神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

木曽駒ヶ岳・正沢川細尾沢

2015年7月25日〜26日



”心配していた雪渓も殆ど無く、傍に少しだけ残っている程度で一安心”



 思えば初めて登ったアルプスの山が木曽駒ケ岳だった。なぜかといえばロープウェーがあって楽に登れるから。 そんな’ズル’をした山に沢から登ることになるとは、そのときは考えてもみなかった。 駒ケ岳の北面を流れる細尾沢、今回は自分にとって初めてのアルプスの沢、というか初めての丹沢以外の沢登りだ。

 前夜、道の駅で仮眠し6時前にはスキー場跡地の駐車場に着いた。 入渓地点までは1時間弱、道はだんだん不明瞭になりトゲのある草藪歩きで腕は引っ掻き傷だらけになる。 正沢川に降りて沢支度をし、そこから細尾沢の出合まではさらに2時間ほど。 とても天気が良く朝の光を反射する水と白い花崗岩が美しく、ゴーロの川原歩きも飽きることはなかった。

 しかしそれにしても大きい。今まで経験した沢とはスケール感が違う。流れは豪快で渡渉するのも恐る恐るだ。 いろんなところから水が流れてるし二俣かと思うような中州もある。そしてなんだか奥行きがある気がする。 本流から細尾沢に入るとすぐに滑滝が現れる、2つほど越えて30分も進むと進行方向の左側から落ちる大滝が見えてきた。 近付いて正面に立ったところでやっと全体が見える。 落口が狭く、谷の隙間から吹き出すように迸る水が物凄い勢いで、しぶきと風圧で寒くて真正面には長く居られないほど。 この大滝をうまく巻けるかが今回の山行のひとつの大きなポイントだ。

 尾根を挟んで右側のガレ沢を登る。 途中、尾根側に向かって薄い踏み跡のようなものがあるけれど過去の記録も参考にここは無視して登れるだけ登り、 最後は垂直に近い壁になる。 水が流れてヌメりもあり少々やらしいけれど左に斜上するようにステップがあるので慎重に足場を選んで上がり、 そのまま尾根に乗る。少し登って尾根を回り込むように反対側にトラバースすると楽に流れに出ることができた。 なんとこれ以上無いくらいの大成功。30分も掛からずに大滝をクリア。 ロープを使うこともなかった。



 ここからは楽しめる滝が次々に現れる。 天気も良く明るい沢の雰囲気はとても気持ちが良い。 心配していた雪渓も殆ど無く、傍に少しだけ残っている程度で一安心。やがて水量が減り2500m付近で1:1の二俣に。 この二俣を右に行くか左に行くかが今回のもう一つのポイントになる。駒ケ岳山頂に向かっているのは左側。 だけど地形図を見ると頂上手前は急傾斜で岩記号が重なっていて通過はなかなか大変そうだ。 右に行けば山頂方向からは逸れるものの頂上北側に伸びる尾根に乗るか 回り込むかして西側の稜線の登山道に比較的楽に出られるはず。 疲れてくる頃で歩きやすい登山道には惹かれつつも、 ここは沢から直接頂上まで詰め上がりたい、というHさんとIsの希望を汲んでもらい左へ。

 すぐに水は涸れ、ガレを詰めるとブッシュ混じりの岩場が出てくる。 けっこう高度感があり緊張しつつ潅木をかき分け、しがみ付きながら登る。 ここを越えると最後はハイマツ帯を山頂方向に向かってトラバースして無理やり?方向修正。 途中、先を歩くHさんが何かを拾った。見れば木彫りの山頂標識だ。風で飛ばされたらしい。いよいよ山頂が近い。

 やがて稜線に立つ人と、登山道のロープが見えた。山頂だ。 ここで、ずっと先行してくれていたHさんが道を譲ってくれる。 はじめて今回のような山行をした私Isの感動を理解して先を譲ってくれたのだ。 ロープをまたいで頂上に出たときは凄く嬉しかった。 妙な格好をして変な所から上がってきた我々が、 山頂標識を頂上の石積みに戻している場面を大勢の登山者がどんな目で見てたのかはわからないけれど、 私にとっては何だか象徴的な、達成感を(それと少しの恥かしさも)感じるシーンだった。

 山頂着が14時半頃、少し下ったテント場は既に大混雑でギリギリ二張り並べて張ることができた。 沢中で良い泊り場が無いのは残念だけど一気に頂上まで出るのも悪くないと思った。

 翌26日も晴れ。下山だけなので気が楽だ。 山頂を通ると昨日の木彫標識が登山者の写真撮影用の手持ち札として使われて大人気!  意外な使われ方に思わず笑ってしまった。 道を外れたアウトローな?我々も少しは人の役に立ったのか。自己満足。 あとは福島Bコースを下り10時前には駐車場に下山。日焼けと引っかき傷の腕に温泉のお湯が刺激的だった。

 今回、山頂に立って見下ろすと細尾沢が樹林の緑の間に白く見えた。 前に登ったときにも同じ景色が見えていたはずだけど感じ方は全然違う。 あそこを歩いてきたのかと思うと感慨深いし地形を体感してきた感覚があって面白い。 今度の沢は初心者の自分には適度な緊張感もあり、大滝上の滝の連続はとても楽しく美しかった。 より沢登りの魅力を知ることができた良い山行になった。
(記事:Is)

7月25日 天気:晴れ
スキー場跡5:50〜8:50細尾沢出合〜9:30大滝下〜12:20二俣〜15:00頂上山荘テント場

7月26日 天気:晴れ
テント場6:00〜6:15山頂〜9:30スキー場跡

メンバー:U、F、H、Is