神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

ジャンダルム飛騨尾根

2014年4月26日〜28日



”D尾根をジャンダルム目指して登る”



 26日快晴6:00新穂バスターミナル出発、林道に雪が残り、ふきのとうが顔を出している。 雪はたまに踏み抜く程度よく締まっている。当日のトレースが一人分付いていた。 気温がやや高いが雪崩の気配はなく静か。途中から沢に降り、やがて天狗沢分岐。 この辺りから傾斜がきつくなる。トレースなし。 天狗沢を100メートル上がり左手の適当なルンゼをつめて尾根にでる。 1000メートル近い急登をひたすら登り、タケカンバ帯2600付近に14時ころ到着。 雪洞と半円筒のハイブリッド式住居を2時間かけてつくる。 雪がよく堅牢かつ快適なものができた。 Sさんがかねてから推奨している方式。 20時ころ突風が一時間ほどふく。上空の寒気の影響か。 マットを忘れ寒くて眠れなかった。

 27日快晴4:30出発すでに明るい。ジャンダルムもここからみると見慣れた姿と違い二本角にみえる。 ピナクルが乱立しどれが子ジャンかもわからない。尾根も無数にありどれがラインか見当がつかない。 どれも登れそうだが、間違えると時間がかかりそう。二つ目の尾根の末端からロープをだす。 3ピッチあがったところで後続パーティーがみえ、迷いなくさらに2つ先の尾根に取りついていく。残置ピトンはない。 尾根の左側をさらに2ピッチあがったところで尾根の右手から追い付いてきた後続パーティーに声をかけられる。 悪いとこ登ってるね、アハハ。よく見ると知り合いガイドのNとそのお客さんだった。 数えきれないくらい来ているというN、さすがに早い。 しかも自分はノービレー。恐るべし。


 ここからは残置ピトンがいくつかあった。露出感のあるフェースを登り、 あとは尾根上をひたすらのぼると12ピッチ目でジャンダルムの頂上に出る。 クライミングシューズなら楽勝かもしれないが、 半分以上が4級クラスなのでアイゼンでの岩登りに慣れていない我々には難しく感じた。 ちなみに私は全ピッチフォロー。でもトラバースとコンテ中心なので程よく緊張した。 N言わせれば快適簡単とのこと。 帰りはロバの耳のおっかない50メートル懸垂を交えて白出沢から降り、途中でツェルトを張った。

メンバー:M、他1