神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

蛭ヶ岳 (市原新道〜白馬尾根)

2013年2月17日



”針葉樹林が終わるとブナ林が広がり大きな幹のブナが処々で現れました”


 一昨日の金曜日に街は雨が降り気温はまた冷え込みました。 山では新しい新雪が積もったようでサラサラな軽い雪と戯れながら、 今回は浮雲では珍しく6人パーティという大勢で親睦を含めた山行をしました。

 鳥居原ふれあい館にて待ち合わせをし、1台の車に乗りあって早戸川へ向かいます。 ふれあい館からは雪が積もると白馬の馬形がよく見えます。 今回はその馬形が見える白馬尾根と市原新道を歩いて蛭ヶ岳を目指します。

 朝の気温の冷え込みで三日月橋から先の林道の凍結が心配されましたが、凍結箇所は少なくなっていました。 7時30分。魚止橋に車を置いて早戸川沿いの登山道を歩き始めます。 雷平まで渡渉個所が2回ありますが、昨年流されてしまった橋は新しい木橋がかかって難なく通過できました。 2回目の渡渉場所で細めの丸太が2本かかっており、不安定で滑り落ちないようにヒヤヒヤしながら通過しました。

 9時半。雷平に到着。 沢はここで早戸大滝方面に行く本谷と原小屋沢との合流点ですが、今日は市原新道へ取り付くので原小屋沢へ向かいます。 15分程度で原小屋沢の雷滝に到着。ここでアイゼンをつけて市原新道へ入ります。 市原新道に入るとトレースがありました。無いであろうと思っていたのでトレースに助けられました。 最初は急峻に登り、やがてなだらかになり針葉樹林が終わるとブナ林が広がり大きな幹のブナが処々で現れました。 積雪は深いところで膝下までありました。 蛭ヶ岳山頂直下は大変眺めが良く、八ヶ岳、南アルプスと展望が良かったです。


 12時半、蛭ヶ岳到着。 山頂から丹沢のすべてが見渡せる程眺めが良く、富士山が雄大でした。 ここで景色を眺めながら休憩を取りました。

 13時頃、蛭ヶ岳を下降し登り返すと鬼ヶ岩です。 鬼ヶ岩の岩の間から蛭ヶ岳を望む景色が素晴らしいです。 ここを少し歩いた所で登山道から外れ白馬尾根で下山をします。 白馬尾根に入ると積雪が多く膝上までありサラサラ雪と戯れました。 白馬尾根もブナ林が終わり展望が開けるとカヤトが気持ちの良い尾根になります。 丹沢三峰を眺めながらあっという間に雷平まで下山してしまいました。


 市原新道もそうですが昨年新しい鹿柵が出来てしまったために、 景観が少し残念に思うことがありましたが、よい尾根で蛭ヶ岳登頂を楽しめるお勧めコースだと思いました。
(I記)


天気:はれ
魚止橋8:35〜9:50雷滝〜12:30蛭ヶ岳13:00〜14:25雷平〜15:25魚止橋

メンバー:S、F、O、I、他2(山の仲間 浮雲)