飯能祭り

飯能祭り

飯能市の山車曳きは明治初期から行われたと言われています。飯能の山車は11基あります。どの山車にも素晴らしい彫り物が施されており、歴史のある山車から近年作られた山車まで見ることができます。
飯能のお囃子の流派は二種類で神田囃子大橋流と小田原囃子若狭流に分かれます。原町、河原町、本郷、宮本町、前田、柳原、中山は若狭流で、三丁目、双柳、一丁目、二丁目が大橋流です。
今年の当番町は二丁目でした。二丁目の山車は砂川(立川市)から買った山車です。砂川というのは山車を所有していた地域が多かったのですが、今回の二丁目の山車のように各地に散らばってしまっているようです。






三番叟です。扇子の使い方がすごいですが、どこの囃子連に聞いても秘密なんだとか。 動画が途切れる場合はこちらの「動画の再生が途切れる」をご覧下さい

飯能祭り 飯能祭り

原町の山車です。流派は若狭流です。明治15年の建造で人形は原舟月の作で神武天皇です。




飯能祭り

飯能祭り

途中で鬼剣舞を見ることができました。獅子舞なども途中で演技されていたようです。


飯能祭り

飯能祭り

田中俊成さんのお面の展示が行われていました。電気屋さんのショーウィンドウをお借りしてお面を展示していました。


飯能祭り 飯能祭り

今年の当番町、二丁目の山車です。流派は大橋流神田囃子です。山車の前の札には砂川五番組の山車と書かれたものがあります。


飯能祭り 飯能祭り

三丁目の山車です。流派は大橋流神田囃子です。飯能はどこの囃子連も子供が上手に踊っています。扇子や傘といった小物を上手く使って踊っています。


飯能祭り
飯能祭り

河原町の山車です。流派は若狭流です。飾られているのはスサノオノミコトです。




飯能祭り 飯能祭り

柳原の山車です。流派は若狭流です。飯能といえば外道!!飯能らしい外道でした。


飯能祭り
飯能祭り

本郷の山車です。流派は若狭流です。本郷の山車は2007年に地元の方より町内に寄贈されたものでまだ新しい綺麗な山車です。


飯能祭り 飯能祭り

前田の山車です。流派は若狭流です。どこもそうでしたが昼間は子供中心でやっているようです

飯能祭り

双柳の山車です。流派は大橋流神田囃子です。


飯能祭り

山車が一斉に並んだところです。個別にゆっくりと見られるのでとても良い時間です。




祭りの紹介へ戻る