作業場へもどる

セルボのマフラー交換

CT21Sターボ スズキセルボのマフラー交換です。

ワゴンRもまあ、似たようなもんです。

マフラ マフラがボロボロで穴が開いて来たので交換します。
ガスケットも注文しましょう。場合によってはナットも欲しいです。

CRC 先ずやることは、錆び付いたナットに防錆潤滑剤をたっぷり吹いておきます。
クレのCRCがめちゃ有名です。未だに通称が「CRC」で通用します。
写真のスプレーは、ACデルコのスーパーペネトラントです。ま、何でもいいです。
場合によっては、このまま長時間置いておきます。

六角のボックスレンチ マフラーのボルトやナットは大抵、錆び付いていますので、必ず”六角のボックスレンチ”を使います。
写真はKTCネプロスのソケットと、後ろに写っているのはスナップオンのブレーカーバー

緩める ナットを緩めます。
一度緩めば、後はもっと楽な工具を使います。

ゴムを外す マフラーを吊り下げている吊りゴムを外します。

マフラーを外す マフラーを外します。

吊りゴム付け替え 吊りゴムは、マフラーにボルトで止まっていますので、この時点で付け替えます。
マフラー交換に限らず、古い部品と新しい部品を良く見比べることが大切です。

古いガスケット 古いガスケットは、前のパイプに残っていますので、取り外して、接触面はワイヤーブラシでならしておきました。

取り付け 新しいガスケットを取り付けて、新しいマフラを吊り下げて、
ナットを締めれば完成です。

wagonR 音が静かになりました。

セルボのマフラには、もともと純正でマフラーカッターが付いていますが、これは錆び付いて取れません。
マフラーだけ注文すると、マフラーカッターは付いてきませんので、どうしても欲しい人は、別に注文しなければいけません。
古い車なんで、マフラーカッターはがまんすることにしました。

作業場へもどる