心得その1
<<敵の正面に立たない>>


まず第一の鉄則として、距離が離れていても敵の正面には立たないこと。
ザコ敵であれば多少は正面に立っても問題ないが、相手がボス敵の場合は絶対に正面に立たないこと。
ボス敵は遠近両方の攻撃方法を持っているので、たとえ距離が離れていても正面に立つのは危険です。


離れていても油断は禁物!!




心得その2
<<ボスはラインをずらして待つ>>


特にボス戦における注意事項で、心得1に重ねて言えるようなことですが、相手が自分と違う
ラインにいても、決して自分から近づいて(相手のいるラインに移動して)攻撃をしようとせずに、
相手が自分のいるラインに移動してくるのを待ち、自分のいるラインに相手が来た瞬間を狙って
攻撃を行う
ようにしましょう(攻撃をしたらすぐ上下に動いて、また相手とのラインをずらします)。


ボスのいるラインに自分から移動しない




心得その3
<<中ラインを使え>>


「天地を喰らう」は、ゲームのフィールドが「上・中・下」の3ラインで構成されていますが、
特にボス戦などの乱戦になると、レバーを握る手にもついつい力が入って、
中ラインを飛ばして上と下ラインの往復になりがちです(初心者の方は特にだと思います)。
乱戦の時は特に意識して中ラインを有効に使い、攻撃、回避に役立てましょう。


中ラインを制する者は天地を制する




心得その4
<<縦移動攻撃>>


真空剣による攻撃をするときに、普通に「タメ→ボタンを離す」で真空剣を出すよりも、
上下に移動した瞬間に攻撃ボタンを離すことにより、一撃で2ラインに攻撃をすることができます。
これは、特に弓兵や砲台など縦にならんで登場する敵に対して有効な攻撃なので、ぜひマスターしましょう。
コツとしては、上下へのレバー入力とボタンを離すタイミングは同時ではなく、
「レバー入力→ボタンを離す」ようにボタンを離すタイミングをほんの少し遅らせるとよいでしょう。


一撃で2ライン同時攻撃。攻略重要技能




心得その5
<<弓兵に注意>>


弓兵はゲーム中の至る所で出現しますが、ボス戦のときなどは
特に厄介な敵なので、弓兵は早めに倒すように心がけましょう。
ちなみに、上ラインの弓兵の後ろ(画面上端)は矢に当たりません
(ただし、絶対に当たらないと言う訳ではないので、過信は禁物です)。
弓兵を倒すときには、縦移動攻撃が有効です。


画面上端は矢が当たりにくい




心得その6
<<降ってくる敵に注意>>


画面の上から降って登場する敵は、攻撃をしながら降ってきているので、
その真下にいるとダメージを受けてしまいます。画面上から降って登場する敵の大半は、
上と下のラインから登場するので、プレイヤーはなるべく中央のラインにいるように心がけましょう。


頭上注意!




心得その7
<<あまり時間をかけ過ぎない>>


ボス戦などのスクロールが停止するシーンで、あまり長時間戦っていると諸葛亮の警告が出ます。
一回目の警告は時間切れが近いことを言って、早く敵を倒すよう促すものですが、
二度目の警告が出ると「兵糧が切れた」となって体力が徐々に減ってしまいます。


戦闘が長引かないよう注意!!




心得その8
<<攻略ページの見方>>




マップ上の赤い三角はスクロールが停止する位置です。
黄色のワクは注意ポイントで、ワク内をクリックすると詳細画面に飛びます。
マップ下の青い矢印はその区間で使用される計略です。



天地を喰らうTOP
HOME