サンルーフ取り付け
前々から付けたいと思っていたサンルーフ、9万円前後する物なので中々手が出せない・・・が!オークションで後付けのサンルーフを発見!安く出品されていたので購入することができましたv(=∩_∩=)

まずは作動確認・・・・・・・・・・問題なし!
取説を熟読し頭の中で取り付けのイメトレ・・・次に車本体の取り付け部分の状況を確認・・・でまたイメトレ・・・この繰り返し・・・そう!失敗はできない・・・絶対に!
慎重に自分と相談する・・・取り付け場所はココでいいのか?・・・ココにするとメンバーに当たらないか?・・・・前過ぎやしないか?・・・
屋根と車の中を行ったり来たり・・・慎重に慎重を重ね取り付け位置を検討した!

このプレスラインが無ければこんなに悩むこともないのに・・・
しばらく天井さんはココにいることになるだろう・・・心配するな!君にも出番はある(笑)

さて、位置も決まったし作業を進めるか!
パッケージの中の型紙をカットし・・・取り付け部分に貼り付け・・・型紙周辺をマーキングします・・・真剣に作業してまして・・・画像がありません(トホホ)
なので・・・いきなり養生の画像です・・・切りカスが残ると錆が出ますからね〜・・・養生は やり過ぎに越したことはありません!
次の工程はルーフカットです・・・養生テープの間を切り抜きます・・・え?わかりにくい?
もちろん車内の養生もバッチリです!
さぁ!いよいよカットです・・・私はジグソーを使いました・・・自慢じゃありませんがジグソー初体験です・・・エアソーは使ったことあるけどネ・・・
このためにジグソーを購入したんです・・・レーザーでカット位置が確認できます・・・使い方が悪いのかレーザーは全然あてになりません・・・とにかく マーキングしたラインを慎重にカットします・・・始めてのジグソー・・・そして始めての第一コーナーです・・・真っ直ぐ行ったら人生オシマイです・・・キターッ
第一コーナー・・・第二コーナー・・・そしてストレートを半分過ぎた所で・・・振動防止と・・・全て切り終わった時の・・・カットしたルーフの落下防止に・・・コンパネを差込みます・・・後は 第三コーナーと・・・最終コーナーを曲がり・・・ホームストレートを一気に駆け抜けるのみ・・・
ふぅ〜〜〜っ・・・・レース終了です・・・ある程度の鉄粉を養生テープでペタペタと除去・・・養生を外します・・・見事カット完了・・・自分で自分を誉めたくなる・・・いや!誉めた・・・既にこの時点でかなりの達成感があります・・・まだまだ作業があるのに(笑)
車内から覗きます・・・あ〜あ とうとう切っちゃったよ・・・な〜んてな!
さて・・・切断面はバリがあるので・・・ヤスリでキレイに削り・・・タッチペンで塗装します・・・
塗装が乾燥したら・・・運命の瞬間・・・サンルーフ本体を・・・カットした・・・穴に・・・入れます・・・

するとどうでしょう・・・見事なまでに収まったサンルーフ・・・まるで元々付いていたかのような姿です・・・
さて・・・ここからが問題です・・・この凸凹した屋根に・・・サンルーフ本体をフィットさせなければ・・・まずは仮に締め付けてみる・・・すると・・・凸凹屋根が押し潰され・・・力の掛かっていない所が歪みます・・・
そこで歪み防止に・・・アルミで部品を作った・・・屋根と屋根裏の・・・本体が屋根の鉄板に触れていない部分に入れ込みます・・・

そして・・・本来ならコーキングは要らない商品ですが・・・付かない物に付けたので・・・コーキングが必要になってきます・・・一番安心なのは・・・ルーフを平らに板金してしまえば・・・このような作業は しなくて済みます・・・でも板金となると高くつきますがネ・・・

月に1回乗るか乗らないか・・・屋根付き車庫保管・・・なので コーキングの劣化の心配はないだろう・・・と言う判断です・・・
お次はモーターの取り付けと配線です・・・が、画像がありません・・・

配線が完了したらトリムシェルを取り付けます・・・屋根に凸凹があるためそのままでは付きません・・・多少加工してカチッとはまりました!
凸凹部分はもちろん、念のため周囲をコーキングしました!
黒のコーキングです!
コーキングが固まり 試運転してみました!

チルト全開!!!
チョイ別角度!
そしてフルオープンです!
車内から見たフルオープン・・・
サンルーフ本体がガッチリ付いて、残るは天井の処理です!

初のサンルーフ取り付けで『トリムシェル巻き込み仕上』に挑戦!
一人作業なので写真が撮れませんでした(^^;)
『トリムシェル巻き込み仕上』については、レアバリュージャパンさんのHPを参照してください http://www.rarevalue.com/sunroof/professional_sunroof.html
レアバリュージャパンさんのHPにある
取り外したルーフライニングの裏側に車内側テンプレートのカットラインを合わせ、ルーフライニングの巻き込む部分を残す為にトリムシェルの幅を残して少し小さめに四角くカットします。
・・・の作業が完了したところです!
次に・・・
生地のみを残して車内側テンプレートに合わせてルーフライニングをカットします。・・・・が完了!
表側はこんな感じ!生地に穴が開くことなくできました(^^)v
天井を取り付け・・・・
トリムシェルの黒い部分とグレーの部分の境目の溝に布を巻き込んで行く。
硬めの金属ヘラを使いました。
巻き込み完了です!
サンシェードを閉めてみた!
純正のような仕上がりにうっとり(ー。ー)
これで完成でもいいのですが、トリムシェル巻込み仕上用フィニッシャーも取り付けました↓ http://www.rarevalue.com/sunroof/professional_sunroof.html
隙間にはめ込むだけの簡単な作業です!
画像ではわかりにくいですが、より一層純正の感じがアップしました。