レディ・スクワッド/淑女は拳銃がお好き 
覇王花 
THE INSPECTORS WEAR SKIRTS 
1987年/香港/97分 
製作 ジャッキー・チェン 
監督 チェン・シン・ワイ 
出演 シベール・フー、シンシア・ラスロック、クララ・ウェイ


香港警察の女性特殊部隊「フェアリー隊」の活躍を描いたレディアクション。
プロデューサーは、ジャッキー・チェン。

「天使行動」タイプのハードアクションだと思って観たのだが、アクションが展開するのはオープニングとクライマックスだけ。
メインになるのは、フェアリー隊と男性部隊(飛虎隊)のラブコメだった。
しかし、そんなジャッキー版「福星」シリーズといった趣の本作は、80年代の香港映画らしい楽しさに満ちた傑作となっている。
私は、トン・ピョウやリッキー・ホイ、ビリー・ロウにマースといった顔ぶれを眺めているだけでも楽しかった。


バカ騒ぎの部分も楽しいのだが、個人的に見所を挙げるとすれば、やはりアクションだろう。
成家班による激しいスタントの数々は必見だ。
そんなアクションパートを盛り上げるのが、シンシア・ラスロック
ちなみに彼女は「福星」シリーズでいうと、ジャッキーやユン・ピョウと同じく、アクションシーンを盛り上げるための存在なので、劇中にはほとんど登場しない。
ラスロックが活躍するのは、オープニングとクライマックス。
特に凄いのが、クライマックスの宝石強盗団との戦いで、ここで敵として登場するのが「シックス・ストリング・サムライ」のジェフリー・ファルコン。
何が凄いって、もちろん、ラスロックやクララ・ウェイらの殺陣も凄いんだが、ファルコンのこれ以上ないってぐらいのやられっぷりが本当に凄まじい。
高い階段から転げ落ちたところで許してあげればいいのに・・・完膚なきまでにムチャクチャにされる。
あと、凄いといえば、ジャッキー映画ではお馴染み、エンディングのNGシーン。
ギャグシーンのNGで、アン・ブリジットウォーター(と助けに行ったスタッフ)が危うく焼死しかけるところは凄過ぎる。
小学生の考えたようなギャグを命がけでやるスタッフ&キャストを私は尊敬する。


本作は地元の香港ではヒットしたようで、その後シリーズ化された。
しかし、残念なことに日本では2作目以外、ソフト化されていない。
ちなみに唯一ソフト化された「レディ・スクワッドU」だが、本作と全く同じストーリーで、しかも、アクションシーンがさらに激減。そのぶん、バカ騒ぎ分が増えるという、ますます日本人にとっつきにくいタイプの香港映画となってしまった。
観客が前作を観ていることを前提に作られた作品なので、「U」を先に観るのは辞めておいたほうが良いだろう。
残りの作品(何本の続編があるのか、よく知らないんだが)もどこか出してくれないもんだろうか・・・。

もどる