臨終から葬儀まで
カトリック信者の手引き

藤沢カトリック教会
葬儀を考える会

目次

はじめに

キリスト教における死と葬儀

臨終から葬儀まで

教会への連絡

病院で亡くなった時

自宅で亡くなった時

日取り

通夜

葬儀と告別式

火葬と納骨

追悼の祈り

葬儀の費用

教会への謝礼

参考

病者の塗油

緊急洗礼

家族のうちの一人だけが信者の場合

献花、焼香


ホームページに戻る  資料室メニューに戻る

 

はじめに

この世に生を受けた私たちにとって、唯一確実なことは、いつか必ず死ぬということです。命の大切さ、心の安らぎ、死に向かう方々との関わりかたや限られた時間をより良く過ごすことの大切さなどに目を向けながら、私たちがより良い人生を生きる為に、生の延長線上にある死を元気な時に考えてみてはいかがでしょうか。

 



目次に戻る


キリスト教における死と葬儀

死はいつの時代でも、また誰にとっても悲しいものです。

しかし、キリストを信じる人にとって、死は永遠の命への門出であり、復活を信じる者には、悲しみのうちにも、永遠の命への希望の時でもあります。

葬儀は地上での関わりが終わったことを公に告知する場です。そこで故人を想い祈るとともに、遺族の悲しみをやわらげ、残された家族をはじめ、共同体、そして関わりのあった人々が一同に集まり、キリストと共に神のうちに生きる、永遠の命への希望のメッセージを受け取る時です。

 



目次に戻る


臨終から葬儀まで

教会への連絡

司祭が臨終の場に立ち会っていない場合でも、教会事務所へ通知してください。連絡がとれない場合は、知り合いの信者に連絡をしてください。よいパイプ役をはたしてくれるはずです。

病院で亡くなったとき

通常、病院で亡くなった後、遺体が病院から出るまでに、二〜三時間はかかります。医師による死亡診断書の作成、死後の処置などがあるからです。

遺体は葬儀社に依頼して、自宅に帰ることも、教会に直接移すこともできます。その際、死亡診断書を必ず持ち帰るようにしましょう。

病院側が葬儀社を紹介してくれるケースもありますが、かならずしもキリスト教式葬儀に精通しているとは限りません。

できれば教会を通して葬儀社を紹介してもらった方が、なにかと便利かと思います。その旨、ハッキリと病院側に告げておくとよいでしょう。

自宅で亡くなったとき

まず、医師を呼び、死亡診断書を作成してもらい、同時に教会へ連絡しましょう。

日取り

一般的には死亡翌日が通夜、次の日が葬儀・告別式となります。

日程については、ご遺族の希望が優先されますが、火葬場にも合わせる必要がありますし、教会にも、典礼暦、各種の行事の為に、執り行うことができない日もありますので、それによる調整も必要です。



目次に戻る


通夜

遺族の方々と共に、故人をしのび祈るために通夜の儀が行われます。

通常は教会で行われますが、自宅や集会所でも行うことができます。

また、参列者への感謝の労をねぎらう意味で、通夜の食事を供応して、故人を忍びながら語らう時をもつこともできます。

葬儀、告別式

復活の希望のうちに、全てを神にゆだね、神の慰めを受け、故人に別れを告げる大切な儀式です。

「ミサ形式」と「ことばの祭儀」によるものがあります。どちらを選んでもかまいません。式の中では、故人が生前から好んでいた聖書の箇所や聖歌などを指定することもできます。

火葬と納骨

火葬の直前に最期のお祈りをいたします。

火葬のあとは、埋葬許可書を受取り、納骨まで、遺骨とともに大切に保管してください。

納骨の日取りや方法には、特に規定はありません。日本の習慣にしたがい、四十九日目ぐらいに行われることが多いようです。



目次に戻る


追悼の祈り

先祖に感謝し、その方々のために祈ることは、人間としてきわめて自然であり、大切なことです。

カトリック教会では、信者は皆キリストによって一つに結ばれた者として、お互いのために祈り、助け合い、神の愛のうちに復活の希望をもって生きているのですから、死者のために祈ることは共同体としても大変大切なことです。

洗礼を受けずに亡くなられた先祖の方々も、神の前に召されたのですから、その人のために祈ることも、大切なことです。

カトリックでは十一月を「死者の月」として、亡くなられた方々のために特別に祈ります。

日曜日、あるいは毎日のミサのなかで、一周忌三周忌などの追悼の祈りをすることもできます。詳しいことは、教会事務所にご相談ください。

また藤沢教会では、日本の習慣にしたがい春分の日、秋分の日に合同追悼ミサを捧げます。

葬儀の費用

藤沢教会では、和田葬儀社と団体割引契約を設けることになりました。ご希望の方は教会事務所に資料がありますのでご覧ください。

教会への謝礼

教会として通夜、葬儀、追悼式への謝礼の金額について、定めはありません。

ただ、感謝の気持ちをその人の生活にあった額で「献金」としてあらわしていただければ幸いです。奉仕してくださった方々への謝礼は必要ありません。



目次に戻る


参考

病者の塗油

病床にあるカトリック信者は、いつでも「病者の塗油の秘跡」を受けることができます。同時に「ゆるしの秘跡」も受けられます。

緊急洗礼

洗礼を受けていない人が受洗を望んでいる場合は、病床に司祭を招いて、洗礼を授けてもらうことができます。司祭を招く余裕がない場合は、だれでも、たとえ洗礼を受けていない人でも、洗礼を授けることができますが、教会にその旨、届けることが必要です。

私たち信者にとって大切なことは、本人が洗礼を望んでいるかどうかを日頃から確かめておくことです。

家族のうちの一人だけが信者の場合

いちばん良い方法は、生前、家族や見近な人の前で、自分の葬儀はカトリック教会で執り行ってほしいと希望を伝え、教会への連絡、相談などを親しい教会の友人に頼んでおくことです。

お寺で管理する家族の墓に納骨する場合には、仏式の葬儀・戒名などに対して条件を付けられることもありますが、それを受け入れても差し支えありません。

献花、焼香

遺族・参列者は、献花あるいは焼香をして故人に別れを告げますが、どちらを選んでもかまいません。



目次に戻る