谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁凹状岩壁

神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁凹状岩壁

2015年9月22日



"4ピッチ目の凹状壁。ホールド、スタンスともに確認しながら登るので神経が疲れる。”



 前日1700に横浜を出発。東名から圏央道、関越へと走るが、関越に入ると 反対車線は大渋滞。明日は今日よりも渋滞はひどいはずなので、しばし憂鬱になる。 2230ごろ道の駅みなかみ水紀行館に到着。ここで仮眠。

 翌0300に起床して谷川岳ベースプラザ下の駐車場(無料)に移動し、0400前に出発。 一の倉沢出合いに0500前に着いた。 テントが5張り。薄暗い中をヘッデンを点けて歩き始めた。ヒョングリの高巻き から懸垂ポイントの辺りでヘッデンをしまい、ダブルロープで50メートルの懸垂。 久しぶり(8年ぶり?)にスラブの底を見た。テールリッジを登ると衝立が朝日を 浴びて赤い。岩はめったにないほど乾いていた。先行の2人組は南稜テラスに向かった。 我々は凹状岩壁取付きで休憩。

 1ピッチ目、Mリード。トラバースの抜け口が怖かった記憶があったが、今回は何の不安も感じなかった。
 2ピッチ目、Gリード。左上して中央カンテ3ピッチ目の ランペ下のビレイ点を目指す。難しくないが、ランニングがゼロ。
 3ピッチ目、 Mリード。ここからは未知の領域だ。右に微妙なトラバースをして名前の由来の凹状壁下まで。 この辺りから岩が脆くなってくる。隣の中央カンテとは全く違う。

 4ピッチ目、Gリード。5メートルほど上にリングボルトが並んで2本。 核心といわれるこのピッチにおいて、これら2本だけ(実質1本)が ランニング支点の全てだった。ホールド、スタンスともに確認しながら登るので 神経が疲れる。上部は傾斜もありホールドも細かいので、音をたてないように慎重に登った。
 5ピッチ目、Mリード。右上して岩の切れ目を目指す。最後のハングを 越えると気持ちのよいテラスだ。ここで小休止。

 6ピッチ目、Gリード。崩壊箇所の フェースを右にトラバースし、草付のルンゼも横切ると苔むしたカンテ。その先の ルンゼには辿りつけない。よく分からないままカンテを直上。全くランニングが 取れないので怖い。最後に潅木帯をくぐるとビレイ点があった。安堵。どうやら カンテ左側の草付のルンゼの方がよかったようだ。(下左の写真)
 7ピッチ目、Mリード。 潅木帯を抜けフェイス下の木でビレイ。
 8ピッチ目、Gリード。フェースからフレーク 状のクラック。この岩は硬く安定している。その上、ハーケンも沢山打ってある。 クラックをレイバックを交えて越えた。今回、思い切り筋力を使えた唯一の岩だった。(下右の写真)



 衝立尾根に出て、凹状岩壁は終了。ローソク岩の基部から3メートルほど怖い クライムダウンをすると中央稜の終了点だ。この下のビレイ点に人の気配がするが 懸垂で下降開始。ビレイ点に3人パーティーがいた。彼らとすれ違いでさらに懸垂する。 途中、Gが変なところに降りてしまい、一人ではどうにもならない危険な状況になった。 Mの助けをかりながら何とか復帰。1時間程度時間がロスしたが、無事に戻れてよかった。 時間に余裕があり天気もよかったことが大きく幸いした。いずれにせよ、懸垂の難しさを 改めて感じる体験となった。テールリッジの難所には新しいフィックスが張られていたので 出合までロープを出すことはなかった。

 出合には沢山のハイカーがのんびりしていた。電気バスがちょうど止まっていたが、 何故か乗らなかった。次回からは利用しよう。

 雪渓がないとテールリッジまでこんなにも大変だったとは。でも、たまには雪渓なしも やっておかないといけないと感じました。
(記事:G)

7月30日 天気:くもり
駐車場3:50→出合4:50→凹状岩壁取付6:50→終了点(衝立尾根)10:05→14:50出合→1550駐車場

メンバー:G、他1