ノード:Invoking libtool, 次:, 前:Using libtool, 上:Top



libtoolの呼び出し

libtoolプログラムは以下の構文になります.

     libtool [option]... [mode-arg]...
     

そして,以下のオプションを受け入れます.

--config
libtoolのコンフィグレーション変数を表示し終了します.
--debug
シェルスクリプトの実行の追跡を標準出力にダンプします.これは多くの出力 を生成するので,less(やmore)にパイプしたり,ファイルにリ ダイレクトしたいかもしれません.
-n
--dry-run
あらゆるファイルを作成,編集,削除せず,libtoolで実行されるコマンドの みを表示します.
--features
基本的なコンフィグレーションオプションを表示します.これは,パッケージ がビルドするライブラリを,スタティックまたは共有のいずれにするか決定す る方法を提供します.
--preserve-dup-deps
ライブラリ内で重複する依存性を削除しません.スタティックライブラリを用 いたパッケージのビルド時に,ライブラリはお互いに回忌的に依存する可能性 があるので(共有ライブラリもそうですが,それらは問題ありません),その状 況では,-la -lb -laが要求されるところで,二番目の-la を取り除いてはならず,さもないとリンクは失敗するでしょう.これらの重複 が必要な状況では,このオプションはそれらを保持し,libtoolが安全だと分 かっているライブラリだけを取り除きます.
--finish
--mode=finishと同じです.
--help
へルプメッセージを表示し終了します.--mode=modeが指定され た場合,modeの詳細へルプを表示します.
--mode=mode
処理モードとしてmodeを使用します.デフォルトで,処理モードは mode-argsから推測されます.推測不可能な状況があまりに多いので, modeを指定しないことは,現在では推奨されていません.将来の libtoolのバージョンでは,modeを明示的に設定することを要求するよ うになるでしょう.

modeは以下の一つに設定する必要があります.

compile
ソースファイルをlibtoolオブジェクトにコンパイルします.
execute
インストールされていない,libtoolが生成したプログラムやライブラリを他 のプログラムが使用できるように,自動的にライブラリパスを設定します.
finish
libtoolライブラリのシステムへのインストールを完全に行います.
install
ライブラリや実行形式をインストールします.
link
ライブラリや実行形式を作成します.
uninstall
インストールされたライブラリや実行形式を削除します.
clean
アンインストールされたライブラリや実行形式を削除します.

--version
ibtoolのバージョン情報を出力し終了します.

mode-argsは引数の変数の数で,それは処理モードの選択に依存します. 一般的に,それぞれのmode-argは,libtool自身ではなく,libtoolが呼 び出すプログラムで解釈されます.