宮指路岳  946m     登山日:05.2.17 

                    地図マピオン 三重県鈴鹿市小岐須町  地図国土地理院 伊船(北西)

  
 雪の鎌ヶ岳を見ようと宮指路岳へ向かった。前日の雨で雪が解けた為か雪が少ない。車を小岐須へ走らせる。通行禁止の表示がかかっていたが、道は封鎖されてはいない。道に所々落石があり、一部土砂崩れで普通車がなんとか通れる程度の箇所もあった。キャンプ場を過ぎ、右手の道路際に動くものがいた。イノシシが車の音で山へ逃げて行く姿でした。
 
【東海展望へ】
 鈴鹿市の道を西に行くと、鈴鹿の山並みが見えてきました。小岐須渓谷に入ると落石が所々にあり、車を停めては邪魔になる岩の破片や落石を取り除きて進む。どうにか登山口までたどり着けた。登山口の入り口は倒木で塞がれていました。倒木の多い登山道を進むと通報ポイント5辺りから雪が多くなってきました。さらに進むと1カ所道が切れているところがありました。


  
       左より入道岳、鎌ヶ岳、御在所山 
                                                         

    
  登山口は倒木で塞がれていた                      登山道
  

  
  倒木が多い                      通報ポイント5辺りから雪が出てきた。
                               

 
     道が切れ落ちている箇所もあります               



【東海展望、三体仏岩、山頂】
 沢を何度か横切り、東海展望にでました。南に仙ヶ岳、北に鎌ヶ岳が見えます。さらに三体仏岩を経由し山頂へ。少し曇ってきましたが、鎌ヶ岳山頂の雲が薄くなるまで粘ってみました。ここはいろんな場所から眺望が優れ、見応えのある景色が広がっています。帰路は犬返し険を通り下山しました。

 
 
   東海展望                         仙ヶ岳(東海展望) 


  鎌ヶ岳を望む(雪が少ないのが残念だが、鎌ヶ岳が美しい)


 三体仏岩と仙ヶ岳                        三体仏岩


 仙ヶ岳、ヨコネ(右)            伊勢湾(肉眼ではセントレア、知多、渥美、神島も見える)

 
 馬乗り岩                       山頂の岩石群


 山頂より鎌ヶ岳を写す


 
 犬返しの険より仙ヶ岳を望む                          三体仏岩、東海展望


 
 犬返しの険は痩せ尾根になっています。                 カンアオイ

 
 入道ヶ岳                        杉の植林(間伐されており綺麗な林です)

【後記】
 このコースは道も変化に富み、また眺めも優れています。 登る人も少ないので静かな山歩きが出来ます。写真では雪が少ないですが、ツボ足ですと腰辺りまで入る箇所もあるのでワカンが必要です。
犬返し険では滑らないよう注意して下さい(特に積雪期)。 




*MENUより他の山行もご覧下さい

MENU