『増女』
−ぞうおんな−
(金剛流職分・遠藤勝實師 蔵)


小面よりも少し年上の女性を表現しています。

「羽衣」「巴」「定家」など、多くの曲目に用いられる、品格の高い面です。