『孫子』十三篇


 始計・第一

 最初にはかり考えるべきであること

 作戦・第二

 戦いを始めること

 謀攻・第三

 策謀を使って攻めること

 軍形・第四

 軍隊の態勢をととのえること

 兵勢・第五

 軍隊を勢いづけること  

 虚実・第六

 弱いところと強いところを正しく判断して対応すること

 軍争・第七

 機先を制すること

 九変・第八

 臨機応変に戦うこと

 行軍・第九

 軍事行動の仕方

 地形・第十

 地形のもたらす効果

 九地・第十一

 軍隊の行動を左右する地理的状況

 火攻・第十二

 大量破壊をもたらす作戦

 用間・第十三

 スパイの活用