神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

日白山雪洞泊

2015年3月21日〜22日



”谷川連峰が一望できる雪洞前での憩い”



 雪洞泊の山行を毎年恒例としていたが、昨年は雪洞ではなくイグルー泊だけになってしまった。 雪洞の技術はほぼ完成していると思っているが、 イグルーはまだまだ試行錯誤を重ねて自分のものにしたい気持ちもある。 当初は参加者が4人で雪洞とイグルーとを作る計画だった。 そのために日帰りルートを1泊で歩くという時間が十分とれる余裕のコースにした。 ところが一人が急に不参加となり、コースは当初のままで、雪洞だけの計画に変更した。 天気は雨マークのつく予報だったが、直前で1日目は高気圧に覆われる予報になった。 2日目は下り坂だが下山だけなので、気持ち的に安心感を持って山行を迎えた。

 地王堂川右岸の道路を車で進入した。 869mの標高点あたりまで除雪されていた。しかし駐車スペースがないので荷物を置いて戻り、 宿場の湯前の駐車場に車を停めた。 除雪終点からスノーシューの薄いトレースを辿る。雪は固く行程がはかどる。 最終堰堤ひとつ手前の堰堤で沢を渡る。 最終堰堤でアイゼンを付け、ここから沢を離れ 二居俣ノ頭1584mから北西に延びる尾根に取り付く計画だ。 左岸の壁を登ると広々とした台地に出る。 背後には苗場山が聳え、左手の沢の奥には日白山らしきピークが見える。 いきなり急な尾根をアイゼンをきかせて登る。 尾根は1300mあたりで緩い箇所があるが、終始急だ。 雪は固いが気温は高く汗が滴る。手袋も薄手のものに替え防寒の帽子もとった。 最後は左にトラバースぎみに登り、二居ノ頭の北1530mあたりで稜線で出た。 反対側の視界が一気に開け、そこには谷川連峰の山々があった。


 巾広い緩やかな雪尾根を北へ日白山へと向かう。 雪洞の適地を探しながら景色を楽しみながら歩く。 東側には手頃な雪庇が出ていて、どこでも雪洞が掘れそうだ。 先に行き過ぎると日白山の山頂に近すぎ、 他の登山者を避けるために長釣尾根とのジャンクションに雪洞を掘ることにした。 ここは雪庇はなく、安全に斜面の下に下りれる。 横に堀り進めるための作業スペースができたところで一旦作業を中断し、 全くの空身で日白山を往復した。 雪洞は氷の層はなく、締まり雪で深くなると固かった。 時間があるのでゆったりとした雪洞にするつもりが、 雪の固さに負けてギリギリ3人が入れるスペースで「よし」としてしまった。 作業にかかった時間は2時間くらいだった。 風もなく暖かいので雪洞には入らずに山を眺めて時間をつぶした。


 翌日は明るくなってから起きた。寝袋をのんびりと片付けていると日の出の時間になった。 太陽は茂倉岳の山頂から昇った。そしてゆっくりと朝の仕度をした。 日白山の山頂には10分ほどで着いた。 山頂にはテント泊した3人パーティーがいた。 日白山は昨日も登っているので、あまり休まず東谷山へ歩き出す。 朝の時間は登山者もいないので静かでよい。そして雪がまだ固いので楽だ。 東谷山へは100m弱の登りがあるが、左手に雪庇を見ての雪稜が気持ちよい。 快適な尾根も二居峠が近づくと雪が緩みだした。 面倒なので二居集落までアイゼンで通した。 今回はワカンの出番はなかった。 車を停めた駐車場の前は温泉・宿場の湯だ。 まだ営業を始めたばかりの空いた浴槽に入ると、ガラス越しだが日白山の山頂が眺められた。

(記事:S)


21日 天気:はれ
二居除雪終点7:00〜8:00最終堰堤〜9:35稜線〜10:15SH(長釣尾根とのジャンクション)

22日 天気:はれ
SH7:40〜日白山〜8:25東谷山〜9:30二居峠〜9:50二居

メンバー:S、F、H