神奈川県の「山の仲間 浮雲」の記録です


山行記録

奥秩父・赤ノ浦川滝ノ沢

2012年6月30日



”滝ノ沢はナメ滝が連続し、どれもが快適に登れるのが嬉しい”


 当初は1泊2日で奥秩父の沢登りを計画していたが諸事情で直前で消えてしまった。 それでも計画の残党でどこかで軽くということになり、笛吹川支流にある赤ノ浦川滝ノ沢に行った。 赤ノ浦川はあまり知られていないが、 私たちが奥秩父の山の帰りによく利用する日帰り温泉「笛吹の湯」の少し上流で右岸から笛吹川に合流する沢である。 赤ノ浦川は上流でホトケ沢と滝ノ沢に分かれる。 どちらにするか迷ったが、今回は行程の楽な滝ノ沢をとった。

 遡行は短時間で終わるとの情報から朝発とした。集合場所から2時間半のドライブで大嶽山那賀都神社の駐車場に着いた。 滝ノ沢へは神社の参道がアプローチになっていて興味深い。 駐車場から民家の軒先を通り、渓谷沿いの参道を20分で神社に着く。 神社の由来はまったく知らぬが、歴史を感じ、今でも多くの信者に支えられているように感じた。 神社を通り越すと最初の堰堤があり、この上まで道がある。次の巨大な堰堤上で沢の装備をつけた。 ここは立ち枯れの樹木の間をいくつかの水流が蛇行していてミニ大正池のような雰囲気がある。

 最初は単調なゴーロ歩きが続く。水は少し濁っているように見えたが、川底に堆積した砂の色をそのように感じたようだ。 沢に沿って踏跡が続いていたが、沢を歩きたいので踏跡は無視した。 途中で釣師と会ったが、魚影は薄いと感じた。 単調なゴーロ歩きで堰堤を5つ越えると滝ノ沢とホトケ沢とが分かれる二股(1165m)である。

 滝ノ沢に入るとすぐにナメが現れる。そして滝も出てくる。 沢は明るく開けて滝を前にしても圧迫感はまったく感じない。 岩は花崗岩でフリクションがよく効く。 今回は天気もよいのでシャワーを楽しむことにしていた。 ところが少し立った滝でモロ水流を浴びるルートに挑戦したが思ったより寒い。 当初の方針はすぐに撤回したが、それでも水線に近いルート取りにこだわった。 時間は十分にあるので時間をかけて滝場を味わい、休みも多くした。 奥の二股(1380m)との中間あたりで林道が横切っている。 これは背をかがめてボックスカルバートの中を抜ける。


 どのあたりの滝だったかは忘れたが、一箇所だけお助けロープを出した滝があった。 Fさんがトップを歩いていたが、落ち口の少し下で水流の中を登ろうとした。 しかし外形したスラブに足を踏み出せずにこのルートをあきらめた。 私は水流の右端のスラブにルートをとった。 やはり外形したスラブにちょつと躊躇したが、スラブの上部に小さなカチホールドを見つければ後は簡単だった。 1歩が微妙に感じたので、ここは安全策で上からお助けロープを出した。 そして両門の滝となった奥の二股に着く。

 奥の二股は多くの記録に従ってナメ滝となっている右俣に入る。 ここからも滝が連続するが、全ての滝が快適に登れるのがいい。 やがて傾斜の緩い幅広の滝があり、水流が日に輝いて夏を感じた。 岸辺にはクリンソウが群落を作っていた。 この滝を越えると林道が見えた。 標高は1500m、源頭には少し早い高度で横切る林道で遡行を終えた。 滝ノ沢出合から標高差350m弱の短い沢だった。

 滝ノ沢は途中でも林道が横切り、沢の評価を下げている。 しかしその林道のおかげで最後の詰めや下山が楽になっている。 下山は林道を少し歩き、滝ノ沢右岸の尾根を下った。最初は薄い踏跡があったがすぐに消えた。 しかし尾根は明瞭で、しかも土が軟らかく足に優しい。 やがて沢沿いを歩くようになり、何度かの渡渉に沢靴のままで降りてよかったと思った。 そして最後はわずかに残る踏跡をトラバースぎみに辿ると赤ノ浦川の3番目の堰堤の上に出た。 道となる手前の河原で最後の長い休憩をとった。 Fさんに「次はホトケ沢だね」と言うと、「行きましょう」と言う返事だった。 滝ノ沢は短かくあっけない沢だったが、お互いが「なかなかいい沢だった」ということを認めたようだった。
(S記)


5天気:はれ
駐車場8:55〜9:20第2堰堤上〜10:20滝ノ沢出合〜10:55林道〜11:00奥の二股〜11:55林道〜 南東尾根〜13:05第3堰堤上〜14:00駐車場

メンバー:S、F(山の仲間 浮雲)