出会い系サイトの広場
出会い系サイト届出手続代行センター
愛媛県四国中央市 海事代理士・行政書士  藤 田  晶  事務所
海事代理士・行政書士   藤 田   晶  事務所 社団法人 日本海事代理士会 正会員
愛媛県行政書士会 会員
〒799−0101 愛媛県四国中央市川之江町3023番地の4
電話:0896−58−1821 FAX:0896−56−6023
http://www.geocities.jp/fujita_office/ 著作権相談員(管理番号 第0939068号) 
平成25年中の出会い系サイト及びコミュニティサイトに起因する事犯の現状と対策について
広報資料/平成26年 2月27日/警察庁
1 検挙件数及び被害児童の数の推移(図1) 〔略〕

(1) 検挙件数
○ 出会い系サイトに起因する事犯の検挙件数は726件(前年比−112件、−14.4%)
○ コミュニティサイトに起因して児童が犯罪被害に遭った事犯の検挙件数は1,804件(前年比+493件、+37.6%)

(2) 被害児童数の推移
○ 出会い系サイトに起因して犯罪被害に遭った児童は159人(前年比−59人、−27.1%)。平成20年の出会い系サイト規制法の法改正以降、禁止誘引違反者の検挙や無届サイトの取締り等により、減少傾向。
○ コミュニティサイトに起因して犯罪被害に遭った児童は1,293人(前年比+217人、+20.2%)。平成23年初めて減少に転じ、翌年も引き続き減少していたが、無料通話アプリのIDを交換する掲示板に起因する犯罪被害により、再び増加。
 被害の多い罪種は、青少年保護育成条例違反が596人(全体の55.4%)

2 被害児童の状況の比較

(1) 被害の多い罪種(図2) 〔略〕
 出会い系サイトに起因する事犯で被害の多い罪種は、児童買春が71人(全体の44.7%)、コミュニティサイトでは、青少年保護育成条例違反が678人(全体の52.4%)。

(2) 被害児童の年齢(図3) 〔略〕
 出会い系サイトに起因して犯罪被害に遭った児童で15歳以下は60人(全体の37.7%)。一方、コミュニティサイトでは、710人(全体の54.9%)。

3 今後の対策

(1) 出会い系サイト対策
○ 悪質出会い系サイト事業者に対する取締り等の徹底
○ 禁止誘引行為等の書き込み違反者に対する取締りの継続

(2) コミュニティサイト対策
○ サイト事業者(無料通話アプリ等提供事業者を含む。)の取組状況等に応じた対策の継続
・ ミニメールの内容確認を始めとするサイト内監視体制の強化
・ サイト事業者等への実効性のあるゾーニングの導入に向けた働きかけ
※ 「実効性のあるゾーニング」〜サイト内において悪意のある大人に児童を近づけさせないように携帯電話事業者の保有する契約者年齢情報を活用し、大人と児童とのミニメールの送信や検索を制限すること。
○ 関係省庁、事業者及びEMA等の関係団体と連携した対策の推進
・ スマートフォンを中心としたフィルタリングの普及徹底
・ 児童、保護者、学校関係者等に対する広報啓発と情報共有
・ ゾーニングの実効性の向上に向けた携帯電話事業者等による取組の支援
※ 「EMA(エマ)〜モバイルコンテンツ審査・運用監視機構
【Content Evaluation and Monitoring Association】
○ 悪質なID交換掲示板に起因する事犯の取締りの推進
第1 出会い系サイトに起因する事犯の検挙状況等
1 検挙件数の年別推移
(件)
罪名 H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
児童福祉法違反 81 53 60 61 49 19 30 −12 −19.7%
青少年保護育成条例違反 149 53 63 50 54 19 35 +4 +8.0%
児童買春・児童ポルノ規制法違反 児童買春 358 254 230 213 123 53 70 −90 −42.3%
児童ポルノ 40 28 51 38 33 20 13 −5 −13.2%
小計 398 282 281 251 156 73 83 −95 −37.8%
出会い系サイト規制法違反 法第6条 348 404 451 360 337 167 170 −23 −6.4%
法第7条 12 −1 −33.3%
法第9条 ±0
小計 353 412 464 363 339 167 172 −24 −6.6%
重要犯罪 殺人 ±0
強盗 14 −6 +100.0%
放火 ±0
強姦 16 +1 +100.0%
略取誘拐 ±0
強制わいせつ +5
小計 37 15 ±0 ±0.0%
粗暴犯 暴行 ±0
傷害 +1
脅迫 −2 −66.7%
恐喝 25 −5 −62.5%
小計 27 11 11 −6 −54.5%
その他 窃盗 19 13 −4 −66.7%
詐欺 29 97 23 13 52 51 +39 +300.0%
その他 110 97 83 86 62 29 33 −24 −27.9%
小計 158 202 119 105 116 82 34 +11 +10.5%
合計 1,203 1,025 1,004 848 726 368 358 −122 −14.4%
※対象は、出会い系サイトに起因する事犯として警察が把握しているもの。
 出会い系サイト規制法違反の状況

〜 出会い系サイト規制法違反339件(前年比−24件、−6.6%)

○ 禁止誘引(法第6条)
 平成25年中の検挙件数は337件(前年比−23件)、このうち児童による誘引は185件(前年比−67件)。
(件)
H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
検挙件数 348 404 451 360 337 167 170 −23
うち児童による誘引 222 284 273 252 185 96 89 −67
○ 届出義務(法第7条)違反
 事業の開始を公安委員会に届け出ずに出会い系サイトを運営した届出義務違反事件を2件検挙。
 被害者の年齢・性別
(人)
H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
被害者数 548 397 351 264 228 134 94 −36
うち女性 502
(91.6%)
289
(72.8%)
337
(96.0%)
249
(94.3%)
179
(78.5%)
87
(64.9%)
92
(97.9%)
−70
うち児童 453
(82.7%)
254
(64.0%)
282
(80.3%)
218
(82.6%)
159
(69.7%)
73
(54.5%)
86
(91.5%)
−59
うち女性 447 253 282 218 159 73 86 −59
18歳以上 95
(17.3%)
143
(36.0%)
69
(19.7%)
46
(17.4%)
69
(30.3%)
61
(45.5%)

(8.5%)
+23
うち女性 55 36 55 31 20 14 −11
※「児童」とは、18歳未満の者をいう。
※(  )は、「被害者数」に対する割合。
4 被害者(被害児童)の出会い系サイトへのアクセス手段
(人)
H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
被害者数 548 397 351 264 228 134 94 −36
携帯電話 540
(98.5%)
385
(97.0%)
322
(91.7%)
252
(95.5%)
167
(73.2%)
84
(62.7%)
83
(88.3%)
−85
パソコン
(1.5%)

(2.3%)
11
(3.1%)
11
(4.2%)
51
(22.4%)
49
(36.6%)

(2.1%)
+40
不明
(0.0%)

(0.8%)
18
(5.1%)

(0.4%)
10
(4.4%)

(0.7%)

(9.6%)
+9
うち児童 453 254 282 218 159 73 86 −59
携帯電話 450
(99.3%)
251
(98.8%)
272
(96.5%)
210
(96.3%)
137
(86.2%)
62
(84.9%)
75
(87.2%)
−73
パソコン
(0.7%)

(1.2%)
10
(3.5%)

(3.7%)
12
(7.5%)
10
(13.7%)

(2.3%)
+4
不明   0
(0.0%)

(0.0%)

(0.0%)

(0.0%) 
 10
(6.3%)
 1
(1.4%)

(10.5%) 
+10 
5 罪種・年齢別被害者数
(人)
女性被害者数 男性被害者数 合計 前年比
18歳未満 18〜19歳 成人 小計 18歳未満 18〜19歳 成人 小計
売春防止法違反 −11
児童福祉法違反 38 38 38 −8
青少年保護育成条例違反 31 31 31 +1
児童買春・児童ポルノ規制法違反 児童買春 71 71 71 −46
児童ポルノ 14 14 14 −5
覚せい剤取締法違反 ±0
毒物及び劇物取締法違反 ±0
職業安定法違反 +1
ストーカー行為規制法違反 +1
 労働基準法違反 +3
特別刑法犯小計 159 160 160 −64
重要犯罪 殺人 ±0
強盗 −5
放火 ±0
強姦 +1
略取誘拐 ±0
強制わいせつ +4
粗暴犯 暴行 ±0
傷害 +1
脅迫 −2
恐喝 −6
知能犯 詐欺 45 45 54 +41
その他刑法犯  強要 ±0
窃盗 −4
逮捕監禁 −1
名誉毀損 ±0
住居侵入 −1
電子計算機使用詐欺 −1
 死体遺棄 +1
刑法犯小計 19 19 49 49 68 +28
小計(18歳以上) 20 20 49 49 69 +23
小計(被害児童数) 159 159 159 −59
合計 179 49 228 −36
2 コミュニティサイトに起因する事犯の検挙状況等
1 検挙件数の年別推移
(件)
罪名 H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
児童福祉法違反 59 41 53 35 26 12 14 −9 −25.7%
青少年保護育成条例違反 803 879 757 706 903 383 520 +197 +27.9%
児童買春、児童ポルノ法違反 児童買春 297 282 268 235 351 205 146 +116 +49.4%
児童ポルノ 166 292 321 308 484 247 237 +176 +57.1%
小計 463 574 589 543 835 452 383 +292 +53.8%
重要犯罪 殺人 ±0
強盗 +3 +150.0%
放火 ±0
強姦 13 28 11 16 23 16 +7 +43.8%
略取誘拐 +3 +150.0%
強制わいせつ 12 ±0 ±0.0%
小計 22 47 22 27 40 12 28 +13 +48.1%
合計 1,347 1,541 1,421 1,311 1,804 859 945 +493 +37.6%
※ 対象は、児童がコミュニティサイトを利用して犯罪(児童福祉法違反、青少年健全育成条例違反、児童買春・児童ポルノ禁止法違反及び重要犯罪)の被害にあった事件として、警察が把握しているもの。
2 被害児童の年別推移
(人)
罪名 H21 H22 H23 H24 H25 上半期 下半期 前年比
児童福祉法違反 53 33 38 32 22 13 −10 −31.3%
青少年保護育成条例違反 727 772 637 596 678 291 387 +82 +13.8%
児童買春、児童ポルノ法違反 児童買春 234 214 176 182 226 130 96 +44 +24.2%
児童ポルノ 101 180 217 242 341 159 182 +99 +40.9%
小計 335 394 393 424 567 289 278 +143 +33.7%
重要犯罪 殺人 ±0
強盗 −1 −50.0%
放火 ±0
強姦 14 25 14 18 13 +4 +28.6%
略取誘拐 +1 +50.0%
強制わいせつ 11 −2 −33.3%
小計 21 40 17 24 26 17 +2 +8.3%
合計 1,136 1,239 1,085 1,076 1,293 598 695 +217 +20.2%
第3 「出会い系サイト」と「コミュニティサイト」との比較
1 罪種別の被害児童数
 円グラフ …(略)…
(人)
被害児童数
出会い系サイト コミュニティサイト
重要犯罪 殺人 0.0% 0.0%
強盗 0.0% 0.1%
放火 0.0% 0.0%
強姦 0.0% 18 1.3%
略取誘拐 0.0% 0.2%
強制わいせつ 0.0% 0.3%
児童買春・児童ポルノ法違反 児童買春 71 44.7% 226 17.5%
児童ポルノ 14 8.8% 341 26.4%
青少年保護育成条例違反 31 19.5% 678 52.4%
児童福祉法違反 38 23.9% 22 1.7%
その他 3.1% 0.0%
合計 159 100.0% 1,293 100.0%
○ 出会い系サイトでは児童買春の被害児童が最も多く71人(44.7%)。
【コミュニティサイトでは226人(17.5%)】
○ コミュニティサイトでは青少年保護育成条例違反の被害児童が最も多く678(52.4%)。
【出会い系サイトでは31人(19.5%)】
2 年齢別被害児童数
 円グラフ …(略)…
(人)






〜11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 合計
被害児童数 22 31 51 48 159
0.0% 1.3% 3.1% 13.8% 19.5% 32.1% 30.2%
女性 22 31 51 48 159
男性
被害年齢以下の被害児童数・割合 29 60 111 159
0.0% 1.3% 4.4% 18.2% 37.7% 69.8% 100.0%








〜11歳 12歳 13歳 14歳 15歳 16歳 17歳 合計
被害児童数 15 32 115 255 293 305 278 1,293
1.2% 2.5% 8.9% 19.7% 22.7% 23.6% 21.5%
女性 15 32 111 251 287 297 268 1,261
男性 10 32
被害年齢以下の被害児童数・割合 15 47 162 417 710 1,015 1,293
1.2% 3.5% 12.5% 32.3% 54.9% 78.5% 100.0%
○ コミュニティサイトでは、被害児童の約半数(54.9%)が15歳以下であり、低年齢層の割合が高い。
【15歳以下の被害児童】
出会い系サイト…60人(37.7%)
コミュニティサイト…710人(54.9%)
○ コミュニティサイトでは、11歳以下の児童が被害に遭う事犯が発生。
第4 平成25年中の検挙事例
出会い系サイトに起因する事犯の検挙事例
【詐欺及び組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)】
 被疑者ら(サイト運営者・男・40歳等)が、運営する出会い系サイトは、芸能人等を装ったサクラ従業員を使い、サイト会員からメール交換等のサイト利用料金等を騙し取っていたもの。(6月・警視庁)

【出会い系サイト規制法違反(届出義務違反・禁止誘引行為幇助)】
 被疑者(会社員・男・34歳)は、公安委員会に届出をしないで、出会い系サイトを開設するとともに、同サイト利用者の援助交際目的に関する禁止誘引行為の書き込みを容易ならしめたもの。(6月・大阪府警)

【売春防止法違反(売春の周旋及び児童福祉法違反(淫行をさせる行為)】
 被疑者ら(@ 無職・男・20歳、A飲食店従業員・男・18歳、B無職・男・19歳)は、女子児童(14歳)が18歳に満たない児童であることを知りながら、出会い系サイトを利用して誘引した遊客と、ホテル等において、売春をさせ、もって売春の周旋をするとともに、児童に淫行をさせたもの。(10月・秋田県警)

【児童買春・児童ポルノ法違反(業としての児童買春周旋)】
 被疑者ら(@風俗店従業員・男・22歳、A建設作業員・男・19歳、B無職・男・16歳等)は、女子児童が(15歳)が18歳に満たない児童であることを知りながら、出会い系サイトを利用して誘引した遊客と、ホテルにおいて、買春させ、もって業としての児童買春の周旋をしたもの。(11月・埼玉県警)
コミュニティサイトに起因する事犯の検挙状況
【児童買春・児童ポルノ法違反(児童買春)】
 被疑者(飲食店アルバイト・男・22歳)は、コミュニティサイトで知り合った女子児童(15歳)が18歳に満たない児童であることを知りながら、ホテルにおいて買春をしたもの。(8月・愛媛県警)

【児童買春・児童ポルノ法違反(児童買春)】
 被疑者(無職・男・60歳)は、コミュニティサイトで、年齢を詐称し、知り合った女子児童(15歳)が、18歳に満たない児童であることを知りながら、女子児童に自らの裸の写真を撮影させて、被疑者の携帯電話に画像を送信させ、もって児童ポルノを製造したもの。(9月・宮城県警)

【青少年健全育成条例違反(みだらな性行為等の禁止)及び児童買春・児童ポルノ法違反(児童ポルノ製造)】
 被疑者(無職・男・32歳)は、コミュニティサイトで知り合った女子児童(16歳)が、18歳に満たない児童であることを知りながら、単に自己の性的欲望を満足させる対象として、性交し、同じくコミュニティサイトで知り合った女子児童(17歳)も、18歳に満たない児童であることを知りながら、女子児童に自らの裸の写真を撮影させて、被疑者の携帯電話に画像を送信させ、もって児童ポルノを製造したもの。(10月・長崎県警)

【青少年健全育成条例違反(みだらな性行為等の禁止)】
 被疑者(会社員・男・25歳)は、コミュニティサイトで知り合った女子児童(17歳)が18歳に満たない児童であることを知りながら、被疑者の自宅において、単に自己の性的欲望を満足させる対象として、性交したもの。(10月・山形県警)

【わいせつ目的誘拐、集団強姦及び監禁致傷等】
 被疑者ら(期間社員・男・45歳、A派遣社員・男・45歳)は、コミュニティサイトで知り合った女子児童ら(16歳、15歳)を、甘言を用いて、被疑者の自動車に乗せ誘拐し、車内等で強姦するとともに、その後自宅に監禁して、怪我を負わせたもの。(11月・愛知県警)
警察庁のホームページから引用(一部改編)
受付時間 9:00〜17:00 (日曜・祝日を除く。)
日曜日・祝日でも上記時間内であれば可能な限りご対応いたします。お気軽にお問合せください。また、他のお客様と面談中等で、お電話がつながりにくいことがあります。時間をおいてお掛け直しいただければ幸甚です。
藤田 海事・行政 事務所
海事代理士・行政書士  藤 田  晶
 
著作権相談員(管理番号 第0939068号)
〒799−0101 愛媛県四国中央市川之江町3023番地の4
電話 0896−58−1821
FAX 0896−56−6023
http://www.geocities.jp/fujita_office/
出会い系サイトの広場
出会い系サイト届出手続代行センター
出会い系サイト〔インターネット異性紹介事業〕届出
トップページに戻る
いらっしゃいませ…藤田 海事・行政 事務所です。