*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*

 

2004年8月8日

 

コクシジウム10日分の薬と

 

ゲリピーで我が家へ来た

 

キキとサラ

 

 

 

 

目やに くしゃみが

 

酷かったのと

 

健康診断

 

コクシジウムの相談もかねて

 

 

近くの病院へ

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

8月15日朝

 

ど‥どちらさまデスカ?

 

というほど

 

キキの顔が腫れる

 

猫風邪発症で

 

咽喉が腫れていたらしい‥

 

 

 

 

 

 

 

それにしても

  

瞳の大きな

 

小さく愛らしいお顔が

 

一夜で

 

 

 

 

 

 

ポンデライオン

 

 

 

 

 

 

のような

 

愛嬌のある顔になるなんて

 

ほんとうに

 

びっくりしました

 

 

 

 

 

 

 

インターキャット(!)の皮下注射

 

インターキャット入り眼薬

 

抗生剤

 

コクシジウムの薬

 

整腸剤

 

ゲリピー止め‥

 

 

 

 

 

 

 

 

小さなカラダにこんなにも‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 *……………………*

 

 

 

 

 

 

そんな不安な中

 

9月15日

 

夜中から朝までに

 

サラ10回!

 

キキ13回!!

 

小さなカラダで吐きまくりました

 

(それまでも吐いていて、獣医さんに相談

 

をしていたので数えるわたし‥)

 

 

 

 

 

 

支えていないと

 

後ろに飛んでいきそうになる

 

凄まじい吐き方

 

 

 

 

 

 

苦しそう

 

死んでしまう‥

 

 

 

 

 

 

 

 

不安でたまらない一夜を過ごし病院へ

 

 

 

 

 

 

 

 

原因かもしれない

 

抗生剤を一時やめる

 

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

目もゲリピーも

 

よくならないまま

 

 

10月17日

 

 

キキからカイチュウ

 

 

 

 

 

 

 

びよよょぉ〜〜〜ん!キャー!!

 

 

 

 

 

 

 

サラも一緒に

 

駆虫剤投与

 

 

 

 

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

 

そういえば‥

 

 

 

キキサラと暮らしていきたい!

 

 

そう決めたときの私は

 

 

かわいいふたりに

 

 

舞い上がり

 

 

 

自らひきうけた

 

 

 

小さな命の責任に興奮し

 

 

 

 

 

 

明日からのことばかり考え

 

 

キキサラが

 

 

どんな過程でそこにいたのかという

 

 

疑問さえ浮かびませんでした

 

 

 

 

 

「 この仔猫はオナカに虫が…」

 

 

言われた時点で

 

 

野良猫さんだったのね‥

 

 

と思い込んでしまっていました

 

 

 

 

 

何ヶ月も経ったある日‥

 

 

ふと

 

 

4月16日の誕生日が本当なら

 

 

 

親猫は家猫さんだったのかな…

 

 

 

 

なんて疑問が…

 

 

 

 

 

でもでも

 

 

 

 

忙し方たちに今さら聞けないわ‥

 

 

 

 

そんな記録なんてないかもしれないし‥

 

 

 

 

電話苦手だし‥

 

 

 

 

 

私たちとキキサラ

 

 

 

 

運命の出会いまでの

 

 

 

 

ドラマチックな

 

 

 

空想にふける日々が

 

 

 

しばらくつづいた‥*

 

 

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

その2日後

 

キキの元気が少しないように感じ

 

 

 

 

11月9日

 

左手を浮かせて座っている

 

キキがいました

 

 

レントゲンは異常なし

 

鎮痛剤2日分

 

 

 

 

10日後

 

キキの

 

肝臓が肥大していると‥

 

 

血液検査

 

ALKP ALT AST

 

が非常に高く

 

 

 

肝臓薬

 

 

 

 

 *……………………*

 

 

サラは

 

ブドウ球菌に右目を犯され

 

白く濁る‥!!

 

ステロイド9日

 

 抗生物質6日

 

で、すっかりキレイな目に♪

 

 

でも何度かぶり返す

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

12月に入り

 

キキびっこをひくようになる

 

 

右手をつかないで

 

歩く

 

さわると痛がるも

 

右手で遊ぶし 爪とぎもする‥

 

なんとも不思議でしかたない…

 

 

 

 

 

12月3日

 

X線検査

 

首の骨にある隙間が

 

犬にみられる環軸?という

 

病気ににているらしい

 

でも猫にはないハズ‥

 

 

 

ビタミン、ステロイド3日分

 

 

 

 

 

 

6日

 

キキ 両手を浮かしている!

 

 

 

オーマイガ‥

 

 

 

7日

 

元気がなく

 

なんとか歩き砂をかく‥

 

 

8日

 

鎮痛剤

 

 

 

 

10日

 

サラ 避妊手術

 

 

 

 

キキはその後も

 

血液検査をくりかえし

 

 

 

 

 

1月6日

 

さらに元気がないと思ったら

 

基準値12〜130のALTが 

 

500以上にもなっていました

 

 

 

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

 

 

その後

 

びっこをひく足も

 

右足だったり

 

どの足なのかわからないことも‥

 

 

 

3月には

 

関節炎のサプリメントも飲み始め

 

 

 

 

 

 

少し良くなったり

 

悪くなったりと

 

2005年6月までつづいていた症状

 

 

 

 

*……………………*

 

 

 

5月

 

紹介された大学病院でも

 

多発性関節炎と診断され

 

 

 

 

 

 

本格的にステロイド治療

 

 

 

 

 

 

 

最初は大目のステロイドを投与し

 

 

様子をみながら

 

じょじょに量を減らし

 

調子のよくなる

 

ギリギリの量を見つけ

 

飲み続けていくというものでした

 

 

 

 

 

‥‥

 

 

 

 

 

 

 

ステロイド治療の一日目は

 

 

怖いくらい調子がよくなり

 

 

元気すぎ 暴れすぎと

 

 

メモしてある

 

 

 

 

 

元気はよくても

 

 

びっこをひき痛そうに

 

 

しているキキがいる

 

 

 

 *……………………*

 

 

 

 

 

 

ところが!

 

 

 

 

 

お年頃になり

 

 

さらにイライラしだしたキキ

 

 

重なるストレス

 

 

 

 

メリット デメリット

 

 

 

 

考えて

 

 

 

考えて

 

 

 

考えて‥

 

 

 

 

調子のいいときを見計らい

 

 

6月末

 

 

思いきって

 

 

避妊手術

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

 

私が

 

 

考えて考えて考えてしたことって

 

 

 

裏目にでることが多い

 

 

でも

 

 

 

術後の

 

 

血液の数値は平常値になり

 

 

びっこもなくなり

 

 

もしかしてと

 

 

ステロイドを止めてみるも

 

 

2回つづけて血液が平常値!

 

 

 

 

 

 

ヤッタ〜☆・゚:*

 

 

 

 

 

 

 

本当に本当に嬉しかった

 

 

 

 

 

治療を終えることができるなんて!

 

 

 

 

*……………………* 

 

 

 

ステロイド治療の結果が

 

ちょうど出たのかもしれない

 

獣医さんはそうおっしゃっていました

 

ありがとうございました

 

本当にお世話になりました

 

 

 

*……………………*

 

 

 

 

慢性化してしまったのかもと

 

諦めかけていた

 

ふたりのゲリピーも

 

食事療法などしながら

 

1歳を過ぎるころには

 

少しずつ良くなっていったのでした

 

 

 

 

*……………………*

  

 

closed

*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*:..。*