ノード:Invoking libtoolize, 次:, 上:Distributing



libtoolizeの呼び出し

libtoolizeプログラムは,libtoolサポートをパッケージに追加する標 準的な方法を提供します.将来は,より良い調査の使用法や,より簡単に libtoolを作成する機能を実装するかもしれません.

libtoolizeプログラムは以下の構文です.

     libtoolize [option]...
     

そして,以下のオプションを受け入れます.

--automake
静かに動作し,libtoolがサポートされているAutomakeを仮定します.

libtoolize --automakeは,AC_PROG_LIBTOOLconfigure.inにあるとき,Automakeがlibtoolファイルをパッケージに 追加するために使用します.

--copy
-c
libtoolデータディレクトリから,シンボリックリンクを作成するのではなく, ファイルをコピーします.
--debug
シェルスクリプトの実行の追跡を,標準出力にダンプします.これは大量の出 力を生成するため,less(やmore)にパイプしたり,ファイルに リダイレクトしたいかもしれません.
--dry-run
-n
ファイルシステムを変更するコマンドは実行せず,それらを出力するだけです.
--force
-f
既存のlibtoolのファイルを置換します.デフォルトで,libtoolizeは 既存のファイルを上書きしません.
--help
へルプメッセージを出力し終了します.
--ltdl
パッケージのサブディレクトリに,libltdlをインストールします.
--ltdl-tar
ファイルlibltdl.tar.gzをパッケージに追加します.
--version
libtoolizeのバージョン情報を出力し終了します.

libtoolizeが,パッケージのconfigure.inで,明確な AC_CONFIG_AUX_DIRの呼び出しを検出した場合(see The Autoconf Manual),指定されたディレクト リにファイルを配置します.

libtoolizeは,パッケージにlibtoolサポートを加えるヒントも同様に 表示します.