本文へスキップ

札所遍路32番般若山法性寺のご案内です。

埼玉県秩父市札所巡り

札所32番般若山法性寺


ねがわくは はんにゃの舟に のりをえん いかなる罪も 浮ぶとぞきく
札所 秩父札所32番寺の般若山の額をかかげた山門は、白木の精巧な造りで、札所では唯一の鐘楼門で楼上は鐘を吊る為、化粧屋根になっています。舞台造りの観音堂は、方形屋根、三間四面で内陣の外側は吹抜けになっています。秩父札所32番の本堂の前立に、冠の上に笠をかぶり、櫂を持って船を漕いでいる珍しい観音像が安置されています。観世音が船に乗って出現されたという縁起にもとづく立像で、この寺のことをお船観音と呼ぶのはこれによる。また、奥の院である山上の岩場が大きな船の舳先の様な形をしているのも名の由来の一つであります。そこには、等身大の青銅製の大日如来がまつってあります。札所32番の観音堂の寺宝の一つに長享番付がある。札所が34ヶ寺に編成替えになる前、つまり33番寺番付を記したもので、1488年(長享2年)の記録であります。昔、巨岩からあやまって落ちてしまった江戸の町人の手代の話があります。観音様のご利益でけがをしなかったばかりか、盲目の主人の眼が開いたといいます。
住所:秩父市小鹿野町般若2661 TEL:0494-75-3200


札所 秩父札所32番寺は、お船観音と呼ばれて親しまれております。裏山の奥の院は、巨大な岩石でできていて、船のへさきのような形をしています。本堂には笠をかぶり、かいを持って船をこいでいる観音様の額が掲げてあります。


札所 秩父札所32番寺の大岩までたどり着くには、大岩の洞門をくぐりながら山腹につけた岩道をたどります。やっとの思いでつくと、急な斜面になっているので落ちないように奥へ進むと大日如来が祀ってあります。大岩の上にあるので、見たときには大変、有難く思います。


札所 観音堂の下に百観音、西国、坂東、秩父、御砂踏と彫られた新しい碑があります。この前にある足形に乗って拝むと、百観音お詣りの御功徳があるといいます。巡礼者の方が足形に乗って拝んでいる姿を見かけます。


札所 般若堂の裏にお堂があってお地蔵様が祀られております。この地蔵様は子授けのご利益があるといわれております。断崖を背にしたお堂の前で熱心に拝んでから本堂でお地蔵様のお姿をお借りしていくのであります。


札所 秩父札所32番寺本堂の左手に、お船の形をした石の上に子供を抱いている姿の観音像があります。子供の無事成長を願って、小さなお姿を供えて供養する人がおおいです。巡礼者の多くの人がお船観音をみて拝んでいきます。


札所 秩父札所32番寺の大岩の洞門をくぐりながら山腹につけた岩道をたどると頂上につきます。右側の方へいくと大きな岩の背に岩船観音様がみえてきます。ここは、あたり一面が見渡せるので、清々しい気分になれます。岩船観音様まで行くときは気をつけていかれてください。