ノード:Updating version info, 次:, 前:Libtool versioning, 上:Versioning



ライブラリバージョン情報の更新

libtoolのバージョン管理システムを使用したい場合,リンクモード (see Link mode)で,-version-infoフラグを使用して,libtool にバージョン情報を指定する必要があります.

このフラグは,current[:revision[:age]]の形式 の引数を受け入れます.そして,-version-info 3:12:1を渡すと, currentを3,revisionを12,そしてageを1に設定します.

revisionageが省略された場合,デフォルトは0になります.ま た,agecurrentインターフェース番号以下にする必要があるこ とに注意してください.

ライブラリバージョン情報を更新する助けとなる規則の集合は,以下のように なります.

  1. バージョン情報は,それぞれのlibtoolライブラリに対し0:0:0で始めて ください.
  2. ソフトウェアの一般へのリリースの直前にのみ,バージョン情報を更新してく ださい.より頻繁な更新は不要で,現在のインターフェース番号が速くなるこ とを確実にするだけです.
  3. 前回の更新から,ライブラリソースコードが完全に変更された場合, revisionを増加してください(c:r:ac:r+1:aとなります).
  4. 前回の更新から,インターフェースが加えられた,削除された,または変更さ れた場合,currentを増加し,revisionを0に設定してください.
  5. 前回の一般へのリリースから,あるインターフェースが削除された場合, ageを0に設定してください.
  6. 前回の一般へのリリースから,あるインターフェースが削除された場合, ageを0に設定してください.

パッケージのリリース番号に対応するように,インターフェース番号を設定す る試みは決してしないでください.これは,ライブラリバー ジョンの目的の誤解を促進する悪習にすぎません.その代わり, -releaseフラグ(see Release numbers)を使用しますが,パッケー ジが他のリリースとバイナリ互換でないことを警告されます.