リモコンを捨てた「三國無双SLASH」のイノベーション

「三國無双SLASH」は無双シリーズで有名なコーエーテクモゲームスが提供しているAndroidアプリ。



「カードゲームばかりでつまらないな」と思っていた私にとって、小学生の頃から遊んでいた無双シリーズが、ゲームアプリで登場したことは大きなニュースだった。背景には、家庭用ゲーム機市場が、スマホゲーム市場に食われていくなかで、ゲームメーカーとして自社の既存ソフトのアプリ化、あるいはオリジナルキャラクターを起用したスマホゲームへの新規参入の動きがある。



実際に遊ぶと、最近流行りのオンラインでの同時多人数プレイが出来ない、戦闘時に武器の切り替えが出来ない、ブラウザアプリのようで動作がもっさりとしているとマイナス点もあるが、それを上回るイノベーションがある。



それは、タップでキャラクター操作ができることだ。キャラクターの移動、攻撃、ゲーム中は指1本で遊ぶことができる。これは、素晴らしいことだ。なぜなら、無双シリーズをはじめとした、プレイステーションのような家庭ゲーム機で遊べるソフトは、リモコン操作が前提だからだ。もしも、世界観を完全に再現することを念頭に、スマホの画面にリモコンを再現し、両手でちまちまとキャラクターを動かすようであったなら、ダメだったはずだ。



家庭用ゲーム機からのファンは、つまらなくなったという声もあったが、リモコンを捨て、タップという考えを導入したスマホゲームならではの「三國無双SLASH」の体験は、イノベーションにあふれたスマホゲームアプリだと思っている。みなさんにも、ぜひ体感してもらいたい。