皆で『葬儀』を考えてみませんか

1999年11月21日(9:30ミサ後)の集会の報告

司会進行:福井

(1)テハン神父より

誰かが亡くなってから「葬儀」を決断するのは難しい。アンケ−ト等を使って,後の遺族の司牧・支えまでメンタルケア−として全体的に考えたい。遺族の人は全てが終わって一人ぼっちになり複雑な感情を持つし,力が無くなって集中力も無くなってしまう。そのような状況にある方達の思いを伺いたい。また,病人や家族は司祭やシスタ−達に「忙しいのではないだろうか…」と遠慮がある。病者の塗油は亡くなってからでは間に合わない。「精神的な支えと力になる」から連絡をしてほしい。病人,お年寄り,一人ぼっちの方がいたら事務所に知らせて欲しい。何ができるかを一緒に考えたいから。

(2)福井氏からアンケ−トのまとめ

アンケ−トは196名から回答があった。教会の基準となる葬儀の希望が多く,費用は50万くらい迄というのがほとんどだったので教会として考えていきたい。
  1. 簡素に,心のこもったもの
  2. 費用,教会への献金(お礼)は?
  3. 式そのものに関すること…身内だけでひっりと
(3)川辺さんから「今の藤沢教会葬儀の在り方」について

葬儀の必要が起きた時,どうしたらいいか?

  1. 身内の方が亡くなられたら,まず,教会へ連絡をする。
  2. 遺体を,どこに運ぶか?
  3. 葬儀社へ連絡。
  4. 遺体を運び込む。
  5. 葬儀社との打合せ(日取り,時間,式の場所,費用)
  1. 葬儀を一緒に考える。しかし,決めるのは家族です。
  2. 式次第の準備や司会進行は,教会が責任を持って行う。
  3. 埋葬や追悼ミサの相談にも応じます。
家族の負担が少なく,安心して葬儀ができるように考えたい。

(4)質疑応答

Q1.連絡に関して,12年間に両親の葬儀をしていただいた。アンケ−トにあった「身内だけ」と言う気持ちはとても良く分かるけれども,遺族は辛い時期にあるから皆で祈ったらいい。家族は,亡くなられた方との関わりが分からない場合もあるから,連絡は流した方が良いのでは?

A.事務所の対応

原則的には,全体に流す。「一言でも,その日の祈りに加えて欲しいから」ただ,「知らせて欲しくない」「煩わせたくない」と言う思いが強ければ,そのように事務所に言って下さい。

Q2.葬儀の費用は?

A.@葬儀社への費用

身内のいない生活保護者の為の20万弱からあるが,30万でも40万〜50万になる。費用は通常はセットの価格になっている。個別にお花はこれとか飾りは二段でとか棺は特別に…とか言えば,どんどん差額が増えていく。質素にと思っても,家族と良く話し合っておかないと「これでは可哀相…」と,結局,普通になってしまうこともあるから,良く話し合っておいて欲しい。

A教会へのお礼

信者の場合,教会は葬儀をする義務があるから,教会からは請求しない。あくまでも,献金です。20万〜30万くらいが多い。教会として,要求はしません。無理して苦しまないようにして欲しい。教会の財務上は祭儀収入で献金として扱われます。袋は一つで下さってかまいません。額に関しては,誰からいくらということも記録には残らない。ただ,多くいただけると教会は助かります。

Bその他

質素に,葬儀ミサもいらないと言われていても,大勢の方が祈って下さる姿を見て,「良かった」と思うこともあるので,この点も家族で話し合っておいて欲しい。また,聖書の箇所,歌など「特別にこうして欲しい…」という自分の望みを書いて家族か教会に預けておくと良い。現実に預かっている方もある。また,献花も『柩』の蓋を開けて,直接『お別れ』をするケ−スも2〜3出てきた。そういうことも出来る。

Q3.「家で神父様をお呼びして送って欲しい」と母から言われていたが,勧められて,教会で葬儀をしていただいた。皆様に送っていただいて良かった。

Q4.簡素は良いことだけれども,聖堂が広すぎるので,寂しくなるのではないだろうか?飾りつけを葬儀社に任せるのではなく,教会の備品で揃えられるものがあるならば,教会独自のものを考えたらいいのではないか?もしも,決めるならば,一社に決まるのではないか?

Q5.『お清め』はどうするか?

A.「した方がいいとお考えでしたら,場所はありますからどうぞ」と答えています。ただ,悩んで,無駄なことはしなくても良いのでは…。『お清め』と言う言葉に関しては,皆さんに分かりやすい方がいいのではないか。『お香典の袋』について,百合の花とか十字架のついた物でなければ失礼ではないかと聞かれることがあるが,『市販の物』でいい。『ご仏前』はまずいかもしれないが,教会の売店にもありますと答えています。

Q6.家で,お通夜・葬儀はできるか?

A.決まりは無いからできるが,教会はその為にあるのだから,教会を使って欲しい。

Q7.展示(セット)するのであるならば,写真を撮っておいて事務所においていただけると良い。

A.はい。葬儀は亡くなられた方の為のものだけでは無い。遺族の方達のことも考えなければならない。これからはそういうことも考えていけたらいいと思います。

以上



ホームページに戻る  元のページに戻る