シャーロックホームズの苦笑い。

〜ホームズのパロディー・パスティシュ〜

 シャーロック・ホームズの物語(つまり、正典)は長編、短篇あわせて60編で、それを全部読んでしまったファンはどうすればいいでしょう。
 正典を何度も読み返し、その中の文句を引用できたり、内容について重箱の隅突き的研究にいそしむという楽しみ方も確かにありますがもっともっとかの大探偵の活躍を読みたいと思うでしょう。
 そこで、熱心な彼のファンは本屋の棚にホームズの文字があれば何にでもすぐに飛び付いてしまうはめになるのです。
 実際、ホームズほどパロディーの対象となり、色々と書かれている探偵もいないでしょう。それほど人気があると言えるんでしょうが、本人は墓の下で苦笑いするしかないでしょうね。
 かく言う私めもシャーロック・ホームズ症候群の病状は進んでおりまして、彼のパロディー・パスティシュを収集するのみならず、拙いまでも自分で書く試みをやっとります。今まで私が読んだパス、パロのなかで気に入っているものをご紹介したいと思います。
 わざわざここに書かなくても、ご存じのものもあると思いますが、あくまで私めの独断と偏見によるものですので、あしからず。

まずは古典から。

 パス、パロ小説の中にも、もうすでに古典といわれるものがあるのが、ホームズもののすごいとこでして、その中でも有名なのが、
「シャーロック・ホームズの功績」(ハヤカワポケットミステリ)
 
ドイルの子息である、A.C.ドイルとあのディクスン・カーの合作です。
 たいへんまともな贋作で、正典に忠実な作風になっているので、もっとホームズをというファンにはたいへん有り難い短篇集です。

 「ルパン対ホームズ。」モーリス・ルブラン。
 
私はあまり好きではありませんが、アルセーヌ・ルパンの生みの親が書いたもので、やっぱりホームズはルパンに出し抜かれてばっか。ホームズはそんな間抜けやおまへん、と言ってやりたい。

 ホームズを茶化したパロディーとしては、
 
「シュロック・ホームズシリーズ」R.L.フイッシュ。(ハヤカワミステリ文庫)
 
があります。パロディーとは、気に入ったキャラクターをいじめる楽しみに満ちておりますな。

 エラリー・クィーンが編集、創作した。
 
「シャーロック・ホームズの災難」(ハヤカワミステリ文庫)
 「恐怖の研究。」(ハヤカワミステリ文庫)
 
これらもファンの間では有名です。とくに「恐怖の―。」はホームズの未解決の事件をエラリー・クィーンが推理、解決するという、こたえられない設定です。

オーソドックスなものはやっぱりいい

 「シャーロックホームズ氏の素敵な冒険」
 「ウエストエンドの恐怖」ニコラス・メイヤー(立風書房)
 
映画化もされたので、ご存じの方も多いでしょう。ホームズとワトスンがフロイト博士やバーナード・ショウ、オスカー・ワイルド等有名人と絡んでくる、本格的なパスティーシュです。

 「シャーロックホームズの優雅な生活」M&M.ハードウィック(創元推理文庫)
 
これは映画の小説化。最近、ネス湖の怪獣がでっちあげだったというニュースがありましたが、それをきいて思い出したのがこの話ネタばらしはいけませんが、そのまんまではありませんか。

 短篇集では
 
「シャーロックホームズの新冒険」グリーンバーグ&ウォー(ハヤカワミステリ文庫)
 「ホームズの秘密ファイル」
 「ホームズのクロニクル」ジューン・トムスン(創元推理文庫)
 
がいいですね。トムスンの四つの短篇集はいずれもいわゆる「語られざる事件」を元に書かれていて、シャーロッキアンを喜ばせてくれます。

  マニアックなかたに

 「シャーロックホームズの恋」S.J.ナスランド(ミステリアスプレス ハヤカワ文庫)
 
何がマニアックかというと、ねたばらしになるのですが、バイエルンの狂王ルートヴィヒ二世をからめたメロドラマです。
 大島弓子あたりがまんがにするといいかなー。(ちょっと古いかな。)

 「わが愛しのワトスン」マーガレット・ブリッジス(文芸春秋)
 
信じられなーい。これまで、ワトスンが実は女でホームズの奥さんではなかったか、なんてことを書いた人はいたけど、ホームズが女だったなんて考えるだに恐ろしい。女装したということでさえ信じられないのにね。

 「わが愛しのホームズ」ロヘイズ・ピアシー(白泉社)
 
ホームズとワトスンは同居しているだけにホモ関係ではないかと疑う向きもありましたが、こう、まともに書かれると、呆れ返るほかはない。しかし、中年男同士のラブシーンはわが神経には耐えられませぬ。

ミステリ以外もお好きなかたに

  ◎ロマンス小説

 「ワトスン夫人とホームズの華麗な冒険」ジャン・デュトゥール(講談社)
 
ワトスン医師がメアリ夫人と結ばれるきっかけになった「四つの署名。」をメロドラマふうにメアリ側から書いたものです。ちょっとワトスンが美化されているきらいはあるものの、なかなか読ませます。

 「世紀末ロンドン・ラプソディー」水城嶺子(角川書店)
 
日本の女子大学生がタイムマシンで前世紀末のロンドンへ行き、なーんとなんとホームズと恋に落ちてしまうという、羨ましい話です。ホームズの過去のことなんかも出てきて、ちょっと乙女ちっく(これまた古いなー。)になれます。

  ◎S.F

 「シャーロックホームズの宇宙戦争」M.W&W.ウェルマン(創元推理文庫)
ご存じウェルズの小説とのダブル・パロディー。やってくれるよ発想の勝利。

 「バスカヴィル家の宇宙犬」アンダースン&ディクスン 図・1
 
「地球人のお荷物」(ハヤカワ文庫)収録。何でも真似したがるぬいぐるみのくまそっくりの宇宙人、ホーカたちが繰り広げる珍事件。笑えます。 

 ◎怪奇小説

 「シャーロックホームズ対ドラキュラ」ローレン・エルスマン。(河出文庫)
 
あのドラキュラに狙われたのは、ワトスン夫人。窮地に立ったワトスンはホームズの助けを借りて吸血鬼の跡を追う。
 私め、実は怪奇小説も好きでして、やられたって感じ。私が書きたかった、こういうの。くやしー。

 ◎メルヘン

 「聖夜に死す」ジェイムズ・パウエル。
 「クリスマスに捧げるミステリー。」(光文社文庫)収録。
 
ホフマンの「くるみ割り人形」を思わせる、お人形さんの世界のホームズの活躍。クリスマスの飾り付けのされたデパートのショーウインドウの中で事件は起こります。

その他、もろもろ

 「薔薇の名前」ウンベルト・エーコ。(東京創元社)
 
シャーロキアンの間ではこれは純然たるホームズパロディーです なんせ主人公の名前がバスカヴィルのウィリアムで、ホームズを思わせる鋭い推理力を持ち、ちゃんとワトスン役のアドソンという少年もついていれば、そう考えるしかない。

 「しゃべくり探偵」黒崎緑。(東京創元社)
 
ボケ・ホームズとツッコミ・ワトソンの冒険と副題があっても、実際にホームズが出るわけではない。大学生二人が大阪弁で漫才顔負けのやりとりをして事件をといていくという、とんでもないミステリーです。

 「ベイカー街のベイジル」 図・2
 
ディズニーのアニメです。探偵の屋根裏に棲んでいた鼠の名探偵原作者の名前失念。図書館の児童書の棚でお目にかかれます。

 「アニメ ホームズの冒険」 図・3
 
ご存じ、宮崎駿のT.Vアニメ。犬のホームズやワトスンが可愛かった。これでホームズファンになった若い人も多いです。

 「コミカル・ミステリー・ツァー」いしいひさいち。(創元推理文庫) 図・4
 
ギャグ漫画です。ホームズがあんまり情けなくって笑えます。
 しかし、このかた、本当にホームズが好きなのね。

 「名探偵 コナン」青山剛昌(小学館) 図・5
 
もう、主役の名前からしてドイル氏のもじりなんだよね。小学生の姿になってしまった名探偵コナン君。ハンデをものともせずにハードな事件にぶちあたります。
 その中にホームズの名が一度でも出れば、また、でなくとも、それらしい設定であればホームズのパロディーか少なくとも関連書とするのが、ホームズ病の患者達の考えです。と、いうわけで、

 「名探偵御手洗潔シリーズ」島田荘司(講談社文庫)
 
は、りっぱなホームズパロディーなのです。名探偵とそのワトスン役という設定がちゃんとあって本格推理なら、申し分ございません おまけに探偵が、自信過剰型のあくの強い人物であることも、ぴったしですよね。
 しかし、一度でもホームズの名が出れば、ホームズパロディーだという定義に従えば、
「幽☆遊☆白書」冨樫義博(集英社) 図・6
 
もそうなる。この場合、ワトスンですが。一応、主人公は霊界探偵という肩書きをもっているけど、推理するのはワトスン役のはずの藏馬です。
 こういう、一見関係ないところにホームズ関連の名を見付けるのもホームズ病患者の愉しみなのです。
 こうなると、それこそ星の数ほどのホームズ・パロディーが、この世に存在することになる。それらに出会うたびにまた、病状が重くなってしまいます。
 悪いことに、シャーロック・ホームズ症候群は伝染します。もしここに書いたパロディーものを読んでいる、または読もうかな、と思っていらっしゃるならば、もうしっかりかかっています。不治の病ですので、あきらめましょうね。
 病原菌扱いされて、また、ホームズ氏は苦笑しているでしょうねごめん!。

〜〜初出1995年8月30日発行 「ミステリ天国」第16号〜〜

図版

図4

図5

図2

図3

図1

図6