悠々散歩
No
阿倍野の七坂 阿部野神社の周辺( 住吉高校に残る「岸の姫松」)
(2005年3月 作成)   

北畠の坂道
   この周辺は坂が多い。阿倍野の七坂とも、北畠の五坂とも、言われているとか??
   いずれも石の道標が建っている。 下の5坂は阿部野神社への参道にもなっているようだ。

   また、岸の姫松は、上町線の北畠駅の西側、住吉高校の正門前に移植されている。
   グラウンドフェンスに囲まれて窮屈そうな存在だ。


相親坂


相生坂






みなみ坂

みどり坂 やしろ坂

↓↓↓
道標が無くなってる!
(2012年1月)

↓↓↓
石垣は壊され、整地され・・・
(2012年1月)
↓↓↓

(2016年2月)

10Mほと上の、石垣の下に 移設されていた。
↓↓↓

(2016年2月)
完全に整地され、手前の石垣も無くなり
 道標も撤去
・・・

マンション建設反対のパネル






さくら坂 みや坂
道標の有り無はどうでも良いわ。 この周辺は立派な坂ばかり。。。
昔は「岸の姫松」が茂っており、その後方は小山、崖、、、だったんだ。
そこを宅地にしたんだから、坂、坂、坂
立派な邸宅と坂の町、、、歴史をかみしめて散策するのも 良いもんですね



岸の姫松

住吉高校正門前に移植され残っている。
でもグラウンドのフェンスに挟まれ、可愛そうな姿ですね〜



江戸時代の面影は・・・
岸の姫松 (住吉名勝図会)





なお、この近くには古代万葉時代の染め原料、黄土(はにふ)発見の地がある。
金子晋 氏  〜黄土(はにふ)発見の地

阿部野神社  (漢字に注意 !)
     最近は薪能の催などで注目されています。    〜〜2005年薪能の写真〜〜
阿部野神社 (漢字が違うのに注意)
御祭神は北畠親房・顕家親子
明治新政府が尊王思想により創建した神社
阿部野神社 西側より本殿へ
(地面に歴史の散歩道の印が見える)

■ HOME  ■ 住吉悠々散歩