神奈川県の山の仲間 浮雲の記録です


山行記録

虎毛山(赤湯又沢〜虎毛沢)

2011年8月20日〜22日



”虎毛沢はゆったりとして、なかなか高度を上げない”


 秋田県の南東部にある虎毛山は標高は1432.9mと低いものの、山上には高層湿原が広がる魅力的な山だ。 10数年前に大湯温泉を起点に虎毛沢を遡行して虎毛山を目指したことがあった。 その時は川が増水していて最初の渡渉を前にして簡単に敗退してしまった。 この時以来、ずっと虎毛沢からの虎毛山が頭の中にあったが実現できずにいた。

 今年は早い時期から夏山として穂高の岩と東北の沢の2本立てを考えていた。 東北の沢は虎毛沢として、機会あるごとにメンバーを募っていた。 当初は4人での計画を考えていたが、一人が参加できずに3人での山行となった。 計画を考える段階で、車の回収が最大の問題だった。 その解決策として登山口と下山口が近い、湯ノ又温泉から入山し、赤湯橋に下山する計画とした。 具体的には赤湯又沢を下降して虎毛沢に入るという下流部を省略するコースである。 登山という見地からすると少しずるい計画とも思えるが今回はよしとしたい。 しかしこの計画は赤湯又沢の天然温泉も魅力の一つだった。
虎毛山塊概念図



20日 天気:くもり
湯ノ又温泉入口8:20〜9:20登山口〜10:50稜線〜11:20下降点11:40〜13:20二俣〜13:50TS

 秋雨前線が本州に横たわるという条件での入山だった。 事前の天気予報では秋田県は前線の北側になり、晴れないものの雨は心配ないと考えていた。 しかし帰宅後に知ったのだが、前線は予想より北側に移動し、天候には恵まれない3日間となってしまった。

 湯ノ又温泉入口の国道に駐車して林道を歩き始める。 薄日がさし、少し蒸し暑い天候だった。 林道と並行する湯ノ又沢は快適そうな平滑となっていて、沢を歩きたい気分だった。 稜線までのアプローチとして沢も考えたが、時間節約のために登山道からのアプローチとした。 林道歩きを1時間ほどしてガンジャ口登山道分岐に着いた。 ここは広場となっていて数台の駐車が可能である。 登山道に入ると道は草に覆われて歩きにくい。 登山者はあまり入っていないように感じた。 時々小さな滑沢を横切るが、最初の横断で私は靴を水没させてしまった。 歩きにくい道と道を覆う笹にうんざりした頃、高松岳・虎毛山の稜線に出た。

 縦走路は少しはましな道と思っていたが、期待は裏切られてしまった。 縦走路も笹に覆われて藪のようだ。 適当な所から赤湯又沢左俣目がけて下降を開始した。 数分ですぐに沢形になり、小砂利が敷き詰められたような沢で歩きやすい。 そのうちにコンクリートのようなナメになり、下降に最適な沢と喜んだ。 小滝もいくつかあり、そのうちの一つは懸垂下降で降りた。 ゴーロとなった沢を歩くと右俣との合流点である。 下降してきた左沢より大きな沢で水が赤い。 合流点から少し下ると左岸に湯煙が見える。 平らな広場はキャンプした跡があり、背後はブクブクと温泉が湧いている。 もっとよい場所を求めて少し下ってみる。下には何箇所か温泉が出ていたが、、よい泊り場はなかった。 結局、最初の温泉地帯に戻ってテントを張った。 本流の水は温泉で飲めないが、対岸に上手い具合に小沢が流入していた。


 河原には湯船となった箇所があったが、湯が熱すぎた。 テントサイト脇の小川を少し掘って足湯とした。 足湯だけでも気持ちよい。 テントサイトは地熱で地面が熱い。 寝袋に入らないで寝たが、熱さでよく寝られなかった。 暑いので頭をテントの外に出して寝ていると雨が降ってきた。 この雨は朝まで続いた。


21日 天気:くもり一時雨
TS6:35〜8:25虎毛沢〜12:30TS(標高710m付近)

 昨日は睡眠時間3時間で東北道を走って来たので夜は熟睡できると思っていた。 それが寝苦しさで早く起きてしまった。 雨は仕度をしているうちに止んだ。 濡れたテントを短時間だが地熱地帯に広げておくと乾いてきたのには驚いた。

 赤湯又沢はほとんどゴーロの沢だった。 虎毛沢に合流する途中に一箇所だけ小さな滝があった。 2箇所目の滝が虎毛沢との合流点だった。 滝の下が深い釜となっているので、最後の滝は降りずに右岸を小さく巻いて虎毛沢に入った。 虎毛沢も最後は滝となっていて、下流には釜を持つ小さな落ち込みが連続していた。 虎毛沢に入ると赤湯又沢のゴーロから一転、広々とした小石が敷き詰められた河原が広がっていた。

 河原は川面まで樹木が迫り、水が緑を映していた。 河原を少し歩くとナメが現われた。 このナメは半分くらいが土砂で埋まっているのが残念だった。 そしてこの頃から小雨が振り出し雨具を出した。 最初は上下を着て歩いたが、暑いのですぐに下は脱いだ。

 1時間ほど河原を歩くと両岸が迫って小さな落ち込みが所々に出てきた。 滝と呼ぶには小さすぎる落ち込みだが、たいてい立派な釜を持っていた。 岩はよく洗われていてフリクションがよく効いた。 どこでも気楽に歩けるので水流の中を無造作に歩いていると岩魚が走る。 ナメで隠れる岩に乏しいので、長い時間岩魚が走るのが見えて楽しい光景だ。 一度慌てた岩魚が浅瀬に逃げ込んだので手づかみで捕まえ、今晩の食料となった。


 困難な箇所も特になかったが、記憶に残る箇所が2箇所あった。 1箇所はナメ滝の下が淵となっていて、落ち口の少し下で限界的なフリクションに頼らねばならなかった。 Fさんが時間をかけて突破して、一段上がったブッシュに捕まることに成功した。 後の二人はお助け紐のおかげで恐怖心なく突破できた。 もう1箇所は背のたたない淵の通過である。 立った岸にフリクションでは通過できずに、水中のフレークを掴んでの突破が面白かった。 雨具を着ていたが、完全に水中に没して下まで濡れてしまった。

 そしてこの沢の売りではある亀甲模様のナメが始まった。 白い岩に赤紫の描かれたような文様が美しい。 亀甲模様と言われているが、形は様々だ。 自然界の不思議を堪能できる場所である。 虎毛沢は特にナメが美しい沢と思った。 ナメばかり続くと単調さにあきてしまうのだが、この沢のナメは形状が色々あって面白い。


 ナメが終わると単調なゴーロとなった。 二俣の少し下、標高710mあたりの左岸に台地があったのでテントサイトとした。 河原から1段上がっているので水場との往復には不便だが、ブナの大木に囲まれて雰囲気はよかった。 焚き火を起こし、岩魚を焼き、米が炊けてから雨となった。 マキは濡れていたが、雨の中でもよく燃えていた。


22日 天気:雨のちくもり
TS5:45〜6:05二俣〜9:05登山道〜9:35虎毛山〜12:20登山口〜12:45R108

 小雨の中、雨具を着て出発する。 今日は長時間の東北道の運転があるので6時前という早目の出発である。 小さな滝とナメを越えると二俣である。 右俣左俣とも平凡なゴーロの沢で、左俣の方がやや水量が多いが右俣に入る。 今までのなかなか高度を稼げない沢と違って、ナメ状の小滝が連続してやっと源流に近づいた。 水流は極端に減った。 滝はややヌメリがあり慎重になった。 水が消えて、笹の中の窪を進むようになった。 地形図では登山道まで沢形が続くように読めるが、窪が消えて藪こぎとなってしまった。 適当に藪をこぐと窪に出るが、また消えてしまう、ということを何度か繰り返してやっと縦走路に飛び出した。 1日目の稜線と違ってここは登山道がはっきりしているのに安心した。


 雨の中、頂上まで行ってもただ登っただけという結果は解っているが、 ここまで来たので半ば義務感で虎毛山頂を踏みに行く。 想像したように頂上は霧で周囲の状況もよく解らない。 湿原の入口まで行って往路を戻った。 下山するころには雨がやっと止んだ。 赤倉橋への道は、上部はブナ林、下部になると檜が目立つ道で歩きやすい。 車道に出るころになって薄日がさすようになった。
(S記)

メンバー:S、F、O


感想

 沢登りは日帰りで行くことが多く、いつか2泊3日で行きたいとずっと思っていました。 今年その機会ができ、東北の癒し系の沢を満喫することができました。
 虎毛沢のナメ沢は本当に美しく、白色だけでなく赤い模様や水色、オレンジ色などカラフルで広く、 透き通った水の上を歩いていると、森の中にこんな世界があるのかと、とても不思議に感じられました。 赤湯又沢の温泉も沢のまわりあちこちで湧いていて、Fさん自作の「Fの湯」は適温で解放的な露天で癒されました。 そのほか岩魚の恵みをいただいたりと、前後に多少の藪こぎがありますが、 その中に普通の登山道では味わえない大自然を感じることができ充実した3日間でした。ありがとうございました。
(O記)