作業場へもどる

ホイルシリンダーカップキットの交換

センタキャップ ワゴンRのリアホイルシリンダーカップキットの交換です。
先ず、センタキャップを外します。
ドラムとキャップの間を叩いて、隙間を作ります。

ハブボルト ハブボルトを緩めます。 ブレーキの整備をするときは
・作業の途中でブレーキを踏まない。
・作業の途中でエンジンキーをONにしない。
・なるべく、ブレーキオイルを切らさない。
順番を良く考えて、要領よく作業します。

スライディングハンマ ドラムが手で外れなければ、
スライディングハンマなどで外さなければいけません。
この車、後輪のブリーダプラグが左にしか付いていません。
右から作業したほうが、エア抜きの時に楽です。

シュースプリング ブレーキシューを押さえているスプリングを外します。
プライヤでピンをつまんで、クリッと回せば外れます。
今日はちょっと裏技使うんで、他のスプリングは外しませんよ。

ブレーキシュー 左右のスプリングを外したら、
今度はブレーキシューを外します。
写真の部分をプライヤーでつかんで、矢印の方に力を掛けると下側が外れます。

ライニング 下側を外して、そのまま下方向に引っぱると、
このように他のスプリングが付いたまま外れます。
部品を注文する時には、「ライニング」と言いますが、
正確に言うと「ブレーキシュー」ですね。
「ブレーキシュー」にくっついているのが「ライニング」です。

ぶら下げておく この状態のまま、邪魔にならないように、針金かなんかでぶら下げて置きます。

ピストン オイル受けを下に置いて、ピストンを抜きます。
スプリングが落ちてきますんで、無くさないように。

シリンダ ウエスでシリンダを綺麗に拭いて置きます。

シリンダ点検 シリンダの内側を点検しておきます。
うん、綺麗ですね。(゜゜ (・・ )
このシリンダはアルミなので錆びにくいですが、
ピストンの方が錆びるんですよね。
そして、錆が、シリンダにくっついて取れない。
磨いてだめなら、シリンダも交換しなきゃいけません。

外した部品 外した部品を並べてみました。

カップ 細いマイナスドライバで古いカップを外します。
ピストン側面には傷を付けてはいけません。
ウエスで綺麗に拭いておきます。

カップグリス グリスは慎重に選ばなければっ!(`ω´)
カップ専用グリスを使います。これは、僕が今使っているシリコングリス。

カップを付ける 新しいカップの接触面にグリスを塗って、カップを組みます。
方向は、ほら、内側に開いているんですよ。分かるでしょ。
カップに傷を付けると漏れるので、手でぎゅう〜っと。
スズキの純正部品はかたいんですよね。

ブーツ 次にブーツを付けるんですが、こんな状態で袋に入ってますよ。
これをですね・・・

ひっくり返す こうやって、ひっくり返すんですよ。
そうすると、シリンダに突っ込んだ時にうまく被せられるんです。

ブーツを組む グリスを添付してブーツをここに付けておきます。

シリンダに入れる ピストンにグリスを添付して、シリンダに組みます。
上から組まないと、オイルが溢れて来てタイヘンです。

ブーツを被せる 先ほど裏返したブーツですが、この時のために裏返したんですねえ。
こうやってパクッと組むわけです。

もう片方 同じように、反対側を組み立てます。
スプリングを入れて、ピストンを入れてっと・・。

バックプレート バックプレートとブレーキシューの接触面にグリスを塗ります(6ヶ所)。
たくさん塗る必要はありません。
最近の研究で、はみ出したグリスは役に立っていないことが分かってまいりました。(b´д`)b
僕はモリブデンの入ったグリスを使っています。

シューの端っこ ここにもグリスを塗っておきます(4ヶ所)。

シューの組み立て 外した時と逆の順番でブレーキシューを組み立てます。
ピストンを押さえながらやらないと、片方をあまり押すともう片方が飛び出てくるよ。(゜∇゜;)アヒャ

プライヤで ここをプライヤで持って、押す。

マイナスドライバで シュースプリングの溝にマイナスドライバをあてて押して回すと、うまくいきます。

ロックナット ドラムをはめて、新しいロックナットで締め付けます。
タガネで叩いてロック完了。
この車はドラムをはめる時に、ブレーキ調整をするのですが、これは、またの機会に・・。
ブレーキ調整の記事を作りました。

センタキャップ取り付け センタキャップを取り付けます。
真ん中を叩くと凹みますので、ふちを叩きます。。

もちろんエア抜き作業は必要です。
オイルが抜けるのがかなり早いですが、なるべくオイルは切らしたくないものです。
エア抜き作業に手間がかかりますし、ABS付きは注意する必要があります。。

作業場へもどる