トップケースを作ってみました!

※鍵は要らないから、もっと簡単に取り付けたいという方は自作箱2を参考にしてみてください。

純正キャリアは外観を損ねないようにデザインされていて外観をあまり損ねません。
しかもシートとキャリアがフルフラットになるので、大きな荷物も楽々積めます。

しかし、箱をつけると思い立ったとき、小さいながらも重大な悩みが発生しました。
取付用ベースが必要な市販のトップケースだと、フルフラットになるというメリットが削がれてしまい、なにより外観を損ねてしまうのです。
ハコは必要なときだけ乗せたいが、取付ベースは勘弁したい。でも簡単に乗らなきゃ嫌!
しかもタンデムもしたいからリアシートは潰したくない。

うむ、こうなったら自作箱を作るぞ!!

色々調べた結果、悪名高き「2ちゃんねるバイク板トップケース/パニア ハコ物総合スレッド」でアイデアを頂きました。
(アイデア提供:赤飯缶詰氏)



<基本原理>

これは箱を左側から見た概念図です。
青がバイクのキャリア、黒が箱、赤が金具、茶は「はいれーぬ」のレール、緑は「はいれーぬ」のカギ。
「はいれーぬ」のカギ部分(緑)はレール(茶)に沿って動かすことができます

バイクのキャリアへの取り付け方:
 1、はいれーぬの鍵(緑)を外しておく。
 2、金具(赤)をキャリア(青)に引っ掛ける。
 3、再びはいれーぬの鍵(緑)を付ける。
つまり、ハコをキャリアにスライドさせればワンタッチで着脱できるのです。
このようにして、キャリア側の加工は不要になったわけです。



<実際に作ってみましょう>

<材料>
アイリスオーヤマの箱
 耐荷重80キロで、キャンプの際、踏み台・椅子、テーブル代わりになる。(1000円くらい)
「はいれーぬ」カギ付き:(1500円くらい)
4mm厚のベニア板:200円くらい
モトブレイズ製LEDストップランプ(無線でブレーキランプと連動して点灯。2000円くらい)
その他 金具・ネジ・フック・ゴム等:2500円くらい
ステッカー:適宜

※はいれーぬ・箱・ベニア等に穴を開ける手段が無い方へ。
 ホームセンターによっては、穴あけ加工をしてくれることがあります。
 諦める前に、箱や金具を買った店に一度ご相談してみてはいかがでしょうか。


<作りかた>


自作のハコの裏側です。(キャリアをつけてます)
このキャリアは曲面で構成され、微妙に段差があり、しかもリアカウルとの隙間が殆どないので、神経を使いました。

・金具がリアカウルに干渉しないよう、また走行中、前後左右にブレぶれないよう、取付箇所の選定は慎重に行います。
・キャリアとハコの段差を解消するためのゴムを貼り付けました。
・画面右中段の「はいれーぬ」の取り付けにはゴムのスペーサーを入れて、キャリアとの段差を調整しました。
・ハコの底にデコボコがありますが、金具やゴムが浮かないように、取付箇所のデコボコは削ります。
・金具とハコの間にはゴムを挟んで振動と水の浸入を防ぎます。
・金具とキャリアが当たるところにはゴムを噛ませてカチカチ音を除きます。
・椅子として使った場合に取付金具を傷つけてしまうので、四隅に脚を付けました。

《追加分》


キャリアとハコの段差を解消するために付けていたゴムに荷重が集中するらしく、いつの間にか外れてしまいました。
そして外れたあと、周期的な揺れが発生してしまいました。
そこで、ハコを面で支えるようにゴムを大きくし、ビス止めして取付強度を上げ、またこれにより、キャリアのパイプで広く支えられるようなり、金物への荷重の集中を防ぐことができるようになりました。
これらの改善により揺れは起きなくなりました。





「はいれーぬ」をこのように使って固定します。ズレを防ぐだけなので、強度的には全く問題ありません。





箱の内側の補強には、当初アルミの棒状の板を想定していたのですが、キャリアが狭く一部に荷重がかかりすぎる恐れがあったので、ベニア板に変更しました。この上にゴムのシートを敷いて荷物の暴れを抑えます。





蓋には金具を付けて紐で縛れるようにしました。テントやマット等を簡単に取り付けることができます。




蓋にカギをつけ、更にLEDストップランプ(ブレーキランプから無線で飛ばすやつ)を取り付けました。






取付けた後、ガタツキの点検やシートの開閉が可能かを確認し、最後に反射板やステッカーをつけて完成です。


<総括>
バイク側の加工なし・取付ベース無しでもワンタッチ着脱・強度十分・本体と蓋にカギ・ハイマウントストップランプ・蓋の上にも積める・ハコは椅子代わりにもなる・・・・。
もはや市販品を越えていますね (^0_0^)
YAMAHA純正ステッカーを貼ったら、箱まで純正に見えるような気がしませんか?
タンデマーにも安心できると好評です。

組み立てていくうちに、当初予定していた金具が合わなかったり使わなかったりして、予算を少々オーバーしてしまいました。
最初の試行錯誤はしょうがないのかなぁ。
次に大きなハコを作るときにはきっと役立つことでしょう。

最後に改めて、アイデアをくれた赤飯缶詰氏に感謝いたします


自作箱2へ

バイク盆栽に戻

HOMEに戻る