東京楽所

東京楽所(Tokyo Gakuso) 代表:多忠輝(おおの ただあき)
株式会社AMATIプロジェクト・アーティスト

雅楽の演奏団体。1977年、宮内庁式部職楽部の楽師を主体に、選抜した民間の演奏家を加え、伝統の雅楽を芸術として演奏することを目的として結成。
これまで、国内外において数々の舞台演奏、CD発表による活動を展開し、2012年より、東京オペラシティにおいて雅楽定期公演を開始している。
東京楽所紹介ページ(創造する伝統HP)

2017年の公演予定は近日UP予定です。

2016年公演
1月16日(土) 神奈川県立音楽堂公演「日本の音でお正月!」
1月17日(日) 第8定期公演 東京オペラシティ 新春の雅楽 <舞楽 蘇莫者>
3月20日(日) 武蔵野市民文化会館大ホール 雅楽 <番舞: 蘭陵王・納曽利>
5月5日(木) 鶴岡八幡宮 菖蒲祭奉納舞楽
7月3日(日) 三重県総合文化センター『七夕の雅楽』
7月9日(土) 第9回定期公演 東京オペラシティ『七夕の雅楽』
8月7日(日) 宗像ミアーレ音楽祭プレ講座『東京楽所 雅楽鑑賞講座』
9月11日(日) こしがや能楽堂『月見の舞楽』平舞・番舞
9月25日(日) 宗像ミアーレ音楽祭2016『東京楽所 雅楽公演』
10月1日(土) 神奈川県立音楽堂 伝統音楽シリーズ『ひびき、あたらし-雅楽』
10月8日(土) レクザムホール(香川県県民ホール) 『爽秋の雅楽』

東京楽所の主なCD レコード会社 ひとこと
御遊
御慶
キングレコード 貴族社会では遊び、儀式の両面を持っていた雅楽。
その視点で選曲、凝縮され多岐に渡るシリーズ。
雅楽の世界(上)
雅楽の世界(下)
舞楽の世界
コロンビア 題名通りに雅楽の世界を網羅しているアルバム。
枚数、曲数だけではなく充実した記録的作品。
古代歌謡の世界 コロンビア 日本音楽の起源、雅楽の核を収めた画期的録音。
脈々した古代の響きがとても生々しい。
春鶯囀(しゅんのうでん) コロンビア 大曲(たいきょく)の一つ。管絃演奏の集大成。
優美な旋律とリズムからなる大作。
平安朝〜殿上人の秘曲 コロンビア 雅楽では影の存在になりがちの「琵琶」「筝」に
スポットを当てた、秘かに実験的、歴史的アルバム。
雅楽の楽器が向かっている方向を垣間見られる。
秋庭歌一具/武満徹
現代日本の音楽名盤選(10)
ビクター 作曲者、武満徹自身が監修のもと、
リアルタイムで録音された名演。
Gagaku & Beyond
Gems From Foreign Lands
Celestial Harmonies 外国のレコード会社。日本版はリリースされていない。
どちらもコンパクトに趣味の良い選曲で纏められている。

 上記他

     


Sho-window 〜笙窓〜
Copyright (C) 2012 Teruo Nozu. All rights reserved.