二俣川スペシャル
二俣川を本気で(?)有名にするスペシャル企画!!

<甘いものが食べたい・・・シリーズ⑦> パティスリーギーのゴマプリン
ゴマプリン  このコーナーではもはやおなじみ(?)の「あさひの逸品」から、パティスリーギーの「ゴマプリン」をご紹介します。
 さちが丘の住宅地内に、白い小さなお店があります。年配のご夫婦で経営されているお店らしく、この日は奥さんがお店に出ていました。さっそくお目当てのゴマプリンを注文すると、容器からの出し方を、つまようじを使って丁寧に説明してくれました。で、教えていただいた通りに出したプリンが右の写真なのですが……ごめんなさい、うまく出せずにグズグズになってしまいました…(泣)。
 壁に貼ってあった雑誌の記事を読んでみると、ご主人は38年間、日産自動車の技術畑で働いてきた人らしく、10年ほど前にサラリーマンを辞めて、ケーキ屋を始めたそうです。
 なんだ、ケーキ一筋じゃないのか、などと思ってしまうかも知れませんが、ゴマプリンの味は、濃厚なゴマの味と、苦めのカラメルソースがよく合って、とても美味しかったです。個人的には、このシリーズで一番にしたいぐらい。考えてみれば、自動車もケーキ作りも、職人的な仕事という面では一緒ですもんね(違うか?)。

 「甘い物シリーズ」は今回でひとまず終了とします。おいしいお店がありましたら、引き続き情報お待ちしております。ありがとうございました。

<行き方>  二俣川駅南口を出てまっすぐ歩き、万騎が原商店街の手前で右折します。左手にアパート群を見ながらしばらく歩くと、道が3つに分かれます。真ん中の細い道を進み、パティスリーギーの電柱看板がある所で右折。すぐ左手にお店があります。

※ 2005年6月に、この店舗は閉店しました。
(2004年3月28日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ⑥> 菓匠 寿々木の低カロリー和菓子&献上銘菓
低カロリー和菓子  糖尿病の人でも食べられる「低カロリー和菓子」がある…という情報を耳にしました。私は糖尿病ではありませんが、甘いものは大好きなので、ちょっとこれは気になる。そんなわけで、休みの日にトコトコ歩いて、南本宿町にあるお店まで行ってきました(ご隠居みたいな生活を送ってるなあ…)。
 ショーケースには、低カロリー和菓子のほか、いちご大福&生クリームの新作和菓子、生チョコ餅、明治神宮献上の銘菓などが並んでいて、どれにしようか目移り状態。悩んだ挙句、低カロリー和菓子から「利休饅頭」と「わらび餅」、献上銘菓から「子持最中」と「一つ栗」を選びました。(しつこく悩んでる間に、梅こんぶ茶を入れていただきました。ありがとうございます)
 低カロリー和菓子は、地方発送もしているとの事で、冷凍されています。家に着く頃には、ちょうどよく解凍されていました。低カロリー食品と言うと、なんだかあまり美味しくないんじゃないか、というイメージがありますが、そんな事はありません。ちょうどいい甘さで、美味しかったです。
 この低カロリー和菓子、いただいたリーフレットによると、カロリー30%カット、しかもレタス1~2個分の食物繊維の配合により、血糖値の急激な上昇も抑制できるというすぐれモノだそうです。参考に、カロリー表(右上)を掲載しておきます。

献上銘菓  2種類の献上銘菓は、どちらも栗入り。写真(左)のとおり、見た目もかわいいです。なんで旭区にある店が明治神宮に献上?と疑問に思ってホームページを調べてみると、原宿店もあるんですね(戸塚ではなくて東京の原宿ですよ)。でも、本店はこちらの南本宿店のようです。

<行き方>  駅からはやや遠いですが、南口を出てまっすぐ歩き、万騎が原の商店街の手前で左折。万騎が原中学校や南本宿公園、南本宿小学校を通り過ぎ、南本宿交差点を左折します。あとは歩いてすぐ、道路の右側にあります。
 バスで行くこともできますが(左近山or東戸塚行き、本宿会館前下車すぐ)、南本宿公園やこども自然公園といった公園が近くにありますので、散歩を兼ねて公園で和菓子…なんてどうでしょう。
(2004年2月21日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ⑤> 温故知新のチーズケーキ
チーズケーキ  久々の更新です。掲示板への書き込み情報をもとに、二俣川フォルテ商店街にある喫茶店「温故知新」へ行ってまいりました!なんかテレビ番組の取材みたいで、楽しいなあ・・・と言いたいところですが、初めて入る店というだけでもドキドキする小心者の私、大手を振って取材などとてもできません。ましてや、ラーメン屋の頑固親父みたいなマスターで、ホームページに載せるとでも言おうものなら「ふざけんじゃねえ、帰れ帰れ」などと塩をまかれたりしたらどうしよう・・・(以下、妄想続く)。そんなわけで、友人と一緒に、コソコソと(?)潜入取材してきたのでした。

温故知新看板  店の中は、小さいけれど木目調で落ち着いた雰囲気。棚には昔のスポーツ雑誌などが飾られていました。テラス席もあったけど、ちょっと寒いので室内のテーブル席に座る。私はチーズケーキとコーヒー、友人は日替わりケーキ(この日はガトー・オ・マロン)とココアを注文。
 残念ながら私はコーヒーの味には詳しくないのですが、手作りチーズケーキがおいしかったのは確か。200円は安いです。
 訪れたのは日曜日の午後3時過ぎ頃ですが、入れ替わり立ち代わりお客さんがやって来ていました。みなさん、顔なじみの常連さんたちの様子。
 会計を済ます際に、意を決してマスターに声を掛けてみました。このホームページに「おいしい」という書き込みがあった、という事を伝えると、マスターは「そんな、大したもんじゃないんですが」と恐縮されるので、「こちらこそ、大したホームページじゃないんです、ぜんぜん・・・」と謝りたい気分になってしまいました。
 決して愛想がいいというわけじゃないけど、どこか優しさを感じるご主人でした。常連さんたちが集まるのが分かるような気がします。

<行き方>  二俣川駅北口商店街「フォルテ」内、シャープ(#)通り。駅から歩いて5分ほど。
(2004年2月4日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ④> 盛光堂の茶まんじゅう
茶まんじゅう  今回は駅からやや遠いですが、おいしい和菓子屋があると聞いたので、ご紹介します。
 店の名前は「盛光堂」。本店は弘明寺にあるそうですが、先代の兄弟弟子、内弟子が開業した店舗が横浜に10店舗ほどあるとのことで(盛光堂総本舗ホームページより)、二俣川にあるのも、それらの店舗のうちの一つのようです。相鉄沿線では、他に和田町や天王町にも出店しています。

 さて、二俣川(所在地は中尾2丁目)の盛光堂、ここの「ごまだんご」が、旭区役所認定「平成14年度あさひの逸品」に選ばれているとのこと。となれば、先日(シリーズ②)ご紹介した「二俣川太鼓」に続き、あさひの逸品2品目制覇、といきたいと思い、日曜日の午後、トコトコ歩いていったのでした。
 ところが、店に着いたのは3時前頃だったのですが、なんとごまだんごを含め、だんごは全て売り切れ。仕方なく、唯一売れ残っていた「茶まんじゅう」を買って帰ってきました。
 そんなわけで、今回ご紹介するのはごまだんごでは無く、茶まんじゅうです…。いや、でも、この茶まんじゅうだって、皮もあんもしっとりしていて、とっても美味しい。個人的に「あさひの逸品」に認定したいぐらいです。でもごまだんごも食べたかった…

<行き方>  二俣川駅北口を出て、試験場通りをひたすらまっすぐ、試験場を通り過ぎて住宅地の中に入ってもさらにまっすぐ歩いていくと、突き当たりにそば屋があるので、そこを右に曲がってすぐの所にあります。駅から歩いて30分弱ぐらい。
 そんなに歩けないわ、という人は北口から相鉄バスの試験場循環線に乗って中尾町で下車。そこから歩いて7,8分です。  
(2003年11月16日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ③> 横浜くりこ庵のたいやき
たいやき  グリーングリーン地下1階のエスカレーター脇。以前はここに「黄金焼」のお店があって、小さい頃はよく食べたような気がします。黄金焼といってもピンとこない方が多いと思いますが、一般的に言う今川焼です。二俣川駅の新駅舎ができた頃か、記憶は定かではありませんが、気付いたら無くなっていました。(先日上大岡の京急百貨店へ行ったら、地下の食料品売場に黄金焼の店があったので、無くなったのは二俣川店だけのようです)
 そして気付いたら、同じ場所にこの「くりこ庵」がオープンしていたのでした。
 今回はこのホームページのために、くりこ庵のたいやきに初挑戦!期間限定の「紫芋あんたいやき」にも惹かれたのですが、ここはオーソドックスに小倉あんとクリームの2種類を購入。値段は1個100円也。
 調べてみたところ、この「くりこ庵」、二俣川のみならず、町田や立川、さらには大宮の駅ビルなどにも出店しているようで、横浜地区限定ではなく、「横浜」ブランドを名乗って近県にチェーン展開している店のようです。肝心のたいやきはと言うと、あんこもクリームもぎっしりで、かなりのボリューム。空腹の中高生にはお勧めかも。2個食べたら苦しかった。

<行き方>  二俣川駅南口の駅ビル「グリーングリーン」内、地下1階エスカレーター脇にあります。改札口と同じフロアです。

※ 2004年11月現在、この店舗はすでに閉店しています。  
(2003年11月3日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ②> 和菓子いしかわ 『二俣川太鼓』
二俣川太鼓  突然、和菓子が食べたくてしょうがなくなる時って、無いでしょうか。無い、と言われると困るんだけど。
 そんな時、気軽に和菓子が食べられて、お茶なんか飲める店があるといいなあ、と思うんですけど、無いですよねえ…。こんなにファーストフードやコーヒーショップは全盛なのに。なんででしょう。
 と言うわけで、近所のお店で和菓子を買って、家に帰って自分でお茶を入れて食べるしかないのです。気分はほとんどご隠居です。

 前置きが長くなりましたが…。二俣川フォルテにある「和菓子 いしかわ」。二俣川名物『重忠最中』(二俣川で戦死した鎌倉時代の武将、畠山重忠にちなむ)を販売していた「信月堂本舗」が休業してしまったので、北口近辺で唯一の和菓子屋です。
 せっかくだから「重忠最中に代わる二俣川名物を探そう!」と思い、いしかわの店内を覗くと…。ありました!『二俣川太鼓』。
 まあ、見てのとおり、普通のどら焼きです。でも、甘さ控えめで、おいしかったです。ちなみにこの二俣川太鼓、旭区役所によって平成13年度「あさひの逸品」に指定されているそうです(旭区役所ホームページ参照)。
 さて、次回はどのお店かな? 楽しみにまっててね~(ドラえもん)

<行き方>  二俣川駅北口を出て歩いて3分ほど、商店街「二俣川フォルテ」内にあります。長崎屋の1階出口を出て商店街に入ってすぐ、ミニストップ(旧東京相和銀行)の向かい側です。

※ 2005年3月に、この店舗は閉店しました。
(2003年10月19日)
  

<甘いものが食べたい・・・シリーズ①> フレッシュベーカリーのチーズケーキ
チーズケーキ  このコーナーでは二俣川にある甘いもののお店を紹介してまいります。ご紹介するお店には、特に取材許可などは取っておりません。管理人の嗜好にのみ基づいておりますので、ご了承ください…。

 一回目の今回は、試験場通りにあるパン屋さん「フレッシュベーカリー」をご紹介します。
 ここのお店、パンもおいしいのですが、チーズケーキが特におすすめです。レア、と言っても足りないぐらいのフワフワの舌ざわりで、昔から全く変わらない素朴な味です。東京のほうの有名なケーキ屋などで食べ慣れた人には物足りないかも知れないですけど、この素朴さが好きなんだあー(個人的に)。
 値段も250円と控え目なのがうれしい。一度、300円に値上げしたような気がしますが、すぐに250円に戻りました。売れなかったのでしょうか…?

<行き方>  二俣川駅北口を出て、試験場通り(長崎屋のある通り)を運転試験場方面に6~7分ほど歩き、セブンイレブンをちょっと過ぎたあたりに、右手に見えます。軒先に青いキャンバスの屋根がかかっているのが目印です。
(2003年10月4日)