プロフィール

TOPICS

絵本

イラスト

絵画

童話

こぎつね文庫

 

 

 

🌖”絵本男” 二見正直です🌒

 

「夢物語」という言葉がありますが、

「現実物語」とは言いません。

このことから分かるように、

「夢」と「物語」はつながっています。

「夢」さえあれば「物語」は、

いくらでも生成することができるのです。

でも多くの人は、

「現実は現実であり、夢は夢である」と、

考えています。

ところが私にとっては正反対で、

「現実こそ夢であり、夢こそ現実である」と

考えています。

だから私は物語をつくることが

できるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 TOPICS

 

 

スマホで気軽に読める”無料絵本”

YouTube配信をスタートました!

 

・くろねこのニャンデ1章1「にゃんで キャベツに あな あいてるの?」

・くろねこのニャンデ1章2「キャベツに うんち してみよう」

・くろねこのニャンデ1章3「にゃんで キャベツは あめが うれしいの?」

 

この作品を愛する地球—mother earth—に捧げます

たくさんの方に読んでほしいので、

シェア、宣伝、拡散希望です!!

 

 

 

 

ブログ

”絵本男”二見正直です

絵本作家、だけにとどまらない人

をときどき更新中です♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二見正直<ふたみまさなお>プロフィール

 

絵本作家(だけにとどまらない人)
現在一児の父。

 

1978年 福岡県に生まれる。

1998年 ユリ・シュルヴィッツ作『ゆき』に出会う。

一読、魂を動かされ、

その日から絵本創作を始める。
同年 東京工業大学を中退。

アルバイトをしながら絵本創作に専念する。
高橋宏幸氏に師事し、

年2回グループ展を開催、作品を発表。

2003年『もっとおおきなたいほうを』(福音館書店)でデビュー。
2006年 結婚。第一子誕生。子育てに力をそそぐ。
この頃、

小学生の時不登校であった原因を初めて知り、

自らの創作の原動力について気づく。

2010年「二見正直 創作絵本と原画展その1」(東京神田・檜画廊)

同年 より良い創作環境、子育て環境を求めて

長野県長和町学者村に転居。

2011年「二見正直 創作絵本と原画展その2」(東京神田・檜画廊)
2012年「ふたりの『はじめまして』展」

(本山理咲との二人展、於長野県長和町・菜の花館)
同年 長和町学者村にて、

子ども向け私設図書館「こぎつね文庫」を開館する
2013年「ふたりの『おかげさまで』展」

(本山理咲との二人展、於長野県長和町・菜の花館)
2014年「ふたりの『げんきにやってます』展」

(本山理咲との二人展、於長野県長和町・菜の花館)
2015年「ふたりの『のりこえています』展」

(本山理咲との二人展、於長野県長和町・菜の花館)

2016年4月 三重県伊勢市に転居。「絵本男」となる。

目下新テーマで制作中!

 

*** ***

小学生の一時期、

私はいつも不安でした。

不登校にもなりました。

私がそれをのりこえられたのは、

母とのぬくもりを得たからでした。

「元気をとりもどす」ということは、

どういうことでしょうか?

私の絵本製作がどなたかの元気になる。

そう信じております。

 

 

お仕事のご依頼、

お問い合わせ、

サイン本のご購入は

お宛名・イラスト入)

 

こちらのメールまで
masanaofutami*ybb.ne.jp

(*を@に直してください)

 

 

WORKS―絵本―

 

『あなのはなし

ミラン・マラリークさく

間崎ルリ子やく

二見正直え・あな

偕成社 刊 
 偕成社HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

ある日、ぶらりとでかけた靴下のあな。

とちゅうで4人のなかまに出会います。

「どこへいくの?」

「べつにどこへも。ただ、よのなかをみたいとおもってね」

「じゃあいっしょにいらっしゃいよ」

こうしてどんどん歩くうちに、あなとなかまは一軒の小屋を見つけます。

みんなが休んだその小屋で…

 

半世紀にわたり語り継がれてきたチェコのお話が、

あなあきの絵本になりました!

二見は絵とあなを担当。

耳で聞くおはなしとして「知ってるよ」という方も多いと思いますが、

そんな方にも新しい楽しみを味わっていただけるよう知恵をしぼりました。

間崎ルリ子さんの新訳にも注目です。

ぜひお手にとってご覧ください。(そうでないと分かりません!)

 

 

『チョーシンくんのだいぼうけん』

 作・絵:二見正直

 偕成社 刊
 2014年「神奈川県・夏のすいせん図書
読書感想文コンクール」課題図書

 偕成社HPはこちら  Amazon購入ページはあちら

 

「ぼく とけいのはりなんて やめて、ちがうものに なるよ」

そういって あるあさ はるこちゃんちの とけいを とびだした

チョーシンくん。

そとのせかいで みつけたものは

いったい なんだったのでしょうか。

 

 

『こぎつねトンちゃんきしゃにのる』

 二見正直 作

教育画劇 刊
 教育画劇HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

とある村に初めて汽車が走ったときのおはなし。

こぎつねのトンちゃんは人間に化けて、

汽車にのせてもらえたのですが…

 

 

『でんしゃだって…』

 二見正直 作

ブロンズ新社 刊
 ブロンズ新社HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

おやすみの日のでんしゃくんたち、

なんだかとってもうれしそう。

きみどりくんも、しろあおくんも、みんなそろって....

 

 

『もっとおおきな たいほうを』

 二見正直 作

 福音館書店 刊
 第三回子どもの絵本大賞in九州ランクイン

第一回リブロ絵本大賞ランクイン
第三回MOE絵本屋さん大賞ランクイン

平成22年度埼玉県推奨図書
福音館書店HPはこちら  Amazon購入ページはあちら

 

王様は魚をとっていたキツネを、

大砲をうって追い払いました。

ところがキツネはもっとおおきな大砲をもってきて…

 

 

『えんまのはいしゃ』

 くすのきしげのり 文

 二見正直 絵 

 偕成社 刊

定価 1,296円

 偕成社HPはこちら  Amazon購入ページはあちら

 

「将棋ばかりして怠けていたな!」

いいかげんな治療をえんま様に怒られた

「天下一の歯医者」のお話

痛くて笑っちゃう絵本です。

 

『いちご電鉄ケーキ線』

 二見正直 作

 PHP研究所 刊 

 
 PHP研究所HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

いちご電鉄ケーキ線が出発しました。

最初の駅は「スポンジえき」。

スポンジのタネを型に流し入れて、

オーブンで焼きながら進みます。

 

おとうさんとぼくのえほん

『しゅっぽーしゅっぽー』 

 二見正直 さく 

 偕成社 刊 
 偕成社HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

小さな汽車が走ります

「しゅっぽーしゅっぽー うんてんだ」

くぐったトンネルをよく見てみると…

お父さんと楽しめる幼児絵本。

 

おとうさんとぼくのえほん

『ぱたたんぱたたん』 

 二見正直 さく 

 偕成社 刊 

 偕成社HPはこちら  Amazon購入ページはあちら

 

ヘリコプターが飛び立ちます

「ぱたたんぱたたん ぼうけんだ」

山の頂上で見えてきたのは…

お父さんと楽しめる幼児絵本。

 

 

おとうさんとぼくのえほん

『ぽんぽんてけてけ』 

 二見正直 さく 

 偕成社 刊 
 偕成社HPはこちら  
Amazon購入ページはあちら

 

小さな船が港を出ます。

「ぽんぽんてけてけ ぼうけんだ」

船がついたその海にいたのはなんと…

お父さんと楽しめる幼児絵本。

 

 

 

こころの病気がわかる絵本

『ふとるのがこわいチーター』

 文 宮田雄吾 絵 二見正直

 情報センター出版局 刊


 情報センター出版局HPはこちら

 

「摂食障害」の早期発見早期治療のきっかけを提案する精神科医による本。

小学生から読める絵本とわかりやすい解説の二部構成。

 

 

WORKS―イラスト―

 

イラスト5点 制作いたしました。

今や数えるほどしか残っていらっしゃらない

木造船船大工さんに取材し、

都立第五福竜丸展示館イベント

「この船をつくろう 船大工匠の技」

にて使用されました。

 

都立第五福竜丸展示館official siteはちら

 

 

  

講演会「伊勢と第五福竜丸」

チラシイラストを制作いたしました。

今や数えるほどしか残っていらっしゃらない

木造船船大工さんに取材しています。

 

 

 

  

書籍『ウォーズオブジャパン 日本のいくさと戦争』(偕成社 刊)

計56点のイラストを制作いたしました。

先史時代からのいくさ・戦争をあつかった大百科である、

『ウォーズオブジャパン 日本のいくさと戦争』偕成社HPはこちら

 

jidoubunngaku2013.3-4.jpgmorinoeki.jpg

 

日本児童文学2013年3-4月号』にて、

清水真裕さんの童話「もりのえき」の

タイトルカットを担当いたしました。

             こぎつねが出てくるかわいらしいお話です。

子どもの本棚表紙.jpeg

 

子どもの本の月刊書評誌「子どもの本棚」にて、

2012年1〜12月号の表紙画を担当いたしました。

1月号では巻頭エッセイも執筆!

人生初めて出会った”虫こぶ”なるものについて書いています。

みなさんは虫こぶって見たことありますか? 

その正体が何なのかご存知ですか?

 

 

WORKS―絵画―

 

友人が開業した整骨院あてに、

ふくろうの絵を制作いたしました。

”福を呼ぶふくろう”がマスコットの

「つくば整骨院」

私の絵本も置かせていただいています。

どうぞお立ち寄りください。

 

つくば整骨院の詳細はこちら

写真撮影:つくば整骨院 

 

WORKS―童話―

 

・「はんぶんこにしよう」

キリスト教保育連盟ともに育つ2008年1月号掲載

 

・「ぼくはねこのうーちゃん」

キリスト教保育連盟ともに育つ2008年2月号掲載

・「へんしんいもむし」

キリスト教保育連盟ともに育つ2008年3月号掲載

 

こぎつね文庫

 

クリックするとこぎつね文庫のブログへ移動します

 

 

Copyright 2016 Masanao Futami All Rights Reserved