蓼科・八ヶ岳・清里                   TOPページへ
        
 ジネッタ合同ツーリング
               02年10月26・27日


10月25日 仕事が終ってから慌ただしく、G4を最終組立てに出かける。 そうですもう時間が無いんです 明日いや、あと10時間で
ツーリングの出発時間になってしまうんです。今夜は徹夜かなと思いつつ工場へ向かいました。そこで待っていた我がG4の姿は・・・・
カウルが着いて無い・topが着いて無い・などなどでほんとにツーリングに行けるのかなんて状態でしたが、何とか日付も変わった2時ごろ
には出来上がりこんな状態まで漕ぎ着けました。ヤレヤレ

      25日午前10時頃                  26日2時頃

何とか工場からG4を押し出しエンジンを掛け最終チェックです。水漏れは無いか、など調べていたら、ワイパーが動かない?ポジションライトが
付かない、などなどアレヤコレヤと応急処置をし時間が無いのでワイパーは動かないままで出発という事としてツーリングに行く事にしました。
リオ・ファクトリーの皆さん有難う御座いました。
急いでガソリンスタンドに行き、それから家により着替えを用意しツーリングの荷物をトランクに放り込み、もときっつあんとの。待合わせ場所の
蓮田SAに向かった時間が4時35分・・・・5時には間に合いそうに無いけど蓮田SAに向けてツーリングのスタートです。

久喜ICから東北道に入り蓮田SAに予定時間より10分遅れで到着する。まだ暗い駐車場に写真でしか見たことも無いG4が居ました。すぐ隣の場所に
自分のG4を止め横を見ると・・も・・も・・・もときっつあんが・・・・そこに居ました。  (当たり前だよ待合わせしてたんだから)
挨拶もそこそこに、お互いのクルマを見て出発する前にもときっつあんに、レインXを借りてフロントガラスに塗り、次の待合せ場所の談合坂SAに向かう
首都高に入り、ポッポッと少し雨が降ってきたが、これ位なら全然問題なく走行でき(この後今回のツーリングを暗示させる出来事が起こるとは・・・・・)
談合坂に着く、10分もせずにチョモさんがG12で到着する。もしかしたらアルファで参加なんて言ってたけど、G12にで着てくれました。
そうでなくちゃ詰まらないでしょ。ヤッパリねぇ
時間も在るので暫らく話などしているとキュウリマンさん(旧姓ジェッタさん)からрェ入り、後少しで最終集合場所に着くとの事なんでそんなに早く行くの?
まあ、ゆっくり待っててね。観光客が珍しいそうにジネッタと記念写真を撮ってるそばで、暫らく話などして次の待合せ場所の初狩PAに向かう。

        突然と室内が煙りで覆われるジネッタの小さい窓から煙モクモク慌てて路肩にG4を止めてカウルを
開けるが異常は見られない 取合えず次のPAまであと少しなので走りだすが、相変わらず煙モクモク、よく観察していると、これは多分ヒーターのホースの
緩みか、パーキングに着くなり、ヒーターのコックをプライヤーで無理やり閉める(固まっていて室内から操作出来ないから)これで今回のツーリングは・・・・
ワイパーが使えない・ヒーターが聞かない・・・雨は降りそう・・・後戻り出来ない・・・行くしかない・・・・・どうなることやら。
挨拶も碌にせずに、クルマから降りカウルに頭つ込むで作業していたのでS-shibaさんびっくりしたでしょう??  何とか、これで一安心4人で今度は東海組
の待つ集合場所までトラブルもなく行けました。ICを降りてすぐのおぎのやの駐車場で待っていたのは、キュウリマンさん、
アオスジバななさん、そしてD2菌さん
達と3台のジネッタです。もときっつあん以外皆これで2回しか合った事無いけど、なんか昔から知っている見たいです。


          
         チョモさんG12                       D2菌さん G4 オープン                S-shibaさん G4 ケント



                             
                            オール・ペンしたての我がG4 中々凛々しいです。


           
   ジェッタ改めキュウリマンさん G4           仙台からきた もときっつあん G4        アオスジバななさん G4 チューニングケント

今日はこれで全員です。前回は16台も集まったのですが、10月はあっちこっちでイベントが沢山なのでしかたないかな?でも台数が少ない分中身の
濃い集まりになりました。

キュウリマンさんを先頭に霧が峰を目指します。


あんまり、一般車をあおちゃいけませんよ。      


  ズラ〜リと並んだジネッタ
    偶にはこんなのもいいものですね。
       




                    




                 
                                  美ヶ原美術館でしたけここの場所?

                     

この後、コーヒーなど飲み一休みして外に出たら、予報どおり雨・・・・なんてこったい・・・雨か・・・・・鬱
昼食を取った処まで降りことにしたのですが、ワーパー動かず・ヒーター効かず・雨と霧で当然 前は見えまシェン・・とほほ (泣)

              

雨の中下まで降りてペンションに向かう泊まり組みと日帰り組と分かれて、一路ペンションに向かったのですが・・・・・・前見えない・・・ガラス曇る・・・・
・・・タオルで拭き・・・前見えない・・・ガラス曇る・・・・タオルで拭き・・・・前見えない・・・ガラス曇る・・・・タオルで拭き・・・・前見えない・・・ガラス曇る・・・・
・・・暗くなる・・・・・・タオルで拭き・・・・前見えない・・・ガラス曇る・・・・何回・・拭いたか判らないほど吹きまくる・・時々・・動かないスイッチを入れたり・・・
何とかペンションに到着し、ペンションのオーナーがクルマに掛けるシートを持ってきてくれたので、嬉しかったですこれで室内に雨水が入らない。
嬉しい気配りですね。感謝・感謝です。
この後、ペンションで夜遅くまで、飲みながらクルマ談義に華が咲いたのは言うまでもありません。泊まりツーリングのイイとこですね。
しかし、考えてみたら30時間も寝ずに居たなんて・・自分でも呆れます。ぐっすりと一番最後まで寝ていたのはそう・・・・私です。

そして・・・・翌日・・・・電話の音で起されました。  
      もしもし・・・・ハイ・・・え〜と・・・○○です・・・・あ・・・あっ・・・ハイ・・・そこでイイです。そこに行きますから。待っていて下さい。
当日、参加のメールを頂いた○さんでした。今日は4人で走るのかと思っていたの参加してくれる人が入るってそりゃあ、嬉しいです。
朝食をすませ、軽く車を拭き、ボツボツ出かようとしたら、何処からともなく、ウエーバーの音が段々と近づいてくる、あの色、見覚えがある。よねろうさんが
エンジンの慣らしを兼ねて参加してくれました。えらくニコヤカでエンジンも調子良さそうです。

                  

      一夜明けたら嘘のようにいい天気、今日は雨に振られ無くて済みそうであります。
                                        ワイパーの動かないクルマには何よりです。 

富士見高原スキー場の駐車場まで○さんに合いに出かけますが。そんなに朝早くから、飛ばさないで、こっちは今まで寝ていてエンジンの暖気もしてい
ないんだから、少し於いて行かれても構わずに、水温計の針が上がるまで、よねろうさんと、ゆっくりと走って行きました。

                          
      紅葉も見所です。二日目の朝  富士見高原スキー場にて                    ○さんのG4エンジンは1800のZETECですが
                                                                           他は全てG4Rと同じです。

             

   もう、誰が誰だか、分かるでしょうから、紹介はしません。顔も、判るとまずいでしょうから写真も小さめです。

○さんの道案内で清里まで移動ですが、さすがに、地元の人、渋滞もさけて、
                       楽しいワインデングロードを快適にレッドゾーン手前まで引っ張り先頭を走ってくれました。
                                   気をつけてね!  危ないから・・・・


                        

       お勧めのコースでのショットです。雲が掛かっていて山頂は見えませんでしたが・・・・いい景色でした。
                                                                 キュウリマンさんのG4の写真はオマケです。

この後、昼食を取り、またの再会を誓って各々 帰路につきました。自分はもときっつあんと佐久越えで帰る事にして、佐久方面へと行きましたが、途中
紅葉がキレイでしたね。

                                                   
           佐久IC近くのおぎのやでお土産タイム・・何にも買いませんでしたが。           信越道にて後ろのもときっつあん見えますか?


そして、この後に今回のツーリングを締め括るのに相応しい・・・・・・出来事が・・・・・
信越道も順調に進み関越道に入り少し渋滞の気配を感じたので花園ICでなく本庄・児玉ICでおりて東北道まで、もときっつあんを送っていこうとしたのですが、
本庄の街を越えた辺りで、突然、エンジンの様子がおかしい。慌てて、近くのコンビ二の駐車場へ、カウルを空けて様子を見る、エンジンの何気筒かが、爆発
していないようだが、慌てて家を出発したのでプラグレンチを忘れてきてしまい 近くのGSまで行きレンチを借りてプラグをみたが、カブってはいない、あれや
これやと診ていてもココでは、直らないと判断しこのまま、帰る事にした。・・・・・そして片肺のまま・・・・2kmぐらい走っただろうか・・・・プッとエンジンストール
あとは、惰力で路肩の広い所まで行って今回の自走でのツーリングは終わりました。
もときっつあんはまだ仙台に帰らないといけないのでココで道順を説明して分かれた。オレンジのG4が薄暗い夜道に消えて行くのを見送り。ローダーで迎えに
来てくれとリオ君の電話する。待つこと約3時間 見上げるとにもうすっかり冬の星空で寒いのなんのって、ローダーのクルマの何と暖かい事、ほんとに感謝して
います。そしてこのままG4はその日の内に緊急入院と相成りました。家に着いたのが夜中の1時30分・・・なんと1泊4日のツーリングになってしましました。
そして一週間後やっと、我がG4がガレージに帰ってきましたとさ。・・・・長かったツーリングがこれでやっと終わりました。

                    
今回、オール・ペンした序でに牽引フックを付けたのがこんなに早く使うとは誰も思って居なかったでしょうね。
                                    備えあれば何とやら・・・・皆さんも牽引フックは付けときましょう。
                                            フッ・・・疲れた・・・・でも楽しかったですね。
                                                    また、何処かにツーリングに行きましょう。





                                         TOPページへ