有馬富士・千丈寺湖ウォーク 05.02.27.日

JRの駅からハイクの冊子に「らくらくウォーク15km・有馬富士を眺めながら」とあったので参加することに。
9時過ぎ。JR三田駅到着。
・・・ん?・・・
いつもなら改札に「らくらくウォ−ク」とか貼ってあるのに・・・
「らくらくウォーク15km」の代わりに・・・
「歩け歩けウォーク18km」の張り紙が・・・しかも!主催が「歩け歩け会」・・・

なんじゃ〜?こりゃ!

みんなも不信に思うらしく聞いている。
「はい・・・解散場所までが15kmなんですが、そこから駅まで3kmは歩かないといけないんです」

はああああ〜〜?私は一昨日、生駒を縦走したんやぞ〜。
今日は「らくらく」やって書いてあったから来たのに・・


受付風景
千人じゃあきかないかも・・・?

まあ、気を取りなおして歩き始めましたが・・・なんと!私の大の苦手!アスファルトの道を歩くんです・・・
延々と続くアスファルト・・・引き返そうかと思いましたが、せっかく来たので・・・

9:40〜50くらいに出発。 ココへは11時到着
次から次へと左の写真のようにやってきます
有馬富士を望む大きな湖で休憩。
これは対岸にありました。

ここで少し休憩。トイレも完備されてます。
この公園は、ものすっごく広く、暫く公園内を散策する事になります。
ここから左の方向に30分ほど歩いて昼食。公園の奥の方になるようです。

昼食は公園内にある施設の近くでとりました。トイレも何ヶ所もあって、安心できます。

蛤や木や豆で作ったお雛様・子供達が作ったクワガタの模型が展示されているところがありました。
そこで
「頭が大き過ぎて引っ込まない亀」がいましたが、写真撮影に失敗しました。残念です。


12:10出発。

たまに地道はあったとはいうものの、ほとんどがアスファルトなので私の足はすでに痛み始めていました。
上の写真の萱葺き屋根の近くに差し掛かった頃には少し後悔しているほどでした。
そんな時、後から3人組みの、おじいさん達がやってきました。
息も切らさず、おしゃべりしながらの余裕ぶりに「鉄人だらけのイベントやなあ。さすが歩け歩け会主催!」と感心していました。


そんな時、若い20代半ばかと思われる男性が走ってきて、私達を追いぬいていきました。
すると、その、おじいさん達が・・・
A「あれはジョギングっていうもんやで」
B「ああして池の周りを何回も回るんやで」
C「・・・世の中には元気な人が居るもんやなあ・・・」
B「ほんまやで。ええなあ。元気な人は」
AC「ほんまや。ほんまや」

などと言いながら私を追いぬいて行きました。
リュックに「300km達成」というバッチをつけています。
イベント毎にkm数を記録されるようです。
私は「さっきのジョギングの若者より、あんた達の方が元気やと思うけど・・・」と言いたかったです。

有馬富士を望む




こういう畦道もアスファルトがほとんど・・・




ここのダムで解散?15km。
でも「トイレ休憩です」とか「出発!」とか・・・
まあ、ほおっておかれても困るんですが・・・
あと3kmです。




最終ゴールのJR広野駅に着いたのは3時前でした。
1時間に2本しかない電車がちょうど来ました。
係の方々は本当に良く面倒を見て下さいました。
走りまわって案内に立って下さいました。

「次のイベントにも来て下さい!今度は本当に、らくらくですから!」と大きな声で・・・
でも「300km制覇」とかのバッチをつけた人が多いので・・・
しかも中には4万km達成の方があるとか・・・
きっとまたアスファルトをひたすら歩くのだろうと思い「もうエエわあ・・・」と思ってしまいました。

とにかく足が・・・
体力は余っていますが、足が潰れてしまいました〜

目次へ