/

 

ニューサイエンティスト、リモートコントロールの頭脳 : 神経科学革命

 

(英文)  http://callcenterinfo.tmcnet.com/news/2007/07/20/2801526.htm

 

 

あなたは(アメリカ)政府によるマインド・コントロールを信じられますか?

 

(集団ストーカーの証明17

 

(動画)

 

http://www.youtube.com/watch?v=HX0nEoOfyQ4

 

Mind Control - Remote Neural Monitoring

 

2013年の夏にロシア政府が所有する国際TVネットワークRT(ロシア・トデイ)のスペイン語部局で放送された番組)

 

(動画: 英語字幕)

 

https://www.youtube.com/watch?v=o9bd-B2dqCM

 

「エシュロン」と世界の盗聴網について

 

 

「エシュロン」について

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%AD%E3%83%B3

 

参考文献

 

エシュロン 暴かれた全世界盗聴網 欧州議会最終報告書の深層」

 

http://www.pen.co.jp/syoseki/shimin/0255.html

 

PRISM (監視プログラム)

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/PRISM_(%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0)

 

 

バウンドレス・インフォーマント

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88

 

NSA「世界のコンピューター5万台にマルウェア導入」:オランダ紙報道

 

http://wired.jp/2013/11/26/report-nsa-planted-malware-spans-five-continents-50000-computer-networks/

 

「ロシア政府、世界各国の企業に対してスパイ活動」セキュリティ企業が主張

 

http://wired.jp/2014/01/23/russian-government-accused-of-spying-on-tech-firms/

 

<電波による脳内情報通信技術に基づくスパイ工作システムとその利点>

 

電波による脳内情報通信技術に基づくスパイ工作システムは、レーダー電波または(マイクロチップ)センサーなどによって入手した対象者の持つ個有の生体情報をコンピューターに登録する事により、レーダー電波技術による自動追尾システムによって遠隔的にスパイ工作活動が行なわれます。

 

その為、対象者の身近にスパイ工作器械が存在する必要はなく、証拠を残す可能性がほとんど無いばかりか、本人に気づかれないように非常に高度な国家的スパイ工作活動を行う事が可能です。

 

 

<最先端技術スパイ工作システムの構築>

 

アメリカ・イギリス・中国・ロシア・フランスなどの国々、およびユダヤ機関は思考盗聴器・音声送信器などの次世代最先端技術を用いた、スパイ工作器械の研究開発および製造を行っています。この技術のための人体実験被害者は、先進国をはじめ世界中に大勢存在します。(人体実験については後述。)

 

 

かつての東西冷戦のスパイ工作器械研究開発競争は、技術の進歩と共にこれらの最先端技術スパイ工作器械を生み、同時に脳内情報通信システムにもとづく革新的なスパイ工作システムを誕生させたのです。

 

将来、マイクロチップによるセンサーやレーダー電波などによって容易に入手した個有生体情報をコンピューターに登録する事により、人の脳とコンピューターとを(衛星)電波システムでつなぎ、世界的な脳内通信工作システムを確立する事が外国のスパイ工作機関の目的であると考えられます。

 

また脳内通信工作技術によって、監視と(危機)管理システムの強化を目指す大国や、新世界秩序の実現を目指す国際的な組織が存在します。

 

NSAの国内の電子監視ネットワーク

 

(英文)

 

http://forbrighthonesteyesonly.wordpress.com/

 

あらゆる個人情報を記録する米国防総省の新プロジェクト

 

http://wired.jp/2003/05/21/%E3%81%82%E3%82%89%E3%82%86%E3%82%8B%E5%80%8B%E4%BA%BA%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%92%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%99%E3%82%8B%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E9%98%B2%E7%B7%8F%E7%9C%81%E3%81%AE%E6%96%B0%E3%83%97%E3%83%AD/

 

「全国民を顔写真付きでデータベース化」? 米国で法案審議に懸念の声

 

http://wired.jp/2013/05/13/immigration-reform-dossiers/

 

街で集めたDNAから、その人の顔を復元して3Dプリント

 

http://wired.jp/2013/05/09/artist-dna-portraits/

 

現在、人工知能をもつ量子コピューターが五感情報通信技術やBMI技術などの脳内通信工作技術によって、世界の人を電波で監視し、管理する時代の到来が計画されています。

 

「光の保存」に成功、量子コンピューター実現に向け前進

 

http://wired.jp/2005/10/05/%E3%80%8C%E5%85%89%E3%81%AE%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%80%8D%E3%81%AB%E6%88%90%E5%8A%9F%E3%80%81%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%81%AB/

 

量子情報ネットワーク実現につながる新実験:画像ギャラリー

 

http://wiredvision.jp/news/200803/2008032623.html

 

「ネット上で進化していく人工知能」の可能性と危険

 

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082721.html

 

米国防総省の『ライフログ』プロジェクト、真の目的は人工知能構築

 

http://wired.jp/2003/07/31/%E7%B1%B3%E5%9B%BD%E9%98%B2%E7%B7%8F%E7%9C%81%E3%81%AE%E3%80%8E%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%80%8F%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%80%81%E7%9C%9F%E3%81%AE/

 

グーグル「世界を覆う人工知能ネットワーク」構想

 

http://wired.jp/2014/01/29/google-buying-way-making-brain-irrelevant/

 

百度、シリコンヴァレーに人工知能研究所を開設

 

http://wired.jp/2013/04/16/baidu-research-lab/

 

世界的権威レイ・カーツワイルが、グーグルで目指す「究極のAI

 

http://wired.jp/2013/05/02/kurzweil-google-ai/

 

人の助けを必要としない、AIの「直感」学習モデル

 

http://wired.jp/2013/07/04/yoshua-bengio/

 

GWEN等、HAARPと衛星GPS_EMF制御格子」

 

 (英文)

http://lists.topica.com/lists/sott/read/message.html?sort=t&mid=1717480679

 

NSAは、アメリカ人との電子戦を実行していますか?

 

(英文)

 

http://exposingalltruth.com/

 

「第6の戦場」:ネットの次は、人間の脳が戦いの場になる

 

http://wired.jp/2012/12/13/the-next-warfare-domain-is-your-brain/

 

量子情報通信

 

http://www.kurejbc.com/quantum/qic001.htm

 

 

< 量子レーダー技術について >

 

 

「生体における量子効果」を米軍が研究

 

http://wiredvision.jp/news/201003/2010031623.html

 

量子レーダー研究:「もつれ合い光子対」を使った画像作成に成功

 

http://wiredvision.jp/news/200807/2008070721.html

 

ロッキードの薄気味悪いレーダー(量子レーダー

 

(英文)

 

http://www.wired.com/dangerroom/2007/03/lockheeds_spook/

 

ロッキードは、量子レーダーの米特許を取得

 

(英文)

 

http://www.wired.com/dangerroom/2008/05/lockheeds-spook/

 

16km間隔での「量子テレポーテーション」に成功

 

http://wiredvision.jp/news/201005/2010052123.html

 

もつれた量子粒子を使用したレーダーシステムの方法

 

米国特許 英文

 

http://www.freepatentsonline.com/7375802.html

 

生体計測・量子科学応用計測手法の分類 

  

http://www.ppl.eng.osaka-u.ac.jp/fukuda/keisoku/dd-05.pdf

 

 

<最先端スパイ工作システムのための人体実験について>

 

東西冷戦のスパイ工作合戦とスパイ技術の研究の歴史を振り返る時、いわば歴史的な方向性をともなう必然の成果として、これらの最先端スパイ工作技術が誕生したのだと思わざるを得ません。東西の大国がこれらの高度な技術を獲得するためにどれほどの国力を費やしたかは、私を含め、スパイ天国と言われて久しい平和な国の日本人には、想像する事さへ難しいかもしれません。

 

そして・・・その世界の本当の厳しさも・・・。

 

事実だけを言えば、外国のスパイ工作機関はこの実験的にして実戦的な訓練を伴う、最先端スパイ工作システムを日本や世界において実現させるために、世界中の一般市民から選ばれた人体実験被害者を必要としたのです。

 

<人体実験を告発する記事について>

 

グローバル・リサーチ(Global Research)記事
『人の認知への影響: 米国の電磁兵器と人権』

 

(英文)

 

http://globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=PHI20070109&articleId=4396

 

上記リンクの和訳サイト)

 

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech15.html

 

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験:Part 1

 

(動画 :Part 1

 

https://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o

 

イングランド政府とアメリカ政府の軍事施設には法律に対する免責特権と匿名特権とを持つ、科学者達とそれを管理する人達が存在し、人体実験と関わっています。

 

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験 :part 2

 

(動画 :part 2 

 

https://www.youtube.com/watch?v=8b4GYyxMnbI

 

Do You Believe in Government Mind Control ( あなたはアメリカ政府によるマインドコントロールを信じますか? : 動画  )

 

http://www.youtube.com/watch?v=M_RXC2QeZ0A&feature=player_embedded

 

(オバマ)大統領諮問委員会「生命倫理学についての研究」 (英語: 動画ビデオ)

 

http://www.tvworldwide.com/events/bioethics/110228/default.cfm?id=13288&type=flv&test=0&live=0

 

(オバマ)大統領諮問委員会「生命倫理学についての研究」 (英語: 動画ビデオの翻訳文)

 

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/06news05.html

 

http://blog-imgs-36-origin.fc2.com/l/o/v/lovenpeace2you/Presidential-Commission-Transcript-PC-2011.txt

 

アメリカ元ミネソタ州知事Jesse Ventura氏の主宰するケーブルTV番組の中で、CIAが脳内音声兵器(神の声兵器)を使った人体実験を一般市民を対象に行っている事を、元CIA職員で、一般市民へのマインドコントロール実験で悪名の高い、「MKウルトラ・プログラム」の為に働いていたマーク・フィリップスおよびに、元、CIA・国防総省・司法省の国家機密プロジェクトの一員で、脳内音声兵器(神の声兵器)の開発に関与したRobert Duncan博士の二人が暴露しました。

 

"Brain Invaders" S03E07 Conspiracy Theory with Jesse Ventura

 

英語動画)

 

http://www.disclose.tv/action/viewvideo/118828/Brain_Invaders_S03E07_Conspiracy_Theory_with_Jesse_Ventura/

 

(  この番組は、"Conspiracy Theory"という陰謀を取材するドキュメンタリーテレビ番組で、

truTVというアメリカのタイムワーナー系列のケーブルTVネットワークによって、201212月に放送されたものです。)

 

( 参考までに、英文ではありますが、この番組の中でのRobert Duncan博士の証言が、アメリカ元ミネソタ州知事Jesse Ventura氏とRobert Duncan博士との問答として、下記のリンク記事に掲載されています。

 

transcript of whistleblower Robert Duncan in Brain Invaders

 

英文

 

http://freedomfchs.lefora.com/topic/19399282/transcript-of-whistleblower-Robert-Duncan-in-Brain-Invaders

 

脳内音声兵器 - Wikipedia

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E5%86%85%E9%9F%B3%E5%A3%B0%E5%85%B5%E5%99%A8

 

特定の対象だけに声を届ける広告板と、「神の声」兵器

 

http://wired.jp/2008/01/10/%e7%89%b9%e5%ae%9a%e3%81%ae%e5%af%be%e8%b1%a1%e3%81%a0%e3%81%91%e

3%81%ab%e5%a3%b0%e3%82%92%e5%b1%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e5%ba%83%e5%91%8a%e6%9d%bf%e3%81

%a8%e3%80%81%e3%80%8c%e7%a5%9e%e3%81%ae%e5%a3%b0/

 

対人電磁気兵器の諸相1

 

http://blog.goo.ne.jp/skidmore/e/0c004ea8a816334c5f8f8f9e72b4292d

 

(英文)

 

http://www.deepblacklies.co.uk/some_aspects_of_a-pem_weapons.htm

 

ワシントン・ポスト記事 『マインドゲーム』

 

(英文)

 

http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/10/AR2007011001399.html

 

(上記リンクの和訳サイト)

 

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/04tech14.html

 

<日本の被害者のサイト>

 

NPOテクノロジー犯罪被害ネットワーク              

 

 

http://www.geocities.jp/techhanzainetinfo/

 

テクノロジー犯罪被害ネットワーク - Wikipedia 

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8E%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%BC%E7%8A%AF%E7%BD%AA%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF

 

 

<世界の被害者のサイト>

 

http://www5f.biglobe.ne.jp/~terre/seigi/index.html

 

 

重要な事は、資本主義陣営、共産主義陣営を問わず、外国系の非常に秘密性の高い謀略スパイ工作機関によって、脳内通信工作技術にもとづくスパイ工作システムを日本や世界において構築するための、実験的かつ実戦的な人体実験が行われており、そのための被害者が日本人の一般市民からも選ばれているという事実です。

 

 

<外国の軍事・スパイ工作技術の認知問題>

 

軍事・スパイ工作器械に関する次世代最先端技術は、国家安全保障上の問題から国家機密に指定されるため、十数年間は民間の識者の方に知られる事がなくても不思議はないのが常識です。

 

 

<人体実験の統計的分析の重要性>

 

しかし、主に先進国に存在する人体実験被害者の証言を統計的に冷静に判断する事によって、脳内通信工作技術にもとづく秘密性の高いスパイ工作システムの実態がおぼろげながら見えてくる事は事実です。

 

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験

 

(動画 :Part 1

 

https://www.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o

 

イギリス元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器と人体実験

 

(動画 :part 2 

 

https://www.youtube.com/watch?v=8b4GYyxMnbI

 

<人体実験被害者の証言について>

 

被害報告を集約すると、1. 電波による脳の体感覚異常  2. 音声送信 3. 思考盗聴 4. マインドコントロールの4つの被害を基本に、さらに 5. 体の一部などへの感覚的な操作、または攻撃 6. 視覚盗撮などの被害報告が目立ちます。

 

人体実験被害者の証言は、加害側の実験の目的や手法、また段階によって被害者の体験や認識が異なるため、被害者個人としての体験は、大抵は被害報告によって知られている全体の内の、個々の体験の組み合わせによって成り立つ事が多いようです。

 

この犯罪被害者のほとんどの方が何らかの体感覚異常を訴えている事は事実ですが、これらの被害は脳の(体)感覚、ないしは精神的な作用による所もあるため、人体実験による被害であるかどうかは、医学的にははっきりしない事が多い事は事実です。

 

うつ病と痛みの関係

 

http://www.utsu.ne.jp/itami/relation/index.html
 
 

 

さらに、被害者は精神的に強いダメージを受けることが多いため、これらの人体実験被害と統合失調症などの精神疾患とを区別することには、困難をともなう事は事実です。

しかし、(世界の)人体実験被害者の報告は、明らかに偶然では説明がつかない共通点が多いという事実。また、「加害者側が被害者を精神病だと周りの人達に思わせるように画策する」という被害者団体側の主張を慎重に考慮した場合、この(世界的な)人体実験の実態がおぼろげながら見えてくる事は事実です。

 

 

<人体実験の統計的分析が伝える事実> 

 

主に日本の被害者の方の情報を集めて分析を試みた結果、最も重要と思われる事実は以下の通りです。

 

1.  なぜ被害を受けたのか、被害者自身には思い当たる所がない場合が多いという事実。

 

2.  20年ほど前からこの被害が報告されているにもかかわらず、今だに加害組織が正体を現さな

   いという事実。

 

3. 被害者を精神病や自殺に追いやる、加害側の人間的な感覚が日本人離れをしていると思われ

  る事実。

 

4.   毎日24時間、数年以上も監視(被害)が続くという報告例が多いという事実。

  

  (  重要人物である対象者を数年以上にわたって毎日24時間監視し、あらゆる情報を集め、

    目的に応じて工作を仕掛ける事はスパイ工作機関の常識です。)

 

5.  日本のどこへ行っても、(新幹線のような)乗り物に乗っていても、加害組織の思考盗聴・音声送信によって、被害者の頭の中で加害側との会話が行われる。という事実。

 

6.   地下の洞窟から飛行機の中に至るまで、思考盗聴・音声送信被害から逃れられたという確かな報告例が存在しないという事実。  

 

7.    外国の被害者、特に、アメリカの人体実験被害者団体が、自国の政府による犯行を主張しているという事実。

 

これらの事実は、加害組織が日本の団体である可能性について懐疑的な見解を与えます。

 

例えば、日本の防衛省の最近の研究技術は、壁透過レーダーによって「壁の向こう側にいる人

の人数・位置・武器などの装備・動きや様子などがリアルタイムで解る」程度のようです。

 

防衛省技術研究本部発表会 

 

http://d.hatena.ne.jp/dragoner/20081113/1226582184

 

 

さらに、国防総省だけでも7兆円以上を研究開発費に使うアメリカを除いても、軍事・スパイ工作関連技術としては、本格的な軍事・産業スパイ機関が存在しない事もあって、平和国家日本のレベルは必ずしも高いとはいえません。

 

(日本の少数の研究者が、電波による遠隔的な自動追尾システムに基づく、ある特定個人への音声送信の実験に成功した。という報告例は存在しますが、電波による遠隔的な自動追尾システムに基づく、ある特定個人への思考盗聴に成功した。という確かな報告例は現時点では存在していません。)

 

これらの事から、電波による脳内通信工作技術にもとづく、最先端スパイ工作システムを構築するための実験的かつ実戦的な実習訓練が、日本人の一般市民を対象に外国のスパイ工作機関によって行われている事が想定されます

 

<(新興)宗教と脳内通信工作システム>

 

人体実験を調べて行くと、「マインドコントロール」という一つの大きなテーマに行き着きます。

 

脳内通信工作システムによって、神のごとく人の内面を知り(思考盗聴)、神の声を聞かせ (音声送信)、神のごとく人の心を操作し(マインドコントロール)、人にある種の思い込みや、信仰を抱かせる事が可能です。

 

また、宗教界を操作する事が可能となり、新興宗教および保守宗教を問わず、海外で宗教界に対する操作や工作を行う事で知られる、国際的な組織や共産国系組織の動向には大いに注意が必要であると思われます。

 

<危機管理および社会的な排除システム>

 

人体実験被害者の証言によれば、「対象者の社会的な排除」が実験の大きなテーマの一つであることは疑いを容れません。

 

高度な音声送信およびボイスチェンジャー(音声変換)技術にもとづく、近所の人や他人のふりをした声優部隊の音声送信工作によって、あたかも対象者の秘事(プライバシー)が広まり、周りの人達から嫌われているかのごとき錯覚を与える事が可能です。

 

事実、被害者の方の中には声優部隊の音声送信工作による、偽装集団ストーカー被害を錯覚的に経験なさった方が大勢いらっしゃいます。

 

社会的排除の手法について

 

http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_GaslightingTheBook.htm

 

また、非殺傷兵器の技術を用いた電波によって、対象者の脳機能に異常を引き起こす事が可能です。

 

http://wiredvision.jp/news/200708/2007082921.html

 

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも

 

http://wiredvision.jp/news/200907/2009070622.html

 

マイクロ波等の照射が記憶に影響  

 

http://wiredvision.jp/news/200811/2008110123.html 

 

これらの技術によって、対象者の社会的または所属団体内部での信用を損なわせ、場合によっては病気を理由にリタイアさせる事が可能となり、長期間におよぶ嫌がらせ(ハラスメント)によって、潜在的な自殺教唆を含む事実上の社会的排除が可能となります。

 

人体実験被害者の方の多くが精神を患い、自殺に追い込まれた方もいらっしゃる事は事実です。

 

「追記」

 

個人への衛星を利用した盗聴、盗撮、電磁波や超音波などによる攻撃を禁止する法律の法案が2001年にアメリカで提起された事がありました。その法案が通る事はありませんでしたが、逆にいえばアメリカはこれからもそのような事を続ける意思があると受け止めざるを得ません。無論、そのほかの先進国や大国も同様に、そのようなシステムを構築する可能性がある事は否めません。

 

(英文)

 

http://thomas.loc.gov/cgi-bin/query/z?c107:H.R.2977:

 

 

参考リンク集

 

 

<五感情報通信技術について : 補足リンク>

 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf#search

='http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf'

 

 

< 脳波から単語を翻訳する研究について : 補足リンク集 >

 

 

語の脳波認知の研究について

 

(英文) http://www.pnas.org/content/94/26/14965.full

 

文の脳波認知の研究について

 

(英文) http://www.pnas.org/content/95/26/15861.full

 

簡単な視像とそれらの名前の脳波表現の不変性の研究について

 

(英文) http://www.pnas.org/content/96/25/14658.full

 

言語の脳波表示の対象の間の不変性の研究について

 

(英文) http://www.pnas.org/content/96/22/12953.full

 

脳波分析や脳活動の使用を含む通信システムと方法

 

(英文) http://www.freepatentsonline.com/6011991.html

 

 

<思考盗聴 関連技術 : 補足リンク集>

 

 

脳の活動パターンから「空間記憶の読み取り」に成功

 

http://wiredvision.jp/news/200905/2009052723.html

 

神経細胞から計算回路を作成:イスラエルの研究チーム

 

http://wiredvision.jp/news/200810/2008102423.html

 

Darpa: Heat + Energy = Brains. Now Make Us Some

 

 (英文)

 

http://www.wired.com/dangerroom/2009/05/darpa-heat-energy-brains-now-make-us-some/#previouspost

 

NIRS脳計測装置

 

http://wkp.fresheye.com/wikipedia/NIRS%E8%84%B3%E8%A8%88%E6%B8%AC%E8%A3%85%E7%BD%AE

 

音の神経モザイク

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2006/06/060623215911.htm

 

長距離脳波フォーカス注意

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/05/090528142829.htm

 

マインドを読む'実験のハイライト

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/03/090312114754.htm 

 

 我々はマイクロチップに人の脳を造る事ができますか?

 

(英文)

 

http://tech.slashdot.org/story/09/08/06/1631211/Can-We-Build-a-Human

 

Brain-computer interface using fMRI: spatial navigation by thoughts.

 

(英文)

 

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15232289 

 

 

< 電波電磁波)シールドについて >

 

 

将来、あらゆる電磁波を透過させ自分の姿を透明にできるマントが実現。

「光学迷彩」実現も近い? 赤外線を屈折させるメタマテリアル

 

http://wired.jp/2007/06/21/%E3%80%8C%E5%85%89%E5%AD%A6%E8%BF%B7%E5%BD%A9%E3%80%8D%E5%AE%9F%E7%8F%BE%E3%82%82%E8%BF%91%E3%81%84%EF%BC%9F-%E8%B5%A4%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%82%92%E5%B1%88%E6%8A%98%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%83%A1/

 

一方向からしか見えない「透明シールド」

 

http://wired.jp/2007/06/27/%E4%B8%80%E6%96%B9%E5%90%91%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%8B%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8C%E9%80%8F%E6%98%8E%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%8D/

 

「完璧な鏡」で太陽光発電がより効率的に

 

http://wired.jp/2013/08/16/perfect-mirror-reflection-electricity/

 

 

音声送信の技術について : 補足リンク集

 

 

1~5 ページ

 

1. http://kokoronokoesikoutoucyou.web.fc2.com/maikurohasigeki1.pdf

 

2. http://kokoronokoesikoutoucyou.web.fc2.com/maikurohasigeki2.pdf

 

3. http://kokoronokoesikoutoucyou.web.fc2.com/maikurohasigeki3.pdf

 

4. http://kokoronokoesikoutoucyou.web.fc2.com/maikurohasigeki4.pdf

 

5. http://kokoronokoesikoutoucyou.web.fc2.com/maikurohasigeki5.pdf

 

録音、マイクロ波ヒアリン効果

 

(英文)   

 

http://cogprints.org/6147/1/RecordingMicrowaveHearingEffects.htm

 

米陸軍、テレパシー光線銃を「おもちゃ」に。

 

(英文)    

 

http://www.newscientist.com/article/dn13513-us-army-toyed-with-telepathic-ray-gun.html

 

頭の声

 

(英文)

 

http://www.wanttoknow.info/voicesinheadelectronicharassment

 

 

<個有生体情報を捕捉するためのセンサーおよびレーダー電波の技術 : 補足リンク集>

 

 

2003/10/23 NTT、映像とセンサー情報を瞬時に同時送信 

(ブロードバンド通信で脳波などのセンサー情報を送信)

 

http://www.kurejbc.com/news/news2003/news03-10.htm

 

「ナノメートルサイズの分子機械」の電力源としての体内発電の技術について。

 

http://www.jst.go.jp/pr/info/info22/index.html

 

ワイヤレス・システムの将来像について

 

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/denpa_seisaku/pdf/081024_2_si7.pdf

 

ワイヤレス給電技術

 

http://eetimes.jp/ee/articles/1303/08/news016.html

 

世界最小「原子1個分の薄さ」のトランジスターを開発

 

http://wiredvision.jp/news/200804/2008041823.html

 

 

消費電力10分の1のプロセッサー:「体温で動く機器」も可能に?

 

http://wiredvision.jp/news/200802/2008020622.html

 

ナノワイヤーを利用した「発電できる繊維」

 

http://wiredvision.jp/news/200802/2008021521.html

 

超小型(無線)センサー『スマートダスト』

 

http://wired.jp/2001/05/30/%E5%85%89%E3%81%A8%E6%B8%A9%E5%BA%A6%E3%82%92%E6%84%9F%E7%9F%A5%E3%81%99%E3%82%8B%E8%B6%85%E5%B0%8F%E5%9E%8B%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%80%8E%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%80/

 

化学検出センサーの新しい技術

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2006/05/060523072848.htm

 

ナノスケールのマイクロ波発信機

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2006/09/060901162258.htm

 

テラヘルツ波デバイス、リモートセンシング、イメージングそして、衛星通信

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2004/02/040223073312.htm

 

非常に正確にテラヘルツ放射を測定

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2007/01/070117134242.htm 

 

航空宇宙パワー。21世紀のための新世界の眺望。

 

(英文)

 

http://www.au.af.mil/au/awc/awcgate/vistas/vistas.htm

 

45ナノメートルのチップ超の高速無線LAN

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/07/090729140243.htm

 

マイクロ波送電技術の開発

 

http://www.mhi.co.jp/technology/review/pdf/406/406340.pdf

 

LIDAR

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/LIDAR

 

衛星からの赤外線レーザー送電技術について

 

http://aerospacebiz.jaxa.jp/patent/pdfview.php?did=2644&pid=1314

 

 ねじ曲げ可能、柔軟な微小アンテナ

 

http://wiredvision.jp/news/200912/2009120223.html

 

厚さわずか0.25ミリの軽くて曲げられるスピーカー

 

http://wiredvision.jp/news/200904/2009040223.html

 

筋力発電」の最先端

 

http://wiredvision.jp/news/201003/2010030222.html

 

ナノワイヤーで自家発電

 

http://wiredvision.jp/news/200903/2009032723.html

 

微弱な電磁波(電波)を捕捉する為の、液体窒素で冷却された高温超伝導体アンテナについて。

超伝導体を用いた新デバイス

 

http://pdf.landfaller.net/39/39-1.pdf

 

 

<人工知能および量子コピューターによる監視・管理 : 補足リンク集>

 

 

量子コンピューターにまた一歩、集積容易な「量子チップ」

 

http://wired.jp/2006/01/13/%E9%87%8F%E5%AD%90%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%9F%E4%B8%80%E6%AD%A9%E3%80%81%E9%9B%86%E7%A9%8D%E5%AE%B9%E6%98%93%E3%81%AA%E3%80%8C%E9%87%8F/

 

世界最小「原子1個分の薄さ」のトランジスターを開発

 

http://wiredvision.jp/news/200804/2008041823.html

 

現実世界に対処できるコンピューターを目指す、DARPA

 

『リアルワールド・リーズニング』

 

 http://wired.jp/2003/07/31/%E7%8F%BE%E5%AE%9F%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%E5%AF%BE%E5%87%A6%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%92%E7%9B%AE%E6%8C%87%E3%81%99%E3%80%81da/

 

人間的な認知能力でユーザーをサポートする人工知能プロジェクト

 

http://wired.jp/2003/08/29/%E4%BA%BA%E9%96%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E8%AA%8D%E7%9F%A5%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%81%A7%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%92%E3%82%B5%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%99%E3%82%8B%E4%BA%BA%E5%B7%A5/

 

進化する「脳コンピューター直結インターフェース」

 

http://wired.jp/2005/01/18/%E9%80%B2%E5%8C%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%80%8C%E8%84%B3%E2%88%92%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E7%9B%B4%E7%B5%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7/

 

人の感情や能力を常時監視するシステム

 

http://wired.jp/2004/02/02/%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%84%9F%E6%83%85%E3%82%84%E8%83%BD%E5%8A%9B%E3%82%92%E5%B8%B8%E6%99%82%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0/

 

チップの上で脳?

 

(英文)

 

http://www.sciencedaily.com/releases/2009/03/090318090142.htm

 

国防総省の準備戦士テレパシープッシュ

 

(英文)

 

http://www.wired.com/dangerroom/2009/05/pentagon-preps-soldier-telepathy-push

 

脳波利用の「スター・ウォーズ双眼鏡」

 

http://wired.jp/2007/05/29/%E8%84%B3%E6%B3%A2%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%AE%E3%80%8C%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8F%8C%E7%9C%BC%E9%8F%A1%E3%80%8D/

 

バトルチップ:米軍が開発する次世代マイクロマシン

 

http://wiredvision.jp/news/200903/2009031023.html

 

2000時間の録音データーから3秒で検索する音声検索技術

 

http://wired.jp/2008/10/07/%E6%97%A5%E7%AB%8B%E3%80%812000%E6%99%82%E9%96%93%E3%81%AE%E9%8C%B2%E9%9F%B3%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%8B%E3%82%893%E7%A7%92%E3%81%A7%E6%A4%9C%E7%B4%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E9%9F%B3%E5%A3%B0/

 

米政府、「テロリスト監視」向けにRFIDタグ・システムを推進

 

http://wired.jp/2004/04/27/%E7%B1%B3%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%80%81%E3%80%8C%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E7%9B%A3%E8%A6%96%E3%80%8D%E5%90%91%E3%81%91%E3%81%ABrfid%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%82%B9/

 

「人間と機械の共生」 米軍の壮大な構想

 

http://wiredvision.jp/news/200906/2009060122.html  

 

政府が国民を監視する?

 

http://wired.jp/1998/12/01/%e6%94%bf%e5%ba%9c%e3%81%8c%e5%9b%bd%e6%b0%91%e3%82%92%e7%9b%a3%e8%a6%96%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%9f/ 

 

マインドコントロール米国特許。

 

(英文)

 

http://www.rexresearch.com/sublimin/sublimin.htm

 

レーザー光により空中を伝播する音波を直接検出する「光波マイクロホン」

 

http://www.kitec.or.jp/pdf/h13seeds/h13s070.pdf

 

マイクロ波で車の電気系統をストップ

 

(英文)

 

http://www.slashgear.com/microwave-beam-used-to-stop-cars-dead-048821/

 

米国防総省のPCはあなたの脳を服従させる

 

(英文)

 

http://www.wired.com/dangerroom/2007/03/the_us_military/#previouspost

 

特定の携帯電話、またはその他の電子デバイスに焦点を合わせ、

ある特定の"信号エミッタ"ラジオ周波数地理位置情報を使用して追跡する、

DARPAガンダルフ計画

 

(英文)

 

http://www.theregister.co.uk/2008/10/08/darpa_project_gandalf/

 

 量子レーダー研究:「もつれ合い光子対」を使った画像作成に成功

 

http://wiredvision.jp/news/200807/2008070721.html

 

「生体における量子効果」を米軍が研究

 

http://wiredvision.jp/news/201003/2010031623.html

 

ホログラムの兵士!?米軍はX−ファイルの技術を開発

 

http://www.gizmodo.jp/2008/11/_xwow_1.html

 

量子情報通信

 

http://www.kurejbc.com/quantum/qic001.htm

 

量子テレポーテーション

 

http://www.nikkei-science.net/modules/flash/index.php?id=200006_026

 

「電線に止まって充電」も可能、昆虫サイズの超小型飛行ロボ

 

http://wiredvision.jp/news/200812/2008121619.html

 

昆虫をサイボーグ化

 

http://wiredvision.jp/news/201002/2010021822.html

 

変形して隙間をくぐりぬけるスライム型ロボット

 

http://wiredvision.jp/news/200910/2009101920.html

 

地球を地下5kmまでリアルタイム透視:米軍の計画

 

http://wiredvision.jp/news/201002/2010021223.html

 

無着陸で30――米軍無人偵察機の滞空目標

 

http://wiredvision.jp/news/200910/2009102921.html

 

捜査当局の通信傍受を助けるベリサイン社の電気通信事業者向け新サービス

 

http://wired.jp/2002/06/04/%E6%8D%9C%E6%9F%BB%E5%BD%93%E5%B1%80%E3%81%AE%E9%80%9A%E4%BF%A1%E5%82%8D%E5%8F%97%E3%82%92%E5%8A%A9%E3%81%91%E3%82%8B%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3%E7%A4%BE%E3%81%AE%E9%9B%BB%E6%B0%97/

 

空想のスパイ技術に現実が追いついた

 

http://archive.wiredvision.co.jp/blog/takamori/200810/200810061530.html

 

 米軍、超大型「究極のスパイ衛星」を開発

 

http://wired.jp/2013/12/17/giant-folding-satellite/

 

 

透明マントの開発、格段に進化:戦闘機も隠せる可能性も

 

http://wired.jp/2014/04/15/invisibility-cloak/

 

(参考までに) UFOは本当に存在するか?−世界の裏

 

http://sekainoura.net/ufo-sonzai.html

 

 

<世界の被害者のサイト : 補足リンク集>

 

 

(英文)

 

http://ce399.typepad.com/weblog/electronic-harassment/ 

 

監視の問題

 

(英文)

 

http://www.surveillanceissues.com/

 

米政府拷問& 米国の人体実験に立ち向かうヒーロー

 

ホームページ:  http://www.us-government-torture.com/SECRETANGEL.TV.html

 

フランス-情報ドシェ

 

ホームページ:  http://www.lacoctelera.com/presentation-de-la-situation

                             

                               http://informationdossier.wordpress.com/

 

イタリア- VITTIME協会ARMI ELETTRONICHE - MENTALI

 

パオロ氏DORIGO

 

ホームページ:    http://www.associazionevittimearmielettroniche-mentali.org/

 

ロシア-社会人の生体エネルギーテロST.PETERSBOURGH遠隔制御の対象

 

ホームページ:    http://psyterror.narod.ru/

 

 

<日本の人体実験被害者の方の記録 : 補足リンク集> 

 

 

テクノロジー犯罪 集団ストーカー犯罪 全国被害者      

http://tekunoroji-hanzaihigai.jimdo.com/全国被害者/

見えない敵との戦い(被害日記)                     

http://nozokizono.blog96.fc2.com/ 

mmsさんのマイページ                

http://www.freeml.com/bl/8531507/

平塚、東京、ロンドン、横浜             

http://ameblo.jp/groups55/

バッカス&ミューズ                          

http://johannes0507.cocolog-nifty.com/blog/

サイバーテロとの応戦                         

http://neverearth.blog8.fc2.com/

target hiwataのブログ                                

http://ameblo.jp/target-hiwata/

ラメ@いろいろ日記                 

http://ameblo.jp/ramehappy/

ハイテク犯罪を告発する               

http://www.blogmura.com/profile/00543481_2.html

加害者への公開質問状                             

http://mongar.biroudo.jp/

心の声の悩み                                 

http://yaplog.jp/sibahara/

あなたの目の前で犯罪は起きている(電磁波犯罪)      

http://ameblo.jp/denjiha-hanzai/

 

 

参考ブログ

 

 http://www.geocities.jp/gdnds167/supai.html

 

 

  Rink free  write by    菅   政彦