2006年 藤沢教会 信徒総会 資料

はじめに

 私たちの教会は昨年の一年を「ともに未来へ−50年の歩みに感謝」のテーマのもと50周年のアニバーサリーイヤーとして過ごしました。下の表に示すように例年の恒例行事に加え、多くの記念行事が行われました。

 この一年を通しての一番大きな変化は、創設以来50年間藤沢教会の司牧にあたってきたコロンバン会の宣教師に代わって教区司祭が藤沢教会の司牧にあたることになったことでしょう。初めて迎える教区司祭方に信徒の中には多少のとまどいを感じられた方もおられたかもしれませんが、概ねスムースに移行していっているように思われます。これは、宣教師数の減少ということもあるのでしょうが、それ以上に梅村司教様の目指される交わりの教会に向けた一つのスッテプでもあります。藤沢の司祭が中和田教会も同時に受け持つということもあり、今まで無かった新たな交わりが育ちつつあるのが感じられます。

 新たな50年のはじめとなる今年は、委員会のメンバーも一新してスタートいたします。その第一歩として、今年の信徒総会をこの教会に集う人々が率直に本音で分かち合える場にしたいと考えています。豊かな交わりのうちに「ともに未来へ」わたしたちの共同体が育っていくことができますように。

2006年度の課題

@ 共同宣教司牧への対応
A 第5地区・近隣教会との連携
B 合葬プロジェクトの推進
C 北部宣教拠点のあり方検討
D ブロック活動と活動部の連携推進
E アスベスト問題・教会メンテナンス
F 外国信徒との更なる交流
G 財務についての検討

2005年の主な行事
1月9日 成人式
1月23日 松浦司教講演会
2月11日 横浜教区典礼研修会
2月13日 信徒総会、横浜教区入信志願式
2月20日 福祉勉強会
2月27日 静修の日
3月5日 はるかぜコンサート
3月13日 初聖体
3月27日 復活祭
3月〜 50周年写真展
4月16日 コロンバン会コンサート
5月5日 50周年祭
6月、7月 第5地区教会巡礼
7月26日〜 沖縄スタディーツアー
8月6日 ガーデンパーティ
8月15日 聖母被昇天、聖母行列
9月10日 湘南台センター講演会
9月18日 敬老ミサ
10月1日 聖堂コンサート
10月23日 教会バザー
10月25日 「みことばを書く会」作品展
11月6日 葬儀を考える集い
11月19日 50周年記念講演会 三浦朱門氏
11月20日 50周年記念ミサ
12月10日 市民クリスマス
12月25日 クリスマス

財務報告

2004年度との比較を下の表にしましたのでご参照下さい。

教会財務決算(01月〜12月)2005/12/31
表1=表2+3+4財務部
収入の部 支出の部
  05年実績 04年実績 対昨年差異   05年実績 04年実績 対昨年差異
【収入合計】 74,246,712 71,632,752 2,613,960 【支出合計】 74,011,427 66,544,910 7,466,517
        次期繰越金 235,285 5,087,842 -4,852,557
合計 74,246,712 71,632,752 2,613,960 合計 74,246,712 71,632,752 2,613,960

* 表は合計を表示します。

* 一般会計の収支、2005年度の収支は+235千円の黒字となりました。これには祭儀献金、受取利息(本部預け運用益)の増加が寄与致しております。支出経費削減は本部納入金の減少、有給職員の減員および湘南台センター家賃値下げ分です。一方支出の増加は、藤沢教会50周年記念事業として信徒会館各部屋の机・椅子の更新、司祭館の改修を行った分と教会車両が増加した分の交通費の増加が入ります。

* 修繕特別会計はバザーよりのご寄付は前年同額を寄贈頂きありがとうございました。50周年記念事業などで一般会計からの繰入は出来ませんでしたが、信徒皆様のご協力によりこのような収支となりました。

* 売店特別会計に関しては、がりらや売店は信徒有志によるボランティア活動で支えられております。2005年度はスタッフ方による商品取入れの工夫、そして販売ボランティアの方々の努力で前年比+32.4%と大きな売上を計上することができ、売場改装費用も処理して2005年度の藤沢教会全体の収支を黒字とすることができました。感謝致します。

 藤沢教会は創立51年目に入り信徒の活動も益々活発になる事と思います。財務部もそれらの活動を支えるべく努力して参ります。教会活動は皆様の奉仕に支えられておりますが、宣教・福祉などの活動や教会の維持管理のために資金が必要です。当教会の年間収入7千万円のうち安定した収入を支える大きな役割を担う維持費の7割が、60才以上の方によって納入されている現状の中で、将来を担う若い方々のご協力も是非お願いする次第です。

維持費現況

月額 件数
1000円未満 24
1000円〜1999円 161
2000円〜2999円 231
3000円〜4999円 219
5000円〜9999円 134
10000円以上 28
合計件数 797
平均月額 \2,997

 昨年度より維持費納入のご便宜を考え(特にお仕事の忙しい方、教会まで出向くのが難しい方)郵便局による「自動引落し」を実施し好評を得ております。皆様のご加入をお待ち致します。

 昨年末に聖堂内献金BOXが荒らされました。日曜日以外は維持費袋・献金などは、ご足労でも教会事務所までお届け下さい。今後とも皆様のご協力をよろしくお願い致します。

アスベスト問題

昨年来アスベストによる健康被害(中皮腫など)が表面化し、大きな社会問題となっています。アスベストは1970年代に建設された建物に多く使用されているとのことで、当教会の建物についても調査したところ、聖堂上部ステンドグラスの窓枠にトムレックスというアスベストを含むと思われる壁材が吹き付けられていることが判明しました。10月に専門調査機関にアスベストの有無確認および分析を依頼し、聖堂中央部空気、壁材、窓枠周辺に堆積した埃について試料を採取し分析した結果、聖堂内空気中にはアスベスト様の物質は確認されませんでしたが、壁材及び埃の中にクリソタイル(白石綿)というアスベスト物質が含まれていることが確認されました。

何らかの対策を講じる必要があると思われますが、具体的方法としては @封じ込め(薬品で固め、飛散を防ぐ)A除去 の二通りの方法が考えられます。夫々について現在、複数の専門業者に見積りを依頼しており、見積りが出しだい、費用、工期(工事中、聖堂は使用できないと思われますので、その間の対応、実施時期も含め)、将来のことなどを考慮に入れ、対策を検討したいと考えます。

「がりらや」(売店)ご報告

 2004年10月に引継ぎ新体制で1年余経ちましたので、「がリらや」(売店)の状況をご報告いたします。

 まず長年責任者としてお一人で「がりらや」運営をしてこられた前任者の労をねぎらいたいと存じます。

 現在は約10名のスタッフが毎月ミーティングをしながら運営をしております。そのほかに毎日のお当番の方々に支えていただき売店は成り立っております。
また、待降節にはいつもより営業時間を4時間長くいたしましたが、壮年部の方に手伝っていただき大変心強い思いをいたしました。1月9日には約30名の方が棚卸しのお仕事をしてくださり感謝です。送料節約のため、商品を運んでくださる方もおられます。

 昨年1月末の改装で、入口付近の道路にあった消火栓の表示板を移動し、店内のレイアウト、壁、床、照明を変えていただきました。その結果大変明るく入りやすくなったとのお声をたくさん頂戴いたしております。駅に近く道路に面しているという立地条件のよさからか、他教会の方、プロテスタントの方、ミッション校の出身の方、また今までキリスト教にご縁のなかった方も立ち寄ってくださいます。

 教会の売店の使命は収益よりまず宣教の場であるとの思いを全員心掛けておりますが、お陰さまで昨年の売上げは当初の予想を大幅に上回ったことはうれしいことでした。収益の面も順調で財務部の方から一般会計の赤字が売店の収益のお陰で黒字になったとのお話をいただき、多少ともその面でもお役に立てたことをうれしく思っております。

 商品の品揃えもなるべく皆様に喜んでいただけるものをと心がけております。ただ在庫のスペースが少なく、ものによってはご注文を受けてから、発注ということもあり、少しお待ちいただくこともあります。また、商品のご希望等を教えていただけますとそれを参考に仕入れをいたします。

 まだまだお当番の人数が足りませんので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。これからもよりよい「がりらや」にしたいと思いますので、お気づきの事がありましたらお教えくださりますようお願い致します。

信徒総会・第2部 「分かち合いのテーマ」について

 今度の総会のテーマはどうしようかと話し合った席の中で、あるメンバーから「私の夫は未信者ですが、教会のある活動に参加しています。その仲間内でお互いの悪口や、批判の応酬があるらしく、同じ信仰を持つ者同士なのに何故なのか?と質問されて大変困りました。こういう時、どう答えたら良いのでしょうか?また聖堂に入る時、聖水を付けるのは分かるのですが、出る時も必要が本当にあるのでしょうか?」という話が出ました。なる程こういう悩みや疑問なら、信者一人一人が皆持っている筈です。これまでなんとなく自分の中でウヤムヤにしていたこと、疑問に感じていたこと、あるいは教会ってこうあって欲しいな、と思っていることなどを率直に出し合う…何だかここに、素晴らしい時間を共有できそうな予感がしませんか!?

テーマは、『皆で話そう!何でも話せば・・信徒爽快!』です。

 どうぞお一人ひとつ、何でも結構、こうした疑問や夢・希望をお持ち寄り下さい。この分かち合いの中で、或いは51年目のスタートを切った教会の新たな課題が見つかるかも知れません。信徒総会で皆、爽快!!

教会委員会組織図

教勢表



ホームページに戻る  資料室メニューに戻る