初心者のためのギャラクシーエンジェル入門 2005/08/03更新

 GAって良く聞くけどなんぞや?
 ギャラクシーエンジェルに興味があるけど種類が多すぎてわけがわからん!
 GA?アニメ以外にもあんの?

と思っている「名前は知っているけど実態がよくわからない」と言う方のためにできるだけわかりやすく説明したいサイト。


そもそもGAとは 
 ギャラクシーエンジェルとは、ブロッコリーが展開中の一大プロジェクト。
 ミルフィーユ、ランファ、ミント、フォルテ、ヴァニラの5人のエンジェル隊と呼ばれる少女達をメインに展開される、ということが全ての作品の共通項。
 アニメ・ゲーム・コミック・小説・ミュージカルなどなど多数の作品があり、それぞれの作品によって若干設定が異なっているのが曲者。
 大きく分けてギャグ特化のアニメ設定と、ストーリー特化のゲーム設定の二つ。
 基本的にアニメと一部のドラマCD以外の作品は全部ゲーム設定。


まずはともあれメインヒロインであるエンジェル隊の紹介。
主に、アニメサイドとゲームサイドの違いを中心に解説。
そのほかの細かいところは公式サイトなどを参照に。

ミルフィーユ・桜葉
年齢:17歳
イメージカラー:ピンク
紋章機:ラッキースター
アニメ版設定:
 第一期二話でエンジェル隊に入隊。
 料理が得意で、確率論を超越した幸運の持ち主の超ウルトララッキーガール。
 ド天然で一部では実は腹黒とも言われる。
ゲーム版設定:
 ランファと共に士官学校を卒業後、ムーンエンジェル隊に配属。
 特技・趣味は料理。
 類稀なる強運&凶運の持ち主で、極端に良い事も悪い事も呼び寄せる。
 アニメではランファ、ミント、ヴァニラをさん付けで呼ぶが、ゲームでは呼び捨て。
 天然ボケだが、アニメサイドに比べると、普通の等身大の女の子として描かれている。

蘭花・フラボワーズ
年齢:18歳
イメージカラー:赤&黄色
紋章機:カンフーファイター
アニメ版設定:
 TVシリーズスタートの時点ですでにエンジェル隊員。
 格闘技を特技とし、肉弾戦担当。
 また男好きで恋愛エピソードも担当。
 辛いものと占いが大好き。
ゲーム版設定:
 ミルフィーユと共に士官学校を卒業後、ムーンエンジェル隊に配属。
 持ち前の反射神経と運動神経で、接近特化型の紋章機を駆る。
 本人は認めないが、同期のミルフィーユのことをとても大切に思っている。
 ゲームサイド、アニメサイドで大きな性格の違いは無い。

ミント・ブラマンシュ
年齢:16歳
イメージカラー:水色
紋章機:トリックマスター
アニメ版設定:
 獣耳が特徴の名門・ブラマンシュ財閥の娘。
 頭脳明晰で情報収集関連を担当。
 頭脳明晰で策士・腹黒を担当。
 テレパス能力は無い。
ゲーム版設定:
 人の心が読み取れる、テレパス能力を持つ。
 そのため人間不信だが、表面上は人当たりのいい人間を取り繕っている。
 フライヤーと呼ばれるファンネルのような遠隔操作兵器を唯一扱える。
 ゲームサイドではテレパス能力前提の性格設定のため、アニメとは似ているようで大きく異なる。

フォルテ・シュトーレン
年齢:22歳
イメージカラー:赤&紫
紋章機:ハッピートリガー
アニメ版設定:
 銃器マニアでエンジェル隊のリーダー。
 大雑把な性格で男勝り担当。
 また、当初は射撃専門だったはずが、いつの間にか力持ちキャラになっている。
ゲーム版設定:
 さばさばとした姉御肌のエンジェル隊リーダー。
 アニメ版なら全力でツッコミを入れるところも、大人の対応で華麗にスルー。
 性格的にアニメとゲームの違いが一番大きいのは実はこの人かもしれない。

ヴァニラ・H(アッシュ)
年齢:13
イメージカラー:
紋章機:ハーベスター
アニメ版設定:
 謎の宗教を信仰する謎キャラ。
 ノーマッドというアニメオリジナルのマスコットキャラをいつも連れている。
 一応ナノマシンでの治癒能力を持っているが、作品そのものがギャグ体質で、受けたケガは次のコマで完全に治癒しているためにあまり使われることは無い。
 謎の多い無口担当。
ゲーム版設定:
 ナノマシンを駆使する回復役。
 一応宗教惑星出身だが、アニメ版のようにそれが前面に押し出されることは無い。
 献身的に人に奉仕をするがんばり屋。
 ノーマッドがいない代わりにナノマシンをウサギのような形にしたナノマシンペットを連れている。

烏丸ちとせ
年齢:17
イメージカラー:
紋章機:シャープシューター
アニメ版設定:
 第四期から登場。
 そもそもエンジェル隊員では無い。
 被害妄想が酷く、友達がいない。
 ゲームとはまるで違うキャラしあがっているため差異をあげる事自体ナンセンスかもしれない。
ゲーム版設定:
 第二作目・MoonlitLoversから登場。
 エンジェル隊新入隊員。
 大和撫子で、特技は弓道。
 しっかりしているようで天然ボケなところもある。
 ファザコン。


次に、各種作品について簡単に解説。

ギャラクシーエンジェル(TVシリーズ第一期)
 全24話+2話
 初めて世に送り出された「ギャラクシーエンジェル」にして、記念すべきアニメ一作目。
 ゲーム・ギャラクシーエンジェルの販促活動の一環として作られ、キャラを売り出すことに重点を置かれて設定が大きく変更された。
 まだ方向性が定まっていなく、声優も慣れていないのが特徴。
 後に4年以上も続く超人気シリーズとなる。
 ギャラクシーエンジェルと言えばTV第一期と豪語する人も多い。
 ギャグからシリアスと幅広いエピソードがある。

ギャラクシーエンジェルZ(TVシリーズ第二期)
 全18話+1話
 第一期をそのままさらにギャグ作品方向へ爆走させた第二期。
 なんでもあり度が格段に上がっていて、根強いファンが多い。
 完全にゲームサイドのGAとは別物となる。

ギャラクシーエンジェルA(TVシリーズ第三期)
 全51話+3話
 新キャラ・ツインスター隊が加わったTVシリーズ最長のシリーズ。
 アニメGAの方向性が完全に定まり、安定した印象。
 放送期間の長さも相まってか、シリーズ中一番人気だとの呼び声も高い。
 これまでどちらかと言えば突っ込み役だったミントがボケに周り、冷静だったヴァニラまでが不思議系ボケに変化したためにもはや収集不可能なのが特徴。
 また最終話はこれまでとは大きく方向性が異なり、賛否両論。
 余談だが、新キャラであるツインスター隊を目立たせるために、この3期以降悪役3人組は猫の覆面を被らされることとなる。

ギャラクシーエンジェルX(TVシリーズ第四期)
 全26話
 ゲームGAの新エンジェル隊員・烏丸ちとせが加わった最新のTVシリーズ。
 もはや長寿アニメと言える作品だけあって、良くも悪くも綺麗に纏まっている。
 しかし、烏丸ちとせを素直にエンジェル隊員にすることなく、ツインスター隊送りにするあたりTVスタッフは侮れない。


ギャラクシーエンジェル(ゲームシリーズ第一作目)
 元祖ギャラクシーエンジェル。
 アニメのほうが先に世に出たために勘違いされがちだが、正真正銘これがGAの原作。
 アニメとは設定が大きく異なり、ギャグ作品ではない。
 と言うかもはや別物なので、比較すること自体ナンセンスとも言える。
 シミュレーションモードでは、アニメではあくまでただの移動手段だった紋章機の雄姿が楽しめる。
 製作側が想定する「ギャラクシーエンジェル」がここにあるので、未プレイのGAファンは一度プレイするべきであろう。

ギャラクシーエンジェル MoonlitLovers(ゲームシリーズ第二作目)
 新入隊員烏丸ちとせ初登場作品。
 ゲーム第一作目の続編であり、一作目終了時との時間軸的なタイムラグはほぼ無い。
 3Dグラフィックパートの画質が向上しており、紋章機のカッコよさがさらに上がっている。
 プレイ時間は一作目より短め。
 なお、Windows版ゲーム第三作目EternalLoversを買うと、烏丸ちとせシナリオが追加される。
 PS2版は最初からあり。

ギャラクシーエンジェル EternalLovers(ゲームシリーズ第三作目)
 主人公タクト、そしてエンジェル隊が織り成すギャラクシーエンジェルサーガの完結編。
 ゲームシリーズをプレイしてきた人にとっては、もはやプレイするのが義務ともいえる作品。
 また、Windows版では自ら紋章機を操作して遊べるモードが実装されている。

ギャラクシーエンジェルEx(ゲーム)
 次期プロジェクトであるGA2の世界へと繋ぐ作品。
 舞台はEternalLovers終了直後。
 ミニゲーム集仕立てになっている。
 こういうサイトで批評をするべきでは無いと思うが、作品としての出来が酷い・・・・。
 なお、同タイトルの小説があるが無関係。


ギャラクシーエンジェル & ギャラクシーエンジェル2nd(漫画)
 GAキャラクター原案のかなん氏が描くもう一つのGA。
 設定などの土台はゲーム版をベースとしているが、オリジナルの展開を見せる。
 エンジェル隊はかなん氏の妄想から生まれたキャラクター達なので、GAの原点とも言える作品。
 GAファンなら必読。
 余談だが、かなん氏が名作「ど根性ガエル」の原作者の娘さんであることはあまり知られていない


ギャラクシーエンジェル(小説)
 GAプロジェクトのプロデューサーである水野良氏が綴る小説版GA。
 基本的にはゲームのノベライズであり、大きな変更点は無い。
 しかしながら、これまで語られることのなかったミルフィーユとランファのエンジェル隊入隊のエピソードがあったりと、ファンなら一度は抑えておきたい作品。

ギャラクシーエンジェルEX(小説)
 拓殖めぐみ氏が綴る、もう一つのGA小説。
 ゲームサイドのエンジェル隊が、アニメ版のようなノリで銀河を駆け回る短編集。
 他のメディア媒体作品に比べると、出力不足は否めないが、GAワールドにまだまだ浸りたいと言う人にはお勧めの作品。

ギャラクシーエンジェル 烏丸ちとせのエンジェル隊業務月報(小説)
 菜の花 すみれ氏が綴る、エンジェル隊新隊員烏丸ちとせ視点の小説。
 ゲームサイドの新入隊員、烏丸ちとせから見たエンジェル隊の日常が描かれている。
 ちとせファンはもちろん、EX同様GAワールドにまだまだ浸りたいと言う人にお勧めの作品。


ギャラクシーエンジェル(ミュージカル)
 アニメ・ゲーム・コミック・小説とメディアミックス展開を見せるGAワールドが選んだ次なる媒体はミュージカル。
 安易に声優をキャストに起用することなく、新しいGAを作り上げた意欲作。
 設定はゲームサイドよりだが、ノリはアニメよりになっている。
 2次元の作品を3次元にしたため、食わず嫌いしているGAファンも多いが、是非一度見てほしい作品。
 ネット上の評価や口コミで人気が広がり、次回公演も決定された。


各種ドラマCD
 CDとして発売されたもの、ラジオで放送されたもの、各種特典として作られたものなどなど物凄い種類があるためひとくくりには出来ないGAドラマCDシリーズ。
 設定がアニメサイドだったりゲームサイドだったり両方まざりあってたりとまさに「なんでもあり」のGAワールドを体言するようなメディア媒体。
 数が多すぎるため全ては紹介できないが、人気の高い作品を後述で紹介。


GATV(TV番組・Animax)
 アニマックスで放送されるミルフィーユ役の新谷良子氏とちとせ役の後藤沙緒里がパーソナリティを勤めるGA総合情報バラエティ番組。
 二人がGA講座をしてみたり、GAカルトクイズに挑戦してみたり、GA新商品の紹介をしてみたりする番組である。
 現在も放送中。

ぴたぴたエンジェル(ラジオ番組)
 ミルフィーユ役の新谷良子と、ランファ役の田村ゆかりがパーソナリティを勤めるラジオ番組。
 GAネタを使った声優ラジオといった意味合いが強い。
 後にぴたぴたエンジェルAにリニューアルされる。
 放送終了。

エンジェルLOVE(ラジオ番組)
 新谷良子と田村ゆかりに加え、ちとせ役の後藤沙緒里がパーソナリティを勤めるラジオ番組。
 ぴたぴたエンジェルの後釜。
 放送終了。


まだまだ紹介し切れてないムックやアンソロジー、キャラクターCDなどが多々あるが、きりが無いのでひとまずこのへんに。

じゃあまずなにから入ればいいの?

恐らく多くの人が「アニメから見ろ」と言うだろう。
しかし、もし貴方が美少女恋愛ゲームに抵抗の無い人であるならば、是非ゲーム3部作から入ってほしい。

なぜか?

まず何よりメインヒロインであるミルフィーユ周りの問題である。
ミルフィーユはアニメ版だとエンジェル隊全員を「さん」付けで呼ぶが、ゲームだとフォルテ以外は呼び捨てである。
また、逆に他のメンバーがミルフィーユを呼ぶときは、アニメでは正式名称を視聴者に覚えてもらうために「ミルフィーユ」と呼ぶが、ゲームだと親しみを込めて「ミルフィー」と愛称で呼ぶ。
色々な設定の違いや、スタッフの思惑・戦略などの事情により変更されている細かい相違点だが、慣れて無い人にとってはただの「違和感」にしかならないスタッフ側の大罪である。
呼び方の違和感と言うのはかなりの曲者で、もし普段貴方のことをさん付けで呼んでる人が突然呼び捨てにし始めたらどうだろう?
もし貴方がアニメを見終わった後にゲームを始めた場合、この違和感のせいで素直にゲームを楽しめない恐れがあるのだ。

ちょっと待ってくれ。それはゲームが終わった後アニメを見ても同じことじゃないのか?

そう思うのも自然である。
でも考えてほしい。
アニメGAは何でもありのドタバタギャグ作品である。
そんな些細な違和感は、アニメのパワフルなノリの前には吹き飛んでしまうのだ。


では次に、アニメエンジェル隊とゲームエンジェル隊の違いについて解説しようと思う。

「エンジェル隊」の違い

そもそもアニメとゲームでは、エンジェル隊そのものが違う。

ゲームでは、「白き月」を守るために結成された「ムーンエンジェル隊」が正式名称で、その任務は白き月の護衛である。
「ギャラクシーエンジェル」と言うのは作品名で、エンジェル隊とは直接関係が無い。(ここ深い突っ込み禁止)

アニメでは、白き月そのものが登場しないために、ただのエンジェル隊、あるいはギャラクシーエンジェル、ギャラクシーエンジェル隊と呼ばれる。
設定上の正式名称は「エンジェル隊」だが、「ギャラクシーエンジェル」という言葉を視聴者に刷り込むために、幾度となくギャラクシーエンジェルと呼称している。
主な任務は、ロスト・テクノロジーの調査・回収・管理であり、ゲーム版のムーンエンジェル隊も暇なときは同様のことをするがこれはアニメ版との”てにをは”をあわせるための後付だと思われる。

また拠点も違う。
ゲーム版は「白き月」がエンジェル隊の住処であるが、アニメ版は白き月が登場しないため「エンジェル基地」と呼ばれる謎の基地を拠点としている。
アニメ第一期の時点ではエンジェル隊専用の基地っぽい描写だったが、いつの間にか軍全体の基地っぽい描写になっている。
もっともなんでもありのアニメに設定を求めること自体がナンセンスなのでその辺は深く突っ込まないでおきたい。

当然拠点が違えば周囲の人間関係も違う。
ゲームではプレイヤーの分身となる主人公タクト・マイヤーズが直属の上司となるが、アニメではウォルコット・O・ヒューイという初老の男が上司。
ちなみにタクトは大佐、ウォルコットは中佐である。
そもそもアニメとゲーム、両方に登場する共通キャラクターはエンジェル隊だけ、という凄まじい作品なので人間関係が違うのは当たり前と言えば当たり前である。
非常に人気の高いキャラクターであるウォルコットとノーマッドだが、大人の事情により登場するのはアニメだけなので注意が必要だ。
ちなみにツインスター隊のペイローズはゲームサイド設定のドラマCD「ギャラクシーエンジェル 〜飛び込んできたTWIN・STAR〜」にも登場する。(当然設定は違う)
あ、そういえばミントの親父さんも作品両方に登場するか。

設定について言及しだすと収拾が付かなくなるのでこの辺にしておきたい。
とりあえず、基本的に別物、ということだけをきちんと認識しよう。

余談だがブロッコリーの大本営発表によるとアニメの舞台はゲーム版の半年前らしいがそんなもんとてもじゃないが受け入れられるわけが無い。


続いて、星の数ほどあるドラマCDのうち、幾つか人気の高い作品を紹介しようと思う。

金のギャラクシーエンジェル&銀のギャラクシーエンジェル(ドラマCD)
 先に紹介したラジオ番組「エンジェルLOVE」で放送されたラジオドラマを2枚のCDに収録したドラマCD。
 設定・ノリともにアニメ版そのもので、非常に人気の高い作品である。
 ギャグのキレなどはGAファンでなくとも笑わせる逸品。
 ちなみに両方を買うと「パールのギャラクシーエンジェル」がもらえるキャンペーンがある。

ギャラクシーエンジェルドラマCD 赤 〜TV-G編〜 & 白 〜A−TV編〜(ドラマCD)
 ドラマCDオリジナル作品。
 アニメサイドのエンジェル隊が、テレビ局に乗り込んで色々なバラエティ番組に挑戦すると言う趣旨のCD。
 キャラクターそのものに魅力が詰まったGAならではのドラマCDと言える。
 金銀に並んで人気の高いアニメサイドドラマCDである。
 こちらも両方買うと「黒〜裏番組〜」がもらえるキャンペーンあり。

ギャラクシーエンジェル 日めくりCD 1〜4(ドラマCD)
 CD4枚に渡って、1月1日から12月31日まで365日分のトラックがあり、1日1トラックずつ聞いていくという変わった趣旨のドラマCD(?)。
 なんと言っても聞き所はアニメ版登場人物フルキャストのフリートーク。
 正直、中途半端なシナリオより全然声優さんのフリートークのほうが面白かったりする。


挙げていけばきりが無いのでこの辺にしておくが、上記CDは本当に面白いので興味があれば是非聞いてもらいたい。


では最後に、GA2について現在情報が公開されている範囲でお話しようと思う。

GA2って?

GA2ことギャラクシーエンジェルIIは、来年2月発売予定のPS2専用ゲームである。
ゲーム3部作の正統な続編であり、区切りをつけるために2と銘打った新シリーズ。
新主人公を起用し、なおかつヒロインであるエンジェル隊を総入れ替えということで従来のファンの間では阿鼻叫喚の嵐となっている。

ここで注意していただきたいのは、現在情報が公開されているGA2はゲーム版の続編ということである。(2005年8月初頭現在)

まれにアニメGAしか知らない方が、GA2の記事を見て絶望の淵に瀕しているが、アニメ派の方はアニメ5期の情報をひっそりと待つことをお勧めしたい。

新しいエンジェル隊である「ルーンエンジェル隊」のメンバーを見ていってみよう。

アプリコット・桜葉
年齢:14
イメージカラー:オレンジ
紋章機:クロスキャリバー
 ミルフィーユの妹。
 姉のことが大好き。
 当然ミルフィーユとリンク。

アニス・アジート
年齢:16歳
イメージカラー:
紋章機:レリックレイダー
 アラビアンなイメージの服を身にまとう少女。
 活発な性格。
 小さな猫耳のようなものをつけており、ミントとリンク。

カルーア・マジョラム
年齢:20歳
イメージカラー:黄緑
紋章機:スペルキャスター
 魔法を使う魔女。
 どうやら変身して別の性格になるらしい。
 頭のサークレットが、ランファの足アクセサリーとリンク。
 一応新エンジェル隊のリーダーらしい。

ナノナノ・プディング
年齢:不明
イメージカラー:水色
紋章機:ファーストエイダー
 回復係。
 ナノナノという名前と、年齢不詳の点から恐らくナノマシンの集合体だと言われている。
 ヘッドギアがヴァニラとリンク。

リリィ・C・シャーベット
年齢:19歳
イメージカラー:
紋章機:イーグルゲイザー
 剣を持つ少女。
 恐らく剣術が特技だと思われる。
 制服のデザインがフォルテとリンク。

カズヤ・シラナミ
年齢:16歳
イメージカラー:不明(白?)
紋章機:ブレイブハート
 新主人公。
 エンジェル隊員扱いなのかは今のところ不明だが、紋章機のパイロットである。
 搭乗紋章機は、他ヒロインの紋章機とドッキングする機能を持つ。


各キャラの旧エンジェル隊とのリンクがどう物語に絡んでくるのか?
紋章機の合体システムは具体的にはどういう機能なのか?
続報を待ちたいところ。

GA2に興味のある方は、公式サイトや各種雑誌・ラジオなどで最新情報をチェックしてみるといいだろう。


新情報が入り次第随時更新
無断リンク・無断転載可
連絡先アドレス ganyumon@yahoo.co.jp