ノード: autoreconf Invocation, 前: autoconf Invocation, 上: Making configure Scripts



configureスクリプトを更新するためautoreconfを使用する

GNUビルドシステムの様々なコンポーネントをインストールすること は退屈なものです.それは,Gettextに対するautopointMakefile.inautomake等を,それぞれのディレクトリで実行 することを意味します.automakeのようなツールが更新されたり, configure.acのようなソースが更新されたり,ただ単純にGNU ビルドシステムを新しいツリーにインストールするためだけでも,そうすること が必要になるかもしれません.

autoreconfは,指定されたディレクトリとそのサブディレクトリ (see Subdirectories)で,GNUビルドシステムを更新するために, autoconfautoheaderaclocalautomakelibtoolize,そして(適切なときは) autopointを繰り返し実行します.デフォルトで,ソースファイルよ り古いファイルだけが再生成されます.

新しいバージョンのツールをインストールした場合,autoreconf--forceオプションを与えることで,すべてのファイルを再生 成することが可能です.

ソースファイルを変更したとき,configureスクリプトを自動的に再 生成するMakefileルールについては,See Automatic Remaking. そ の方法は,コンフィギュレーションヘッダテンプレートのタイムスタンプを正確 に処理しますが,--autoconf-dir=dir--localdir=dirを渡しません.

autoreconfは以下のオプションを受け入れます.

--help
-h
コマンドラインオプションの概要を出力して終了します.
--version
-V
Autoconfのバージョンナンバーを出力して終了します.
--verbose
autoreconfautoconf(と適切な場合は autoheader)を実行している,それぞれのディレクトリ名を出力しま す.
--debug
-d
一時ファイルを削除しません.
--force
-f
configureスクリプトとコンフィグレーションヘッダが入力ファイル (configure.acと,存在する場合はaclocal.m4)より新しくても更 新します.
--install
-i
パッケージの足りない補助ファイルをインストールします.デフォルトで,ファ イルはコピーされます.--symlinkで変更することも可能です.

このオプションは,automake --add-missinglibtoolizeautopoint等を呼び出すきっかけにもなります.

--symlink
-s
--installとともに使用されるとき,足りない補助ファイルをコピーす る代わりに,シンボリックリンクを配置します.
--make
-m
ディレクトリがコンフィグレーションされるとき,./config.status --recheck && ./config.statusを実行してコンフィグレーションを更新し, makeを実行します.
--include=dir
-I dir
dirをインクルードパスの後に追加します.複数回の呼び出しで累積され ます.
--prepend-include=dir

-B dir
dirをインクルードパスの前に追加します.複数回の呼び出しで累積され ます.
--warnings=category
-W category
(実際にはカンマで分離されているリストになっている)categoryに関連す る警告を報告します.
cross
クロスコンパイルの問題に関連するもの.
obsolete
時代遅れの構成物の使用を報告.
portability
移植性の問題.
syntax
曖昧な構文の構成物.
all
すべての警告を報告.
none
何も報告しない.
error
警告をエラーとして処理.
no-category
categoryに分類される警告を利用不可能にする.

syntaxの警告はデフォルトで利用可能で,カンマでカテゴリを分離した リストとなっている環境変数WARNINGSは尊重されます.-W categoryを渡すと,実際には --warnings=syntax,$WARNINGS,categoryを渡したかのように動作 します.デフォルトのものとWARNINGSを利用不可能にし,(例えば) 時代 遅れの構成物に関する警告を利用可能にしたい場合-W none,obsolete を使用してください.