『真空加圧含浸処理』?

 

 通常、金属や合金は溶融状態ではガスを吸収しております。これが凝固す

 

る時に一部は外部に放出されますが、逃げ切らないものは「巣」になって

 

包含され、収縮によっても引け巣を作ります。すなわち、鋳物の巣は、

 

ある程度宿命的なものといえます。従って、鋳物に気圧、水圧などを    

 

加えますと微細な巣を貫いて、圧力漏れなどを起こします。

 

『含浸処理』とは、このようなダイカスト品や鋳造品などの「巣」に 

 

による圧力もれを含浸剤を浸透、硬化させることによって止める

 

方法です。 そして、真空にすることによって巣に閉じ込められたガス

 

を取り除き、加圧することによって浸透しにくい複雑な形状の巣にも                                                                          

 

含浸剤を浸透させることを『真空加圧含浸処理』といいます。

 

また、この含浸処理は金属、鋳物の漏れをとめるだけではなく、メッキ                                                                         

 

や塗装のふくれや剥離、腐食を防止するための前処理としても用いら

 

 

れてます。

 

 

        ・・・・・・・・・。

これらのほかにもアルミ、銅合金、ステンレス、鉄、木材など、私たちの身近なものに

 

「含浸処理」はされています。

 

(※画像は実際の処理品とは異なります。)