1999年 第5地区一粒会集会

1999年の神奈川第5地区一粒会集会が5月23日に東京教区の粕谷甲一師を講師に迎え行われました。

粕谷師

粕谷師は、司祭の召命を含め現代の教会はピンチの状態にある。わたしたちはまず、そのように現在の状況はピンチであるということを認めなければ、その中に新たなチャンスを見いだしていくことは出来ないと語られ、わたしたちは現代社会の中で、教会の組織の維持や教勢の拡大をめざすのではなく、キリストと結ばれ、福音を生きるものとして歩んでいくことが求められている。わたしたちがそのような価値を持って生きるとき、そこに新たなチャンスが見えてくるのではないかと結ばれました。


当日のプログラムとレジュメ



ホームページに戻る  元のページに戻る