神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

日白山・東谷山コース

2014年3月9日



”スキーのトレースは東谷山までで、日白山へは重くなった雪のラッセルとなった”



 日白山は何回も登ったことのある山だ。 好みの山だが特別に好きと言う訳ではなく、手軽に登れる割にはよい山だからだ。 しかし直近の2回の山行は敗退という結果だった。 1度は長鶴尾根からスキーで目指したが、大雪直後でスキーでも膝以上のラッセルだった。 雪洞泊だったが雪洞に適した高度まで登れなかった。 もう一度はタカマタギで雪洞を掘って日白山へと縦走のつもりだったが、 1日目にホワイトアウト状態になりタカマタギ止まりだった。 今回ははじめて二居から東谷山経由の計画だった。このコースは土樽・毛渡沢経由より標高差はない。 条件がよければ楽に日帰りできるコースである。

 前々日前日とこの時期にしては強い寒気が入り、雪がかなり降ったらしく 二居の集落では車の屋根に雪が厚く積もっていた。 集落の中には駐車場がないために宿場の湯に車を置いて出発する。 集落のはずれでワカンをつけると膝程度の粉雪のラッセルだ。 しかし山にかかるとスキーのトレースがあった。 ラッセルをするつもりで来たが、ここは運よくと思った。 スキーとワカンとではルート取りが微妙に違うが、トレースはありがたく苦労が大幅に減らせた。 植林帯を抜けると雑木林となり、樹間を通しての朝の太陽が心地よかった。 天気は荒れないもののと予想はしていたが、こんな晴天は予想していなかった。 太陽を拝んでサングラスを忘れたことに気づいた。

 標高差180mを登り、二居峠に出ると苗場スキー場方面の視界が開けた。 ここからは明瞭な尾根を歩くようになる。 尾根の南側には洗濯板のように波打った雪庇が続いている。 トレースは尾根の左側の樹林を通っているが、 景色も見えずでうっとおしく感じたので雪庇の脇にルートを取った。 時間はかかるがこの方が気持ちよい。 峠から100mほど登ると鉄塔があり、この少し上で後から来た山スキーの2パーティーに抜かされた。 やはりスキーは早い。 尾根は幅広となり、やがて植生は雰囲気のよいブナ帯となる。 ブナには途中から霧氷が付くようになり、日差しを浴びて輝いていた。 エビの尻尾も暖かいので触れるとすぐに落ちる。 高度を稼ぎブナ帯が疎林となると、背後に苗場方面の山々が見えたきた。 ここから東谷山はわずかだった。 トレースのおかげで比較的楽に東谷山に着いた。 山スキーの人たちが山頂で憩いの時間を過ごしていた。 彼らから「日白山まで行くのですか」と声をかけられた。 どうやら彼らはここまでのようだった。


 ここから日白山へはトレースがはなかった。、 昼に近い時間となったために雪は重くなった。 東谷山との標高差は小さいが、重い雪に日白山までの距離の長さに斜面に踏み出してみて気づいた。 緩やかな斜面を持った日白山は新雪をまとった姿をいつになく美しく感じた。 振り返るって見る真っ白な雪庇を連ねた雪稜も感動ものだった。 時間がやや気になったが、写真を撮りながら景色を楽しみながらの登高を続けた。 頂上直下で北面からのスキーのトレースがあり、少し楽をさせてもらった。 そして誰もいない日白山の丸い山頂に着いた。 やはりピークを踏めたということはうれしい。 ここまで来ると谷川連峰の展望が素晴らしい。

 帰路は雪が湿ってきてワカンに雪が付着するようになった。 長く感じた東谷山までもトレースを付けた後では簡単に戻れた。 東谷山を過ぎるとスキーやスノーシューなどの行きにはなかったトレースが乱れていた。 静かな時間に登れたのは幸運だったらしい。 下山後はお決まりの温泉だ。温泉の駐車場に車を停めたので下山即入浴だ。 湯船から外を見ると日白山らしきピークが見えた。 木の生えた稜線からほんのわずかに白くなったピークでさえない姿だが、 登ってみれば下からは想像できない素晴らしい山だった。



(S記)


天気:はれ
二居宿場の湯6:40〜7:50二居峠〜8:30鉄塔〜10:35東谷山〜12:35日白山12:50 〜13:45東谷山〜15:15宿場の湯

メンバー:S、N、他1