Hさんのひとこと
人生は生きているうちが勝負

Hさんは58才、若い頃からずうっと工場で働いていました。50をすぎた頃早期退職を勧められ、退職金をもらって退社。これからどうやって暮らしていこうか考えていたときに、小金を持っている人のいいHさんの事をどうやってかぎつけたのか、いろんな人がいろんな事を勧めにきました。まあいいか、と思ってつきあっているうちに、なんかいろいろだまされて気づいたときには一文無し。住む家も追われ、行き着くところはホームレス。

「昔、通勤してるとき、ホームレスの人見て『俺は絶対こんなふうにはならないぞ』と思ってたんだけどなー」と一言。

今は、教会の軒下に寝泊まりしながら、月の半分くらい3時間ほどの掃除の仕事に就いてます。以前よりは収入があるようになりました。でも、まだ食べるだけで精いっぱいです。今の夢は、「どんなに小さくてもいい、帰って寝る場所、自分の住む場所がほしい。」

そのHさんが、自分の気持ちを書き留めたメモをくれました。そこにはこう書いてありました。

このごろ考えていること



ホームページに戻る  元のページに戻る