神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

魚野川

2012年7月28日〜30日



”ヘリトリゼンにて”


 魚野川は2回目だ。沢登りを始めてまだひよこの頃、初の関東圏を脱したある意味思い出の沢。 前回は野反湖よりアプローチし、小ゼン沢を詰め大高山から野反湖へ戻ったが、今回は切明から志賀高原に抜ける。

 切明までの曲がりくねった道は昼間でも緊張するだろう。それを真っ暗な中、Yさんは快調にとばす。 雄川園の駐車場についたのは1:30くらいか?仮眠をとり翌日は5:50に出発した。 林道を20分ほどで登山道に合流するはずが終点になっても道がない。 途中で吊り橋をみていたので下降点を探すも怪しい踏み跡があるだけ。疑問に思いつつもたどると河原にでた。 違う。釣師の道だ。元にもどると終点よりほんのちょっと前に立派な道があるじゃん! 「放流時増水注意」の看板に気をとられ三人とも見落とした…。なんか、今年はこんなの多いな。

 気を取り直して吊り橋を渡り、ここから九十九折の急登になる。30分ほどだが汗が目にしみる。 息を切らせて上りきるとベンチがあり、気が利いているなと思う。眼下に切明の風景を見ながら休憩。 ここから渋沢ダムまでほぼ水平の道が続く。日本電気が道を作ったとリーダーのYさんが教えてくれた。 ダム工事のためだろうけれど、いったいどれほどの月日をかけたのだろう。赤とんぼが舞い、空は青くのどかだ。

 馬の背トンネルで先行の釣師らしきパーティに追いつく。ここは通行禁止なので巻かねばならない。 一山越える感覚でけっこうしんどい。トンネルってありがたいなと思いつつ登ったので、出口を恨めしげに見てしまった。 第一トンネルは通行可。天井が低くかがんで歩かなければならなかったし、 ヘッドランプ出をさなかったので暗くて足元は見えないが、やっぱり山越えよりは楽。途中、沢が登山道を寸断している箇所もあったが、3時間を感じさせない気持ちのよい道だった。

 渋沢ダムを対岸に渡り、千沢に下りて沢装備に。切通しのような場所は見覚えがある。 前回よりやや水量は多めで2回ほどスクラム渡渉をしてもらった。今日は黒沢出合までなので急がなくても大丈夫。 記憶をたどりながら遡行する。岩魚の絵が描いてある看板も見覚えがある。 この少し先でSさんがカメラとともに水没したので写真がないんだっけ、とか。

 黒沢出合には13:00に着いた。1mくらい上の台地にテン場をつくる。目の前の淵は前回より埋まっている。 Yさん、S君はサカナを調達に、私は薪を集める。 S君は釣りデビューだ。釣果は全部で5匹。今日のメニューを明日にまわして塩焼きと蒲焼に仕上げる。 焚き火を囲み、お酒も入って気持ちのいい時間が流れる。



 29日晴れ。今日は南ノ沢出合までなのでゆっくり支度をして8時に出発。BPを出て1時間ほどで滝場に突入。 カギトリゼンは左からとりついたが、私には1歩が遠くてYさんに代わってもらう。ここだけロープをだしてもらった。 続くはイワスゴゼン。滝は幅もあり、高さもないのでチャレンジしたくなる。 スリバチゼンは右を微妙なフリクションで突破、ヘリトリゼンは…覚えてない。 前回はほとんど巻いてしまったので、それほど難なく突破できたのは少し成長したのかな。


 右から奥ゼン沢が合流し、その先が小ゼン沢出合。燕ゼンから先は未知の領域だ。 変らず大量の水を吐き出している滝の右を小さく巻く。右から庄九郎沢、その先に庄九郎ゼン。 ここからは大岩のゴーロで手足の短い私にはかなりきつかった。少しずつ水量も減り、支流ごとに地図を確認した。 南ノ沢出合にはへろへろになって14:50着。右岸に立派なBPをみつけツェルトを張る。 釣師が使っているのだろう、奥にブルーシートがキープされていた。 テン場はいいが、薪を集めるのに苦労した。食事が済んだ頃に雷雨になったが、雨はたいして降らなかった。 ただ、雷は鳴っていて夜中まで光っていた。



 30日曇り。7時スタート。追詰ノ滝を経て北ノ沢を詰める。 沢も狭まり、1900の二俣でちょっと迷うが戻って確認した後、左に入る。 傾斜が緩くなり水が枯れると4mほどの根曲がり竹のやぶ漕ぎになる。久しぶりのハードなやぶ漕ぎだ。 S君は力任せにどんどん行ってしまうが体力のない私は半泣きになってきた。 おまけに雨が降ってきて、すぐに土砂降り状態に。 右に行けば登山道にぶつかるはずなのに、なぜかS君は左、左へとルートをとる。 私は限界になって、リーダーのYさんに了解をとって右にルートをとった。S君にはそのまま右に行けと指示を出し分かれた。

 小さなピークに出たが登山道はさらに先の稜線みたいで、なるべく笹の低そうなところを狙って突入したが頭はでなかった。 勘をたよりに根性でかきわけ、上り詰めると登山道に出た。ほっ。 やぶ漕ぎしていたのは1時間強くらいだろうか。やぶの中からS君の叫びが聞こえる。 Yさんが木に登り誘導して無事に合流できた。しかし、えらくご立腹。ごめんね。

 雨は降り続いているので休憩もとらずに寺子屋峰に向かう。 寺子屋峰と岩菅山の分岐、金山沢の頭のひとつ前のピークで雨が止んだのでやっと休憩。 寺子屋峰をおりるとスキー場で、一面の草原にニッコウキスゲがポツポツ咲いている。 ガスがかかっているせいで幻想的だ。天気も良くないのに観光客が数人。 東館山へ向かう遊歩道の脇の樹木や草花にはプレートがついていて、このあたりは高山植物園らしい。 こちらは観光客がいっぱいでびっくり。

 東館山で沢装備を解きながらゴンドラにするかリフトにするか話していると、また雨が降ってきた。 もう、ゴンドラ決定。さっさと降りてきたけれど、下は食べるところがなかった。 プリンスにはあるのだろうけれど、泥だらけでは敷居が高い。タクシーを待つ間に残った行動食を食べてしのいだ。

 タクシーの運転手さんは地元の人で、この辺りの林道は長野オリンピックの時にできたと教えてくれた。 502号はずっと雑魚川沿いにつくられている。夏休みだし、釣の人や自転車を積んだキャンパーも多い。 私たちが沢登りをしてきたと話すと、沢には熊も水を飲みにくるから気をつけてね、 と言った矢先に小熊が道路わきの茂みに飛び込んだ。体長は1mくらい?野生の熊を見たのは初めてだったので興奮してしまった。 車の中で良かった。道路を渡ったり、人が入り込んだり、熊も大変だ。 切明までは1時間くらい、着いたと同時に雨が降ってきた。雄川園で温泉に入るが、食堂はもう閉まっていた。 空腹のまま切明を離れた。

 間をあけて同じ沢に来るのは、自分の成長がわかっていいかもしれない。 でも。これからはできなくなっていく方が多くなるんだろうな。
(F記)

メンバー:F、他2