卒塔婆小町



使用ツール ケント紙 ボールペン Photoshop5.5

『花の色は うつりにけりないたづらに わがみよにふる ながめせしまに』
「目からススキが生えた」という伝説が凄みを増すのは、小野小町がかつて絶世の美女であったという前提があってのこと。
だが三島由紀夫の『卒塔婆小町』では逆に、ホームレスの老婆が絶世の美女へと変貌する。
美から醜、醜から美へ。彼女は永遠に両極をさまよい続ける。



Galleryへ戻るTOPへ戻る


Copyright (c)2005 Morisawa Midori. All Rights Reserved.