終了しました。たくさんの方にご来場頂きました!

おもいおもいに想うKOTO〜音楽と言葉〜 vol.5

 

当日の様子はこちらから

 

     

※本公演は東日本大震災の復興支援イベントとして収益金の一部を寄付いたします。

 

 

 

 

 

 

 

日時:2015年7月26日(日) 11:00〜16:00

 

会場:松尾大社 「客殿の間」

 

 

【音楽と書の演奏会】13:30開演 

<音楽>ホルンと箏の出逢い

 

ホルンの優しい音と優雅な箏の音が親しみある音楽を奏でます。「ふるさと」「花は咲く」

宮沢賢治が作詞作曲した「星めぐりの歌」など

 

【ホルン】西 陽子    【箏・20絃】中川佳代子 【17絃】市川佐代子

 

 

 

<書>みんなで音を鳴らそう!〜即興演奏にのって〜 書パフォーマンス

色々な音を出して、簡単な即興音楽に挑戦してみませんか?

何か音の出る小さなモノ(楽器も可)をご持参下さい。声や手拍子での参加もOKです。

初めての試みですが「書パフォーマンスと音楽」を一緒に楽しみましょう。

 

【書】黒田茂樹       【音楽】中川佳代子&ご来場の皆さま

                                      <15:00終演予定>

 

※定員に達しましたので締め切らせて頂きます。

★入場料 ¥1500(中学生以下無料)

開演30分前より開場、受付を開始致します。座席は自由席となっております。

(尚、定員50名に達しましたら入場を制限する場合もございますので、ご了承下さい。)

 

【チケット予約&問い合わせ下記のどちらかにお申し込みください!

 

tel&fax:075-394-5012  kayoko_kotokoto@ybb.nejp  中川まで

 

tel&fax:075-702-1712 iikinamonda@kurodashigeki.com  ギャラリーいいなもんだ

 

※メールの場合は、お名前・連絡先・人数を明記の上送信してください。

また、1週間経っても返信のない場合はお手数ですが、お電話にてお問い合わせ下さるようお願い申し上げます。

(携帯からのメールの方は、必ず上記のメールアドレスを受け取れるよう設定をお願いします)

 

 

 

                                     2012年の様子

 

 

 

 

【書・イラスト展】 作品・ポストカード・グッズなどの販売も致します。ご自由にご覧下さい

 

イラストレーター&絵本作家の国栖晶子さんの心温まるイラストと

                            黒田茂樹のちょっと顔がゆるむ書

   

    

                            

 

【会場までの交通】

 

会場:松尾大社「客殿の間」

参道を通り、鳥居を潜り抜けた右側(茶店の左の建物)

 

住所:〒616-0024 京都市西京区嵐山宮町3

交通:阪急嵐山線「松尾駅」下車

 

    京都駅→市バス28大覚寺行き 松尾大社前下車

    京都駅→京都バス73苔寺行き 松尾大社前下車

 

※無料駐車場あり※

※当日問い合わせ:080-3172-3367 黒田まで

 

 【企画運営&問い合わせ先】

中川佳代子:tel&fax:075-394-5012  kayoko_kotokoto@ybb.nejp

 

ギャラリーいいなもんだ:tel&fax:075-702-1712  iikinamonda@kurodashigeki.com 

 

後援:京都市>

 

 

                    中川佳代子(琴・三絃演奏家)

 

京都市出身。

高崎芸術短期大学音楽科卒業。同校専攻科研究科修了。

NHK邦楽技能者育成会卒業。

岩堀敬子氏、沢井忠夫氏、沢井一恵氏の各氏に師事。

‘94青山音楽賞受賞  ‘98文化庁芸術研修員認定。

‘02賢順全国琴曲コンクール最高位「賢順賞」受賞。

‘13 京都市芸術文化協会新人賞受賞。

 

海外において‘86南オーストラリア国際青年芸術祭を皮切りに

パリ・モスクワなど公演多数。

現在、現代音楽の初演・ダンス・声との即興

コーラス・オペラなど様々な場面で演奏活動を行う。

 

 

 

 

 

黒田茂樹(書家・写真家)

 

京都市出身。

20歳のときに南米への1年の旅で人生が変わる。

八ヶ岳南麓に移り住み、自然の写真を撮り始める。

‘95年より頻繁に東南アジア(特にベトナム)を訪れ、活気あふれる人々にカメラを向ける。

‘97年に絵本のような写真集「ベトナムの素」出版。

また旅や自然な生活から言葉が生まれ‘99年より「書」を始める。

楽しく書く・・「楽書らくがき」と名付ける。

‘04年、16年間過ごした八ヶ岳南麓から拠点を京都に移す。

現在は京都を拠点に各地で展覧会を開催中。

 

遊び心たっぷりの字とオリジナルの文章が人気。

また、個性的な「石のハンコ」も制作。

 

 

 

 戻る