はじめに そもそもの疑問ギモン
情報ジョウホウ収集シュウシュウ インターネットによる情報ジョウホウ収集シュウシュウ
状況ジョウキョウ確認カクニン マワりの状況ジョウキョウ
行動コウドウその1 ネットジョウでのわせ
行動コウドウその2 主治医シュジイ相談ソウダン (○市E動物ドウブツ病院ビョウイン
行動コウドウその3 メールで近隣キンリン動物ドウブツ病院ビョウインわせ
行動コウドウその4 このHPをげてみました(主旨シュシ説明セツメイ
行動コウドウその5 近隣キンリン動物ドウブツ病院ビョウインとのメールのやりり (○市ND動物病院、○市TW動物病院、○市NT動物病院
                        ○市I動物病院、△市TY動物病院、○市HY動物病院、
                        ○市AS動物病院、○市DT動物ドウブツ病院ビョウイン、□市DI動物ドウブツ病院ビョウイン
とりあえずまとめ? 話題のドラマ「○い巨塔」とワクチン接種セッシュ関係カンケイ
テキスト ボックス: 当HPはリンクフリーです。
もうヒトつの疑問ギモン 本当ホントウ適切テキセツなワクチンプログラムを実施ジッシしているのか?
日本ニホン使ツカってるワクチンってほとんど海外カイガイセイなの?
テキスト ボックス: 以後の更新は基本的にBLOGで行います。
参考サンコウ資料シリョウ 米国ベイコクのガイドラインやワクチンの副反応フクハンノウカンする参考サンコウ資料シリョウ
ワクチンにカンするトピックス
BLOG(new entry) ブログと自動ジドウリンクを設置セッチいたしました。
BLOG(first entry) オナナヤみをヌシさん同士ドウシ情報ジョウホウ交換コウカンのツールとしてお気軽キガルにご利用リヨウください。
自動ジドウリンク
動物医療関連情報 since 2004,3
はじめに
ペットブームといわれる現在ゲンザイ、ペットの健康ケンコウについて色々イロイロ沙汰ザタされることがオオくなってきました。
コトこりは2003ネンナツボウサイトの掲示板ケイジバンでこのようなみをたことからハジまりました。
混合コンゴウワクチンの接種セッシュは3ネンに1ホウ安全アンゼンで、予防ヨボウ効果コウカわらないそうです」
一瞬イッシュンウタガいました。
イマまで愛犬アイケン健康ケンコウタメネンカイ接種セッシュがあたりまえとカンガえそれを実施ジッシしてきたのですから・・・。
当然トウゼン、かかりつけの獣医師ジュウイシからもそのような説明セツメイけたことはなく、
タダ々、毎年マイトシ動物ドウブツ病院ビョウインからオクられてくる「ワクチン接種セッシュのおらせ」のハガキにシタガって、
毎年マイトシシュ混合コンゴウワクチンを接種セッシュしていた・・・・・。
情報ジョウホウ収集シュウシュウ
とにかく、ききかじりの情報ジョウホウではなんとも判断ハンダンできません。
とりあえずインターネットで情報ジョウホウ収集シュウシュウ現状ゲンジョウ確認カクニンしてみることにしました。
色々イロイロ調シラべてみて、この情報ジョウホウ出所デドコロはどうやら米国ベイコクの米国獣医学協会(AVMA)、
米国動物病院会(AAHA)などが提唱テイショウしているワクチン接種セッシュカンするガイドラインの
コトらしいということがわかってきました。
クワしい説明セツメイ割愛カツアイさせていただきますが、簡単カンタンにいうと
混合コンゴウワクチンの接種セッシュによってられる免疫メンエキ抗体コウタイは1ネン以上イジョウ持続ジゾクする。
接種セッシュ期間キカンを3ネンとしてもその効果コウカわりはなく、
過度カド追加ツイカ接種セッシュ愛犬アイケン不必要フヒツヨウ危険キケンサラすことにホカならない」
ということらしいです。
スコ補足ホソクいたしますと、混合コンゴウワクチンのナカにはきた病原体ビョウゲンタイ弱体化ジャクタイカさせたナマワクチンと
死滅シメツした病原体ビョウゲンタイモチいる不活化ワクチンなどがあり、
それぞれ抗体コウタイ持続ジゾクする期間キカンコトなるのですが(クワしくくとナガくなるので割愛カツアイいたします)、
とにかく、重要性ジュウヨウセイタカ主要シュヨウなワクチンは5ネンから7ネン、もしくはそれ以上イジョウ持続ジゾクするという
試験シケン結果ケッカがあり、3ネンに1接種セッシュ問題モンダイないとしているそうです。
その重要性ジュウヨウセイヒクいワクチン(感染カンセン機会キカイスクない、重傷ジュウショウではない、
予防効果に対してワクチン接種セッシュによるフク反応ハンノウ{*副作用フクサヨウ}などの危険性キケンセイタカい)、
は、それぞれのライフスタイルにわせて接種セッシュするかイナかをめるとありました。
重要性ジュウヨウセイヒクいワクチンのナカには抗体コウタイ持続ジゾク期間キカン半年ハントシというものもあり、
「じゃあ、ワクチンメーカーの推奨スイショウしているネンカイ接種セッシュって、そもそもどういう基準キジュンサダめられているの?」
カンじました。
「ホントは1ネン以上イジョウつんだけど、年1回の接種だと、うっかり忘れることが少ないから」
なんていう、よくわからないウワサミミにしましたが・・・・・(ワラ)。
とにかく動物ドウブツ医療イリョウ先進国センシンコクアメリカ(ワタシ主観シュカンですが)では、ワクチンによる恩恵オンケイトモに、
ワクチンによるフク反応ハンノウ懸念ケネンされ、問題視モンダイシされてきています。
さらに調シラべてみると、日本ニホン国内コクナイでも日本ニホン獣医学ジュウイガク臨床リンショウフォーラムで、
「成犬は5種ワクチンを3年に一度接種するだけでよい。 ←(参考サンコウ資料シリョウ項目コウモク記事キジのURLを記載キサイしておきました)
このやり方はアメリカではもう常識になっていて、日本でも獣医大学の教科書に明示される」
と、この米国ベイコクのガイドラインについてげられたことがあるようです。
一応イチオウネンタメ追記ツイキしておきますが、ワクチン接種セッシュしているからといって絶対ゼッタイ病気ビョウキにかからないというわけではありません。
ワクチンを接種しても固体コタイによっては十分ジュウブンに免疫抗体が得られない場合もあり、
ネンに1カイだろうと1ネンに1カイだろうと病気ビョウキにかかることはあります。
状況ジョウキョウ確認カクニン
色々イロイロ情報ジョウホウ収集シュウシュウカサね、知識チシキんでみたものの、
実際ジッサイのところはどうなのだろう???
いきなり主治医シュジイ先生センセイ直接チョクセツ疑問ギモンをぶつけてみるのもスコ躊躇タメラわれましたので、
ワタシスコ様子ヨウスをみることにいたしました。
しかし、前述ゼンジュツ米国ベイコクのガイドラインについて(ワタシカギり)TVや雑誌ザッシなどにげられることはなく、
書店ショテンオモムき、どのペット関連カンレン書籍ショセキをみても「ワクチンはネンカイ接種セッシュ」とハンしたようにかかれているだけで、
米国ベイコクのガイドラインについてかかれているものはありませんでした。
このガイドラインが100%タダしいのかどうかは、ワタシには判断ハンダンがつきません。
「でも、日本ニホンでも研究ケンキュウ調査チョウサがされ、もっといろんな情報ジョウホウがあってもいいはずなのに・・・・」
ワタシカンじた素朴ソボク疑問ギモンでした・・・・。
行動コウドウその1
とりあえず、専門家センモンカにこの疑問ギモンをぶつけてみようと、
ボウ獣医師ジュウイシサイトをはじめ様々サマザマ掲示板ケイジバンで、米国ベイコクのガイドラインについて質問シツモンしてみました。
多数タスウ獣医師ジュウイシ一般イッパンヌシカタのご意見イケンウカガうことができましたが、
やはり、ほとんどの獣医師ジュウイシネンカイ接種セッシュ推奨スイショウしており、
米国ベイコクのガイドラインについては否定的ヒテイテキ懐疑的カイギテキ意見イケンオオかったようにカンじました。
(メーカーがネンカイ推奨スイショウしている以上イジョウ無理ムリもないことかもしれませんが・・・・)
一部イチブ獣医師ジュウイシ一方的イッポウテキけがましい意見イケンもあり、不愉快フユカイオモいもしたこともスクなくありませんでした。
また、一般イッパンヌシカタナカにはワクチンのフク反応ハンノウ愛犬アイケンくされたカタや、
体調タイチョウクズしたというカタもおり、ワクチン接種セッシュ自体ジタイ否定的ヒテイテキ意見イケンもありました。
結局ケッキョクのところ、
「米国のガイドラインが日本においても実施できるかどうか?」
といういにタイしてのコタえは、
「データがない、実績ジッセキがない、よくわからない、だからとりあえずメーカー推奨スイショウ期間キカンネンカイ接種セッシュ実施ジッシしている。
フク反応ハンノウについては個別コベツ対応タイオウするから大丈夫ダイジョウブ!」
みたいなカンじでした・・・・。色々イロイロ意見イケンイタダいた獣医師ジュウイシナカには、
副反応フクハンノウ回数カイスウ依存イゾンされるものではなく、接種セッシュ回数カイスウらしたところで、
副反応フクハンノウこすイヌこす!、日本ニホン抗体コウタイ持続ジゾク期間キカン裏付ウラヅけるデータがない以上イジョウ
とにかくネンカイ接種セッシュしておくにしたことはい」 副反応フクハンノウ接種セッシュ体調タイチョウにもよりますし、ナニより弱体化ジャクタイカさせたとはいえ、
みたいな意見イケンもありました。  ナマワクチンはきた病原体ビョウゲンタイです。できるならば、
ワタシとしては、  接種セッシュする機会キカイスクないにこしたことはないとオモうのですが・・・。
専門家センモンカがわからないではハナシにならない。
データがないなら積極的セッキョクテキ調査チョウサ検証ケンショウして専門家センモンカ統一トウイツ見解ケンカイ発表ハッピョウしてしい」
テキスト ボックス: 「注」
抗体検査はあくまで、検査時点での抗体価を測るもので、その後の抗体価を保障するものではありません。
例えば一年毎に抗体検査を実施し十分な抗体価が確認できていたとしても、次の検査までの期間(一年間)の抗体価を保障するものではないということです(例えば半年後に抗体価が落ちたりする可能性を含んでいる)。
ただ定期的に検査を行うことによって抗体価の推移をある程度予測できるかもしれません。
この点は注意が必要であり、ワクチン接種とあわせて、確実で効果的な検査の実施を考えなくてはなりません。
と、カンじずにはいられませんでした
[抗体検査]
色々イロイロ調シラべていてったのですが、ワクチンをあまりちたくない場合バアイ
もしくはワクチンの効果コウカ確認カクニンしたい場合バアイは、抗体コウタイ検査ケンサ実施ジッシすればよいそうです。
免疫メンエキ抗体コウタイアタイ検査ケンサし、実際ジッサイ病気ビョウキタイする抵抗力テイコウリョク十分ジュウブンソナわっているかどうかを
判定ハンテイすることができるそうです。
定期的テイキテキ抗体コウタイ検査ケンサオコナい、抗体価が減少ゲンショウしているトキだけワクチンの追加ツイカ接種セッシュオコナえば、
必要ヒツヨウ最小限サイショウゲン接種セッシュですむということです。(もちろん検査ケンサ費用ヒヨウ余分ヨブンにかかりますが)
これはワクチンの副反応フクハンノウ危惧キグするヌシにとって、非常ヒジョウ有益ユウエキ検査ケンサといえます。
しかし、外部ガイブ検査ケンサ機関キカン委託イタクしなければならなかったりするようで、
あまりこれをススめる獣医師ジュウイシはいないようです。
ワタシ感想カンソウといたしましては、
抗体コウタイ検査ケンサがもっと積極的セッキョクテキ実施ジッシされれば、ワクチンの持続ジゾク期間キカンのデータがとれるのに・・・・、
それによってネンカイにしろ、3ネンに1カイにしろ接種セッシュ期間キカン妥当性ダトウセイ証明ショウメイされるんじゃないかな?・・・・、
獣医師ジュウイシ注射チュウシャつばっかりじゃなく、もっと患者カンジャ説明セツメイすればいいのに・・・・」
カンじました。
行動コウドウその2
ハルになって、ワクチン接種セッシュのおらせのハガキがかかりつけの動物ドウブツ病院ビョウインからオクられてきました。
いよいよ、獣医師ジュウイシ直接チョクセツ疑問ギモンをぶつけることになりました。
そして、勇気ユウキをだして米国ベイコクのガイドラインについて質問シツモンしてみたところ・・・・(○動物ドウブツ病院ビョウイン
「そんなハナシいたこともい」 最初サイショから相談ソウダンちません。らないなららないで
 調シラべてから返答ヘントウするなど、真摯シンシ対応タイオウをおネガいしたいところです。
「ワクチン接種セッシュオコタるのはとてもススめられない」 米国ベイコクのガイドラインをらないワリには、一方的イッポウテキ否定ヒテイ
イマ伝染病デンセンビョウ流行ハヤっているので危険キケンだ。
ゲンイマ去年キョネンワクチンを接種セッシュしなかったイヌがパルボで当院トウイン入院ニュウインしている」
ネンカイきっちり接種セッシュしていても病気ビョウキ感染カンセンする可能性カノウセイがあることにマッタれていません。
 どうしてワクチン接種セッシュオコタったために病気ビョウキになったとけることが出来デキるのでしょうか?
ホカ病院ビョウインでは半年ハントシに1ススめているところもある、しかしウチはネンカイススめている」
ナニいたいのかくわかりません。
 レプトスピラなどのカツワクチンは持続ジゾク期間キカンミジカく、半年ハントシというハナシもあります。
 獣医師ジュウイシそれぞれのカンガカタ、ポリシーのモトづいて半年ハントシに1推奨スイショウしているのであれば、
 ベツにいいのではないでしょうか?
大多数ダイタスウ病院ビョウインネンカイ推奨スイショウしており、3ネンに1カイ接種セッシュオコナっている病院ビョウインはこの市内シナイにはい」
われてしまいました。
「(アメリカのガイドラインでうところの)コアーワクチンは5年以上ネンイジョウつというハナシいたのですが・・・・・」
オソオソってみたのですが、
「アメリカではそういうワクチンもあるのかもしれませんね〜、
とにかくつなら毎年マイトシきちんとつ、ちたくないなら半端ハンパっても仕方シカタないんで、
まったくワクチンを接種セッシュせず、イヌ一切イッサイソトさずに病原体ビョウゲンタイ隔離カクリすることですね」
らないんなら、それを謙虚ケンキョめて、ちゃんと調シラべたウエ
 対応して下さいよ〜。その場で適当な返事しないで下さい・・・・。
と、調シラべもしないで適当テキトウ返答ヘントウをされてしまいました・・・・・。
そして、とにかくメーカーがネンカイ推奨スイショウしているからと、
そのままうやむやに年1回接種するという流れに・・・・・・。
ナンだか消化ショウカ不良フリョウカンじでした・・・・。
「はぁ?、素人シロウトナニってんの?、そんなの無理ムリまってんじゃん!」
言葉コトバ丁寧テイネイでしたが、終始シュウシこのような論調ロンチョウであったため、とてもクヤしくてカナしいオモいをしました。
患者側の立場といたしましては、獣医師がそれぞれ前向きに調査、検討した結果であれば、
年1回、3年に1回どちらを推奨スイショウされていようとも、安心して愛犬をマカせられるのですが・・・・。
行動コウドウその3
疑念ギネンのはれないワタシは、メールで近隣キンリン動物ドウブツ病院ビョウインわせをすることにしました。
そこでナンらかの結論ケツロンられるとシンじ、下記カキのようなメールをとりあえず10ケン程度テイドオクってみました。
はじめてお便りさせていただきます。        
○市に住む○○と申します。    
本日はワクチン接種に関してご相談させてイタダきたいコトがあり    
お便りさせていただきました。    
     
米国獣医学協会(AVMA)、米国動物病院会(AAHA)などで公表されている  
ワクチン接種に関するガイドライン(3年に1度の接種)についてですが、  
日本においてはワクチンメーカーが年に1回の接種を推奨して いることもあり、
(英国獣医学薬品委員会はワクチンメーカーの年1回の記述は不適切であると指摘し
ているという話も聞きます)    
米国のガイドラインを実践されている医院は非常に少ないと感 じております。
一般の飼い主の中にはワクチンの副反応を危惧し、    
必要最小限の接種回数ですませたいと考える方も少なくないと思います。  
そういう方達にとって、この米国のガイドラインは非常に興味深い話だと思います。
私個人の意見といたしましては、    
方法の是非はともかくといたしまして、    
米国の最先端の医療に対して前向きに取り組み、    
積極的な検討がなされている医院にお世話になりたいと考えております。  
現在、愛犬を診て頂ける医院を探しております。    
誠に不躾な質問ですが、貴院におかれましては、    
上記の団体の定めるワクチン接種のガイドラインについてどのような見解をお持ちで
しょうか?    
     
お忙しいところまことに恐れ入りますが、    
ご対応の程、よろしくお願い申し上げます。      
行動コウドウその4
まとめとして、このHPをげてみました。
ワクチン接種セッシュについて疑問ギモン不安フアンちつつも、なんとなく獣医師ジュウイシススめにシタガっており、
獣医師ジュウイシメンかってだと気後キオクれしてしまい、なかなかワクチンの危険性キケンセイ米国ベイコクのガイドラインについて指摘シテキできない、
相談ソウダンしづらい、そんなカタスコしでも参考サンコウになればとオモいます。
ケッして、ネンカイ接種セッシュ支持シジされるカタトナえるものではありません。
ネンに1接種セッシュという(米国ベイコク獣医師ジュウイシ団体ダンタイ推奨スイショウする)ワクチネーションのホウが、
犬のためには良いという考え方もあるということです。
また、オナネンカイ接種セッシュという方法ホウホウ選択センタクするにしても、
ただ獣医師ジュウイシ指示シジシタガって盲目的にネンカイ接種セッシュオコなうのと、
他の接種方法によるメリットとデメリットを踏まえ、愛犬アイケン健康ケンコウのためにナニ最善サイゼンであるか、十分ジュウブン検討ケントウオコなったウエで、
飼い主本人が本当に納得して、ネンカイ接種セッシュオコなうのとではまったく意味イミコトなってきます。
ナニ愛犬アイケン健康ケンコウのために最善サイゼン方法ホウホウであるか?
ダレもにてはまる、唯一ユイイツ無二ムニ正解セイカイいのかもしれません。
しかし、それぞれヌシ愛犬アイケンのために熟考ジュッコウミチビしたコタは、唯一ユイイツ無二ムニのものであり、
例えそれがどんな答えであれ正解なのだと考えます。
行動コウドウその5
行動コウドウその3」で近隣キンリン動物ドウブツ病院ビョウインオクったわせにタイして、いくつか返答ヘントウがありました。
ワタシ返信ヘンシンのメールはほぼ原文ゲンブンのまま記載キサイいたしますが、
獣医師ジュウイシ回答カイトウについては要約ヨウヤクしたものを転記テンキさせていただきます(原文ゲンブンのままだと支障シショウがあるかもしれませんので)。
○市ND動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
獣医師ジュウイシとしてではなくワタシ個人的コジンテキ見解ケンカイということで御了承ゴリョウショウしてしい。    
先日JAHA(日本動物病院福祉協会)主催の国際セミナー‘最新の感染症学’でも、  
ジステンパー、パルボ、アデノ(伝染性肝炎)に関しては、およそ3年間免疫が続くと  
述べられていた。    
しかし、パラインフルエンザは約1年、レプトスピラに関しては、1年未満で免疫が落ちてしまう
種類もある。    
以上イジョウ事実ジジツから、ジステンバー、パルボを予防するといった意味においては、  
3年間隔の接種でよいとカンガえる。    
しかし、地域的に発生可能性のあるレプトスピラなど、免疫持続期間の短いものについても、
予防を行うため年1回の接種を推奨する。    
また、3ネンゴト接種セッシュではナニかトラブルがあった場合バアイ、メーカーや動物ドウブツ病院ビョウインでは対応タイオウできない。
文面ブンメンからかなり研究ケンキュウされているような印象インショウけました。
ただ、レプトスピラの必要性ヒツヨウセイスコ違和感イワカンカンじましたので追加ツイカ質問シツモンをしました。
○市ND動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウタイするワタシ返信ヘンシン
非常に丁寧な御回答、誠にありがとうございます。        
○○先生の誠実なご対応に非常に安心いたしました。    
     
このようなメールを出すに至った経緯を少しご説明させていただきますと、    
実はかかりつけの獣医師に直接、このアメリカのガイドラインに関する質問をいたしましたところ、
「そんな話は知らない」    
の一言で一蹴されてしまいました。    
患者側の立場といたしましては、獣医師がそれぞれ前向きに調査、検討した結果であれば、
年1回、3年に1回どちらを支持されようとも、安心して愛犬をお任せできるのですが、  
「自分は知らない、とにかく年1回しないと病気の予防ができない」    
との答えでは不安を感じずにはいられませんでした。    
     
動物医療の素人の私が、このアメリカのガイドラインをどう捉えればよいのか、  
やはり専門家のご意見を伺うほか無いと思い、○○先生にご相談させていただきました。  
○○先生の丁寧なご説明をいただき安心いたしました。    
     
お答えいただきました内容について、もう少しお伺いしたいのですがよろしいでしょうか。  
     
レプトスピラは○市では実際どの程度、流行しているのでしょうか?    
     
またレプトスピラのような不活化ワクチンは抗体の持続期間が半年という話も聞きますが、
完全に予防するためにはやはり、半年に1度の接種を行うべきなのでしょうか?  
過度のワクチン接種は副反応が懸念されますが、リスクベネフィットの点からもやはり、  
接種するほうが望ましいのでしょうか?    
     
またレプトスピラワクチンは、その弱毒性ゆえに、初回の接種は短期間に続けて2度  
以上接種しなければ、    
免疫が得られないという話も聞いたのですが、本当なのでしょうか?    
(私の愛犬は仔犬の頃に5種ワクチンと8種ワクチンを接種し、その後年1回、8種ワクチンの
接種を続けています。    
つまり、この話が正しければ私の愛犬は現在8種ワクチンを接種しているにもかかわらず、
レプトスピラの免疫については十分ジュウブンなレベルまで得られていないということになってしまいます)
     
質問ばかりで申し訳ありません。    
もしよろしければ、ご対応の程よろしくお願い申し上げます。      
現在、回答待ち。 (一年イチネンハン程たちましたが、まだ何の返答もありません。お答えいただけないのでしょうか?
コタイタダけないならおコタイタダけないでベツカマわないのですが、何故ナゼそのムネ連絡レンラクいただけないのでしょうか?
ナニ不都合フツゴウでもあるのでしょうか?)
○市TW動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
患者カンジャさんに説明セツメイしている資料シリョウをおオクりします。        
ワードのファイルが添付テンプされていた。
ワクチン接種セッシュ推奨スイショウするメーカーのパンフレットのような内容ナイヨウだった。
こちらの質問シツモン意図イトがあまりツタわってなかったのでしょうか?
ギョウ返信ヘンシンしてきてくれました。
○市NT動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
日本ニホン米国ベイコクでは事情ジジョウコトなる。          
日本ニホンではデータがいのでなんともいえない。    
メーカーがネンカイ推奨スイショウしているので、当院トウインでもそうしている。      
米国ベイコク状況ジョウキョウコトなるというのは、もうきた台詞セリフですね。
そもそも、環境カンキョウコト言い出イイダせば、広大コウダイ米国ベイコクのほうがジツ多種多様タシュタヨウ飼育シイク環境カンキョウであり、
一概イチガイ米国ベイコクとひとくくりにロンじられなくなるのでは?
などと素朴ソボク疑問ギモンイダくのはワタシだけでしょうか?
また、米国ベイコク事情ジジョウコトなるのならば、なおさら日本ニホンでも積極的セッキョクテキ検証ケンショウすべきでは?
カンじてしまうのですが・・・・・。
一応イチオウんでいてみました。
○市NT動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウタイするワタシ返信ヘンシン
早速のご回答、誠にありがとうございます。        
     
追加の質問で恐縮なのですが、    
     
日本のワクチンについてはデータが不足しているとの事ですが、    
現在、日本において米国のガイドラインが日本でも実施可能かどうか、    
調査、検証している個人、団体等はあるのでしょうか?    
それとも日本では何の取り組みもなされていないのでしょうか?    
もしよろしければ御教授下さい。    
     
お忙しいところお時間をとらせてしまい、誠に申し訳ございません。    
○市NT動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
十分な情報を持ち合わせておりません。          
原文ゲンブンドオ掲載ケイサイしてしまいました。
(たった一行イチギョウ返信ヘンシンなので要約ヨウヤクのしようがありませんでした)
あまり意義イギのある相談ソウダンになりませんでした・・・・・・。
○市I動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
米国ベイコクのガイドラインをそのまま日本ニホンえてカンガえることはできない。    
疫学的状況もオオきくコトなる。    
犬種ケンシュ地域チイキ状況ジョウキョウなどによって最適サイテキなワクチンプログラムを考慮コウリョした結果ケッカ    
もしかしたら2ネンに1カイ、3ネンに1カイ接種セッシュしているということもあるかもしれない。  
かかりつけの医師イシとよく相談ソウダンしてみてください。        
なんとなく、サキえてしまったので、お礼のメールを送信して終了。
よくよくると、一般イッパン小動物ショウドウブツ診療シンリョウオコなっていない動物ドウブツ病院ビョウインのようでした・・・・・・。
△市TY動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
ネンごとの接種セッシュ提唱テイショウされているのはネコのワクチンで、      
イヌのワクチンについては欧米オウベイでもまだ議論ギロンされている問題モンダイ    
PL法、薬事法のテンからも、    
獣医師はメーカーの添付文章(年1回)の通り処方しなければならない。    
日本ニホン米国ベイコクでは状況ジョウキョウコトなる、現在の日本では時期尚早だとカンガえる。    
やはりメーカーの添付テンプ文章ブンショウがキーポイントのようです。
しかし、現実ゲンジツには米国ベイコクのガイドラインを実践ジッセンしている日本ニホン獣医師ジュウイシがいることもまた事実ジジツ
もうスコんで質問シツモンしてみました。
△市TY動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウタイするワタシ返信ヘンシン
早速の御回答、誠にありがとうございます。        
丁寧なご説明、嬉しく思います。    
     
お答え頂いた内容について、いくつかご質問させていただきたいのですが、    
     
1.でお答えいただいている猫のワクチンについては、    
メーカーも3年に1度の接種を推奨しているのでしょうか?    
また、貴院におかれましても3年に1度の接種を推奨されておられるのでしょうか?  
     
犬のワクチンでは、日本と米国では事情も異なるとはいえ、    
獣医団体により積極的に調査研究が行われている米国に対し、    
日本では実際どのような取り組みが行われているのでしょうか?    
個人レベルで3年に1度の接種を実践されている獣医師もおられるようですが、  
日本ではあまり業界全体(獣医師団体、ワクチンメーカー含めて)として、    
前向きに検討されていないような印象を受けるのですが・・・・。    
そのため、あまり一般にこの問題が認知されていないように感じました。    
先日、思い切って主治医の獣医師に直接相談を持ちかけたところ、    
「そんな話は聞いたことが無い」    
と一蹴されてしまいました。    
患者側の立場といたしましては、獣医師がそれぞれ前向きに調査、検討した結果であれば、
年1回、3年に1回どちらを支持されようとも、安心して愛犬をお任せできるのですが、  
「自分は知らない、とにかく年1回しないと病気の予防ができない」    
との答えでは不安を感じずにはいられませんでした。    
動物医療の素人の私が、このアメリカのガイドラインをどう捉えればよいのか、  
やはり専門家のご意見を伺うほか無いと思い、○○先生にご相談させていただきました。  
○○先生の丁寧なご説明をいただき安心いたしました。    
     
ご対応誠にありがとうございました。          
△市TY動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
ネコのワクチンについて、3ネンに1接種セッシュはメーカーは推奨スイショウしていない。    
この問題も、国際的に科学的なコンセンサスは得られていない。    
     
日本ニホンでも研究ケンキュウオコナわれているが、メーカーや大学ダイガク研究者ケンキュウシャオコナっている程度テイドで、  
米国ベイコクのように組織的ソシキテキにはオコナわれていない。    
タシかに日本ニホンでは前向マエムきに検討ケントウされていないかもしれない。    
学問的、疫学的な問題モンダイもあるが、日本ニホン手術シュジュツ診療費シンリョウヒヤスく、    
ワクチンは病院ビョウイン経営ケイエイオオきなハシラとなっている。    
私達ワタシタチ若手ワカテ獣医師ジュウイシはそれをえようとしているが、ワクチンの回数カイスウらすということは、  
学問的ガクモンテキ問題モンダイだけでなく、病院ビョウイン経営ケイエイとのいもある。    
ワタシとしてはワクチンプログラムは基本キホン毎年マイトシ接種セッシュだが、最終的サイシュウテキには、    
地域の状況・飼育環境に応じて、ヌシさん一人ヒトリ一人ヒトリハナってカンガえる問題モンダイだとオモう。  
かなり、本音で回答していただけたように思います。
海外の医療イリョウについても積極的セッキョクテキマナんでおられるようでした。
まあ、米国ベイコク獣医師ジュウイシ団体ダンタイ提唱テイショウするガイドラインはタシかに国際的コクサイテキなコンセンサスをられているとはいえないでしょうが、
それをえばネンカイ接種セッシュカンしてもオナじように国際的なコンセンサスをられているとはいえないでしょう。
米国ベイコクのように日本ニホンでは医師イシ団体ダンタイによって明確メイカクなガイドラインがサダめられていないようですので、
結局ケッキョク単純タンジュンにメーカーの指示書シジショどおりにするか、獣医師ジュウイシ個人コジン判断ハンダンモトづいて処方ショホウするか、ということになるようですね。
やはり、医学的な議論の裏には、メーカー、病院などの経営的な問題も見え隠れするようです。
実際日本では積極的な研究が行われているとは言いがたいと思います。
メーカーの研究といっても、抗体価が3年間持つということを証明しても何の特にもならないのですから、
わざわざ、減収につながることに心血を注ぐ企業など無いでしょう。
メーカーがワクチンの効果コウカが1ネンっているのは、
単にそれ以上の期間については未検証であるということだと私は理解しています。
(ちなみに米国ベイコクでメーカーが3ネン効果コウカ持続ジゾクするとミトめている狂犬病キョウケンビョウワクチンがありますが、
はたしてこれは企業キギョウ医療イリョウ関係者カンケイシャ純粋ジュンスイ積極的セッキョクテキ研究ケンキュウ成果セイカによるものなのでしょうか?
以前イゼンは、とりあえず1年以上ネンイジョウ効果コウカ持続ジゾクすればUSDA(米国農務省)が狂犬病キョウケンビョウワクチンを認可ニンカしていたそうなのですが、
現在ゲンザイは、いつまで効果コウカ持続ジゾクするのかを調シラべなければアラたに認可ニンカしなくなったため、
ネン効果コウカ持続ジゾクすると証明ショウメイされた狂犬病キョウケンビョウワクチンが発売ハツバイされるようになったそうです。
そのタメ米国ベイコクには過去カコ認可ニンカされた「とにかく1ネン効果コウカ持続ジゾクするが、それ以上イジョウ期間キカンについては検証ケンショウしていない狂犬病キョウケンビョウワクチン」と、
現在ゲンザイの「3ネン効果コウカ持続ジゾクすると証明ショウメイされた狂犬病キョウケンビョウワクチン」の2シュ存在ソンザイするようです)
医療費が安いというのも、そういえばそうなのかもしれませんね。
動物診療は保険がきかないので一見高く感じますが(最近は動物共済なんてのもよくありますが)、
2〜3割で換算してみると、人間と比較しても結構安いのかもしれません。
ワクチン接種は注射一本で5000円〜9000円ぐらいでしょうか(検温と検便もしてくれるかもしれませんが)。
手間のかかる手術などに比べ数もこなせますし、定期的テイキテキ患者カンジャホウやってきて、
治療薬チリョウヤクチガい、毎年マイトシ安定アンテイ数量スウリョウ消費ショウヒすることになるわけですから、メーカーも病院ビョウイン販売ハンバイ計画ケイカクてやすいでしょうね。
実際、国内コクナイのワクチンがどのように流通リュウツウしているのかはわかりませんが、
メーカーと動物ドウブツ病院ビョウインとのアイダにあるイロんなしがらみや思惑オモワク無関係ムカンケイではないようなイタします。
その点、この先生には誠意あるご回答を頂けたのではないかと思います。
TY動物病院の○○先生、誠にありがとうございました。
○市HY動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
一般イッパンロンえば、ワタシもすべての固体コタイネンカイ接種セッシュ必要ヒツヨウかどうかは不明フメイテンカンじる。
タトえば純血ジュンケツシュザツケツシュ    
ただ、医療イリョウ現場ゲンバにおいてネンカイのワクチン接種セッシュをしなかったためにパルボ、    
コロナウイルス感染症にかかったケースがある。    
ネコでもワクチンをワスれて病気ビョウキになったレイがある。    
副反応フクハンノウは1サイぎて問題モンダイなければ、まずいとオモう。      
???雑種が強いということはよく言われることですが、(犬種ケンシュ特有トクユウシツビョウにかかりにくいとか、
また特定トクテイ犬種ケンシュにワクチン接種セッシュによるアレルギー反応ハンノウやすいということもきますが)
疫学的にもそうなのでしょうか?、あんまりいたこといですねぇ・・・・。
ここでロンじるべきは米国ベイコクのガイドラインについての問題モンダイです。
毎年マイトシきっちりワクチン接種セッシュをしていても病気ビョウキになることがあるのに、
どうしてネンカイのワクチンをしなかったために病気ビョウキになったと断定ダンテイできるのでしょうか?
副反応フクハンノウについてはどうなんでしょう。
確率カクリツヒクくても、愛犬アイケンイノチマモるはずのワクチンでイノチとしては、本人ホンニンはやりきれないでしょう・・・・。
かれとオモってしたことがアダとなってしまっては、やんでもやみきれないはずです。
病気ビョウキ死亡シボウするのと、予防ヨボウのためのワクチンで本来ホンライ健康ケンコウであったはずの愛犬アイケン死亡シボウするのとでは、
マッタ意味合イミアいがコトなります。
やはり「3ネンに1カイ接種セッシュ」という方法論ホウホウロン考慮コウリョ余地ヨチはあるのではないでしょうか?
○市AS動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウ
当院トウインでは○○○○(←メーカーメイ)の9シュ混合コンゴウワクチンを使用シヨウしている。    
メーカーの添付テンプ文章ブンショウトオり、ネンカイ接種セッシュススめている。    
また、パルボについては半年ハントシに1接種セッシュオコナっているヒトもいる。    
ガイドラインについては承知ショウチしているが、    
保障ホショウ問題モンダイもあり、当院トウインではネンカイ推奨スイショウしている。        
9種ワクチンしか扱っていないということなのでしょうか?
アレルギーなどに苦しむ犬がいる以上、3種、5種などを使い分ける必要もあると思うのですが・・・・。
やはりメーカーと動物病院の営業的な事情があるのでしょうか?
パルボって比較的免疫効果が長いワクチンだったと思うのですが・・・・、
なぜ半年ハントシ間隔カンカクなのでしょう・・・・。(米国ベイコクでは7ネン抗体コウタイ持続ジゾクするという試験シケン結果ケッカもあるようですが)
確かに致死率も高く怖い病気ですが、
やたらめったらワクチンをてば予防ヨボウできるというものでもないとオモいます。
副反応フクハンノウとしてアナフィラキシーや癌、自己免疫疾患などが懸念ケネンされ、
場合バアイによってはワクチンの接種セッシュによって、その病気ビョウキ症状ショウジョウがでることさえカンガえられます。
ワクチンの有効性ユウコウセイミトめますが、
単純タンジュンに短期間で接種し続けるほうが効果的だとする考え方には疑問が残ります。
保障ホショウ問題モンダイってナンでしょう?、
ネンカイ接種セッシュをおこなっていても病気ビョウキになることがあります。
そのときナニ患者カンジャガワ保障ホショウしていただけるのでしょうか?
というより、タンに「トラブルがあったサイ責任セキニン追及ツイキュウはごめんだ」という本音ホンネなのでしょうか?
○市DT動物病院の回答カイトウ
米国ベイコク日本ニホンではワクチン接種セッシュリツチガいから、        
米国ベイコクのガイドラインにそったワクチネーションができないといわれている。    
日本ニホンでは法令ホウレイサダめられている狂犬病キョウケンビョウのワクチンでも接種セッシュリツを50%をえない。  
ネンに1のワクチンが有効ユウコウになるには、ワクチン接種セッシュリツが70%をえることで可能カノウになる。
以上イジョウ理由リユウから当院トウインではネンカイ接種セッシュススめている。      
一体イッタイ、どこでそんなことがわれているのでしょう?
確かに「集団防衛」の意味からすれば、接種率はオオきな意味イミちます。
しかし、接種セッシュリツ米国ベイコクのガイドラインの3ネンに1接種セッシュとは直接的チョクセツテキ関連カンレンいようながするのですが・・・・。
ワクチンの接種率を上げることによって得られる「集団防衛」の効果によって、
病気ビョウキ蔓延マンエンフセぎ、これを地域チイキから隔離カクリ根絶コンゼツできれば、
タシかに感染カンセン機会キカイ激減ゲキゲンし、ワクチン自体ジタイたなくてむようになります(人間ニンゲン伝染病デンセンビョウオナじように・・・)。
しかし、米国ベイコクのガイドラインでべられているのは、それぞれ固体コタイ免疫メンエキ抗体コウタイが3年以上ネンイジョウつということです。
個人コジン防衛ボウエイ効果コウカ」ということです。どうしてワクチンの接種セッシュリツ必要ヒツヨウがあるのでしょう?
ホカイヌ接種セッシュしていようがかろうが、そのイヌ抗体コウタイ十分ジュウブンなレベルであるならば病気ビョウキ予防ヨボウすることができるのです。
一匹イッピキだけを対象タイショウとした抗体コウタイ持続ジゾク期間キカンについてロンじるときに接種セッシュリツ必要ヒツヨウがありますか?
つまりその固体コタイ免疫メンエキが3ネン持続ジゾクするかイナかのという、自分ジブン愛犬アイケンだけを対象タイショウとした議論ギロンに、
接種率をすことは、論点ロンテン曖昧アイマイにしているとしかオモえません。
(レプトスピラなどの持続期間の短いノンコアーワクチンについてのハナシならばまだわからなくもないですが、
副反応フクハンノウのリスクや感染カンセン危険キケン地域チイキ状況ジョウキョウカンガみたウエカタられるべきものであり、
シュではなく、5シュにするといった選択センタク判断ハンダン材料ザイリョウになるかもしれませんが、
とにかく「接種セッシュリツ」がタカくなければ「3ネンに1カイ接種セッシュ」は有効ユウコウではないという意見イケンには疑問ギモンカンじます)
マエいたようながしますが、広大コウダイ米国ベイコクホウが地域較差がハゲしく、飼育シイク環境カンキョウもワクチン接種セッシュリツ
多種多様タシュタヨウなはずでは?
なぜ日本ニホン米国ベイコクのガイドラインが実施ジッシできないとけることができるのでしょう?
○市DT動物ドウブツ病院ビョウイン回答カイトウタイするワタシ返信ヘンシンオクろうとオモいましたが、やめました)
お答えいただいた内容について、          
できればもう少し教えていただきたいのですがよろしいでしょうか。    
     
確かにワクチン接種による「集団防衛」の効果において、    
接種率は大きな意味を持つと思います。    
しかし、米国のガイドラインによって述べられているのは「集団防衛」の効果ではなく、  
それぞれの固体の免疫抗体が3年以上持続するという内容だったように記憶しております。
つまり単純タンジュンに、ワクチンによってられる抗体コウタイは3年以上ネンイジョウ持続ジゾクするので(コアーワクチンについて)、
ネンに1接種セッシュいという内容ナイヨウだったとオモうのですが・・・・。    
     
なにぶん私は医療についてはまったく素人ですので、    
勘違い、思い違いをしているのかもしれません。    
もしよろしければ、もう少しご説明いただけませんでしょうか・・・。    
上記のメールを思わず書いてしまいましたが、
あまり建設的ケンセツテキハナいになりそうにいので、送信するのは思いとどまりました。
□市DI動物病院の回答カイトウ
指摘の通り米国ではさまざまな免疫持続期間の研究、特に狂犬病のワクチン接種が  
3年毎でいいということになってから、3年ごとの追加接種の考え方が出てきて  
実践されつつあることは承知いる。    
しかし、現在ゲンザイ日本ニホン接種セッシュされているワクチンの持続ジゾク期間キカンが1ネンとされており、  
年毎ネンゴト接種セッシュ推奨スイショウされている。    
ネンごとの接種セッシュについては色々イロイロ意見イケンがあるが、ワタシ抗体コウタイ測定ソクテイがしっかりできれば、
それでも良いとオモう。    
しかし、抗体コウタイがきっちり測定ソクテイできない場合バアイネンカイ接種セッシュノゾましいとカンガえる。  
さらに、ワクチン接種セッシュ健康ケンコウ動物ドウブツを、ヌシ病院ビョウインれてくるオオきな理由リユウであり、  
健康ケンコウ診断シンダン予防ヨボウ重視ジュウシした健康ケンコウ管理カンリカンガえる機会キカイであるとオモう。    
そこで獣医師ジュウイシ相談ソウダンウエ、1ネンゴトにするか、先延サキノばしにするかを決定ケッテイすればよいとオモう。  
ネンに1カイ接種セッシュなると、必然的ヒツゼンテキにその機会キカイることになる。    
集団免疫という観点から、すべてのイヌ適切テキセツ間隔カンカクでワクチン接種セッシュオコナうことは、  
病原体ビョウゲンタイヒロがりを予防ヨボウするウエ大切タイセツなことだとカンガえる。    
また、ワクチンを毎年マイトシ接種セッシュするかわりに健康ケンコウ診断シンダンオコナい、抗体コウタイ測定ソクテイし、    
抗体コウタイ十分ジュウブンであると判断ハンダンできれば、間隔カンカクは1ネンでなくてもよい。    
しかし、この抗体コウタイ測定ソクテイは、どこの病院ビョウインでも即座ソクザにできるというものではなく、  
将来ショウライ病院ビョウイン簡単カンタン抗体コウタイ測定ソクテイできるキットがでてくれば追加ツイカワクチンの接種セッシュ  
決定ケッテイ迅速ジンソク出来デキるようになる。    
しかし、イマ出来デキるだけ間隔カンカクをあけない追加ツイカ接種セッシュ適切テキセツであるとカンガえる。    
結構ケッコウ丁寧テイネイコタえてクダさったようにオモいます。
しかし、肝心カンジンなところにほとんどふれられていません。
ベツにワクチン接種セッシュくても定期的テイキテキ健康ケンコウ診断シンダンオトズれるヌシ沢山タクサンいます。
ツメったり、歯石シセキったり、ミミ掃除ソウジのために動物ドウブツ病院ビョウインヒトもいるのですから・・・。
病院ビョウインるキッカケヅクりのためにワクチンを接種セッシュススめるというのもおかしなハナシです。
あと、(行動コウドウその1でべた)「抗体コウタイ検査ケンサ」や(前述ゼンジュツのメールでべた)「集団シュウダン防衛ボウエイ」についても
説明していただいておりますが、結局ケッキョク肝心カンジン部分ブブンは、ぼやけたままのようなイタします。
抗体価が十分ジュウブンソナわっているかどうかわからないのは、ネンカイ接種セッシュであろうと、3ネンに1カイ接種セッシュであろうと
オナじことです。きっちりネンカイワクチンを接種セッシュしても、固体コタイによっては十分ジュウブンな抗体を得られないこともあります。
そして、いったんソナわった抗体コウタイ実際ジッサイどのぐらいつかというと、
メーカーは1ネンといっているわけですが(それ以上イジョウ効果コウカについては未検証ミケンショウ?)、
米国の獣医師団体は試験結果から判断ハンダンして、3年は大丈夫といっているのです。
固体コタイの抗体価が3ネン持続ジゾクするのであれば、「集団シュウダン防衛ボウエイ」のウエでも十分ジュウブン有効ユウコウです。
ネンカイであろうと3ネンに1であろうと、チガいはありません。
「3ネンに1カイ接種セッシュ」で「接種セッシュリツ」をげれば「集団シュウダン防衛ボウエイ」は可能カノウです。
法令ホウレイ接種セッシュ義務付ギムヅけられている狂犬病キョウケンビョウワクチンとチガい、
混合コンゴウワクチンの接種セッシュヌシ任意ニンイです。メーカーがネンカイ接種セッシュ推奨スイショウおり、
オオくの獣医師ジュウイシがそれをススめてくるといっても、実際ジッサイナン強制力キョウセイリョクもありません。
ネンのため再確認サイカクニンしますが、
米国ベイコクのガイドラインでは3ネン以上イジョウ抗体価が持続ジゾクするとしている。
また、頻繁ヒンパンなワクチン接種セッシュ副反応フクハンノウオソれがあると警鐘ケイショウらしている。
メリット、デメリットをカンガみたウエで、3ネンに1接種セッシュ提唱テイショウしている」
ということです。
よくわからないから、とりあえずネンカイ接種セッシュしておけば問題モンダイないというハナシではないのです。
     
とりあえずまとめ?
とりあえず、色々イロイロ調シラべてきたまとめなのですが・・・・・。
実際ジッサイ獣医師ジュウイシ相談ソウダンカサねてきた結果ケッカイマだに満足マンゾクのゆく回答カイトウられていません。
近隣キンリン動物ドウブツ病院ビョウイン送付ソウフしたメールも、いくつか返答ヘントウいところがあります。
色々イロイロ調シラべていただいているので時間ジカンがかかっているのかもしれませんが・・・・・。
しかし、病院ビョウインのHPでメールアドレスを公開コウカイしておきながら、患者カンジャ相談ソウダンにまったくの無視ムシというのは、
納得ナットクがいきません。コタえられないのなら、コタえられないで、ナンらかの返信ヘンシンがあってもいのではないのでしょうか?
ネンのためにべておきますが、獣医師ジュウイシのプライベートのメールアドレスにいきなり質問シツモンオクりつけたわけではありません。
地元ジモト商売ショウバイをしている動物ドウブツ病院ビョウインで、相談ソウダンヨウわせヨウとして一般イッパン公開コウカイされているメールアドレスに テキスト ボックス: ←「謝礼を払わなければ返答が無くて当然」と掲示板で獣医師の方から指摘を受けましたので赤字部分を補足致しました。
質問シツモンをおオクりしただけです。相談ソウダンリョウハラえというならハラいますし、メールで回答カイトウできないというのなら、
そのムネ返信ヘンシンしていただければ納得ナットクいたします。ミズカ窓口マドグチとしてメールアドレスを公開コウカイしておいて、
不安フアンや疑問を抱えている患者にまったくの無視というのが、おかしいとカンじているだけです。
まあ、ワタシ医学イガクについては素人シロウトですし、米国ベイコクのガイドラインが絶対的ゼッタイテキタダしいのかどうかは判断ハンダンがつきません。
生物のことですから、唯一無二の正解というものは無いのかもしれません。
それでも、個人的コジンテキ印象インショウとしては、日本ニホン獣医師ジュウイシ団体ダンタイ、ワクチンメーカーは米国ベイコクのガイドラインから、
自己ジコ利権リケンタメに、あえてをそらしているような印象インショウけます。
そして、米国ベイコクのガイドラインがまったく浸透シントウしていないイマ日本ニホンにおいて、
ネンに1カイのワクチン接種セッシュ実践ジッセンしている獣医師ジュウイシには非常ヒジョウ誠実セイジツなものをカンじます。
(なぜなら、海外カイガイ最先端サイセンタン医療イリョウ真摯シンシみ、患者カンジャのために一番イチバンいとオモわれる方法ホウホウ自分ジブンなりに模索モサクし、
獣医師にとって減収になること、批判を受ける可能性のあることをあえて実践しているのですから・・・・)
というわけで、今後コンゴ継続ケイゾクして近隣キンリンで3ネンに1カイ接種セッシュ実施ジッシしている動物ドウブツ病院ビョウインサガツヅけるつもりです。
しかし、イマ状況ジョウキョウではなかなかつかりそうにもありません。
今一度イマイチド米国ベイコクのガイドラインについて、獣医師ジュウイシヌシがそれぞれにカンガナオ機会キカイがあればとオモいます。
(そのタメには、TVなどのメディアにオオきくげてもらえればとオモいます。
現実に米国のガイドラインなんて知らない、そしてらないものはミトめられないと、
面と向かって答えた獣医師がいたわけですから・・・・、
如何イカにこの問題モンダイ深刻シンコクトラえられておらず、ほとんど一般イッパン認知ニンチされていないということがわかります)
それにしても患者カンジャ質問シツモンタイして、米国ベイコクのガイドラインを「らない」と一蹴イッシュウして、「らないものはミトめられない」と
調べもせずにまったく取り合わない獣医師もそうですが、
っていながら、ヌシになんの説明セツメイオコナわない獣医師ジュウイシもどうなのでしょう。
治療チリョウ方針ホウシン(この場合バアイ予防ヨボウ方針ホウシン)をめるサイに、どういった選択肢センタクシがあるのかを患者カンジャガワ説明セツメイオコナわず、
勝手カッテ医師イシがその方法ホウホウ選択センタクしているわけです。
まるで話題ワダイのドラマ「○いキョトウ」のようではありませんか。
劇中ゲキチュウザイ医師イシは、
タスかりたければ手術シュジュツしかないということです」
と断言し、患者カンジャガワ不安フアン疑問ギモン一蹴イッシュウし、治療チリョウ方法ホウホウについてクワしい説明セツメイオコナいませんでした。
それは、財○医師にとって、最良サイリョウ選択センタクだったと断言ダンゲンできるものであったにもかかわらず、
裁判サイバン有罪ユウザイ判決ハンケツクダり、患者カンジャガワ勝訴ショウソしています。
なんとなく、このHPのワクチン接種セッシュ問題モンダイ彷彿ホウフツとさせるものがあります。
実際ジッサイにワクチンの副反応フクハンノウイノチとすワズラチクがいるわけですから、
イノチにかかわる重要ジュウヨウ選択センタク患者カンジャガワ説明セツメイしないという現状ゲンジョウが、
まさにこれにてはまるとオモいます。
タシかにメーカーが「3ネンに1カイ」をミトめていない以上イジョウ、それを説明セツメイする義務ギム獣医師ジュウイシにはいのかもしれませんが、
ヌシ立場タチバからわせていただくと、
説明セツメイしてくれない獣医師ジュウイシ」よりも「説明セツメイしてくれる獣医師ジュウイシ」のホウいにまっています。
もうヒトつの疑問ギモン
ワクチン関連のことで、私が主治医に不信感を抱くことになったキッカケのひとつですが・・・・・。
現在、私は2頭の犬を飼っております。
それぞれ生後2ヶ月の頃に、2種ワクチン、5種ワクチンを1度接種した状態で我が家にやってきました。
その後、近所の動物病院に相談に伺い(もちろんワクチン接種状況については獣医師に説明してあります)、
生後3ヶ月頃に8種ワクチンの接種を受け、以後毎年1回の8種ワクチンの接種を促されています。
後で自分で調べて知ったことですが、
「レプトスピラやコロナのような不活化ワクチンは一番始めに接種するときは3〜4週間隔で2回以上接種しないと十分ジュウブンな効果がでない」
ということを知りました。 ←デュラ○ューン8なので、不活化ワクチンはレプトスピラとコロナ?
これが事実であれば、今私の愛犬は毎年8種ワクチンの接種を受けていますが、
不活化ワクチンの3種類については十分ジュウブン効果コウカられていないウタガいがあることになります。
(効果は5種のワクチンを打っているのと同じこと、残り3種の部分は愛犬を無用の副反応に危険にさらしたウエに、
無意味なお金を支払っていることになります)
このことについて、私は主治医から何の説明も受けていません。
私が思い違いをしているだけなのでしょうか?
しかし、スコ調シラべてみたところデュラ○ューン8の用法ヨウホウ容量ヨウリョウ下記カキのようにサダめられているようです。
乾燥ワクチンを液状不活化ワクチンで溶解し、6週齢以上の犬に1mLずつ3〜4週間隔で2回、
筋肉内又は皮下に接種する。追加免疫用として本ワクチンを使用する場合には、1mLを筋肉内又は皮下に1回接種する。  
つまり、ワタシはメーカーのサダめる用法ヨウホウ用量ヨウリョウ以外イガイ方法ホウホウで、毎年マイトシシュワクチンの接種セッシュを何の説明も無く促されているわけです。
ということは現在ゲンザイワタシ愛犬アイケンはこの3シュ(レプトスピラ×2、コロナ)については、
毎年マイトシシュワクチンを接種セッシュしているにもかかわらず、十分ジュウブンな予防効果が期待できない状態ジョウタイでは?、という疑念がアタマをよぎります。
では、わざわざ値段ネダンタカく、余計ヨケイ副反応フクハンノウのリスクをフクむ8シュ接種セッシュしなくても、5シュでいいじゃないか?
というハナシになってしまいます。
(この問題モンダイについて、この獣医師ジュウイシはメーカーのサダめる用法ヨウホウ用量ヨウリョウにそったワクチン接種セッシュオコナっていないにもかかわらず、
米国ベイコクの「3ネンに1カイ接種セッシュ」のガイドラインについては、「らない」とコタえ、それを調シラべもせずに否定ヒテイしたウエで、
メーカーがネンカイ追加ツイカ接種セッシュサダめているので、とにかくネンカイ接種セッシュすべきだと説明セツメイしてきました。
一方イッポウではメーカーのサダめる用法ヨウホウ用量ヨウリョウ無視ムシしているに、
もう一方ではメーカーの推奨スイショウ期間キカンを武器に年1回の接種を迫っているということです。まったく辻褄ツジツマっていません。
医療イリョウタイする一貫イッカンしたポリシーがまったくカンじられません)
そして、米国の米国獣医学協会(AVMA)や米国動物病院会(AAHA)でサダめられているところの、
狂犬病キョウケンビョウ以外イガイのコアーワクチン(重要性ジュウヨウセイタカいワクチン)はすべて5シュワクチンのナカフクまれており、
ネン以上イジョウ予防ヨボウ効果コウカがあるとされています。
これらを総合的ソウゴウテキ判断ハンダンすると、やはりイマ主治医シュジイが8シュワクチンの毎年マイトシ接種セッシュススめることに
不誠実なものを感じずにはいられません。
「やはり5シュワクチンを3ネンゴトいのでは?」
というカンガえにイタるわけです。
コアーワクチン (パルボ、ジステンバー、アデノ、狂犬病キョウケンビョウ    
致死チシリツタカく、発病ハツビョウしたサイ治療チリョウムツカしいタメ予防ヨボウ重要視ジュウヨウシされる。  
     
ノンコアーワクチン (パラインフルエンザ、コロナ、レプトスピラなど)  
感染カンセン機会キカイスクない、重症ジュウショウではない、発病ハツビョウしても治療チリョウ効果コウカ十分ジュウブン期待キタイできる、
効果コウカクラべて副反応フクハンノウ危険キケンタカい、などの理由リユウによりすべてのイヌ  
一律イチリツ接種セッシュすべきではないとされている。    
それぞれのライフスタイルや地域チイキ状況ジョウキョウオウじて、接種セッシュすべきかどうかを判断ハンダンすべきもの。
さらにレプトスピラにシボってカンガえますと、
http://niah.naro.affrc.go.jp/disease/fact/reputo.html 「レプトスピラショウ
によれば、日本ニホンでの被害ヒガイ件数ケンスウ年間ネンカン100〜150ケン程度テイドとなっております。
報告ホウコクのあった件数ケンスウなので、ひょっとすると実情ジツジョウはもうスコオオいかもしれません)
レプトスピラの種類シュルイや、症状ショウジョウオモさなどはこの資料シリョウから判断ハンダンできませんが、
現在ゲンザイ、レプトスピラをフク混合コンゴウワクチンの接種セッシュリツはどの程度テイドなのでしょうか?
法令ホウレイサダめられてる狂犬病キョウケンビョウワクチンですら40%〜50%程度テイドわれ、
混合コンゴウワクチンは30%程度テイドというハナシいたことがあります(真偽シンギのほどはサダかではありませんが)。
レプトスピラをフク混合コンゴウワクチン(7シュ以上イジョウ?)となればもっとヒクいでしょう。
では、この接種セッシュリツがればどうなるか?
まず素直スナオカンガえれば、この年間100〜150ケン被害ヒガイがいくらか減少ゲンショウするとオモわれます。
しかし、被害ヒガイ予防ヨボウ効果コウカはレプトスピラの種類シュルイにもよりますし、(レプトスピラはスウ百種ヒャクシュあり、ワクチンで予防ヨボウできるのはわずか1〜4シュ程度テイド
ワクチン接種したからといって必ずしも、感染カンセンフセげるわけではありませんので、
トクにレプトスピラワクチンは免疫メンエキ抗体コウタイられにくいとハナシもあります)
ひょっとすると、被害ヒガイ件数ケンスウはほとんど減少ゲンショウしない可能性カノウセイもあります。
一方イッポウで、ワクチンの接種セッシュリツ上昇ジョウショウトモナい、副反応フクハンノウ被害ヒガイ増加ゾウカ懸念ケネンされます。
レプトスピラワクチンはカツワクチンですので、安全性アンゼンセイタカいともいわれるのですが、
副反応フクハンノウやすいワクチンであるという指摘シテキもあります。
つまり日本ニホン全国ゼンコク100ケン年間ネンカン感染カンセン被害ヒガイらすために、躍起ヤッキになってワクチン接種セッシュリツげたとしても、
100ケン以上イジョウ副反応フクハンノウ被害ヒガイ増加ゾウカさせるという本末転倒ホンマツテントウ結果ケッカカンガえられるということです。
それでも、感染カンセン被害ヒガイ拡大カクダイフセぐ「集団シュウダン防衛ボウエイ」の意味合イミアいからすれば意義イギがあるのかもしれませんが、
当事者トウジシャであるヌシにとっては、自分ジブン飼い犬カイイヌ健康ケンコウサイ優先ユウセンです。
健康ケンコウであったはずの愛犬アイケンかれとオモってしたコト(ワクチン接種セッシュ)が、
仇となりイノチとしてしまっては、悔やんでも悔やみきれないでしょう。
そして、病気ビョウキのリスクとワクチン接種セッシュのリスクは、単純タンジュンオナ次元ジゲン比較ヒカクできるものではありません。
病気ビョウキのリスクにタイして、ワクチン接種セッシュのリスクはヒクいと強調キョウチョウされることがよくありますが・・・・)
何故ナゼなら、ワクチンを接種セッシュしたからといって、病気ビョウキを100%フセぐことは出来デキませんし、
予防ヨボウタメのワクチンの副反応フクハンノウ死亡シボウするのと、病気ビョウキ死亡シボウするのとでは、まったく意味合イミアいがコトなります。
やはりワクチンは地域チイキ状況ジョウキョウやライフスタイルをカンガみたウエで、接種セッシュすべきものであり、
ナンでもかんでも、とりあえずっておけば安心アンシンというものではないのです。
本当ホントウネンカイ接種セッシュ妥当性ダトウセイがあるのか?
ホカにどういった方法ホウホウがあるのか?
ヌシそれぞれが、自分ジブン愛犬アイケンにとってモットいとオモわれる方法ホウホウカンガえ、選択センタクすべきであるとオモいます。
飼い主本人ホンニンが本当に納得して選択したのであれば、最終的サイシュウテキにどういう結果ケッカになろうとも、
それは間違マチガいではないとオモいます。
ネンに1接種セッシュが、カナラずしもタダしいというわけではありません。
しかし、ネンカイ接種セッシュもすべてのイヌにとって適切テキセツなワクチンプログラムであるというわけではないのです。
えっ!、日本ニホン使ツカってるワクチンってほとんど海外カイガイセイなの?
「動物・自然保護」啓発団体のHP、http://www.prana-japan.com/vaccine-i.htm 「日本の動物医療の現状」
ていてづいたのですが・・・・、
そこには、下記カキのようにかれていました。
○日本で使用されている犬猫ワクチンの多くが輸入された外国のものである。
○輸入され、日本に入って来た多くの新しいワクチンは、ある一定の基準をクリアし、
  日本の検定に合格してはいるものの、ワクチンプログラム等の調整は取られていない。
ええっ、なんだかんだって結局ケッキョク海外カイガイセイ使ツカっているの???
ビックリしたので、ネンのためワタシ愛犬アイケン接種セッシュしているデュ○ミューン8について農林水産省動物医薬品検査所のHPで調シラべてみました。
デュ○ミューン 8 
ジステンパー・犬アデノウイルス(2型)感染症・犬パラインフルエンザ・犬パルボウイルス感染症・
犬コロナウイルス感染症・犬レプトスピラ病混合ワクチン
承認年月日 平成11年7月27日 承認区分 輸入医薬品 
業者名 共○製薬株式会社 
なるほど、はっきり「輸入ユニュウ医薬品イヤクヒン」とかかれています。
製品セイヒンについて、そのすべてを確認カクニンしたわけではありませんが、おそらく指摘シテキトオ外国製ガイコクセイオオいのでしょう。
いったいどこで生産セイサンされたものなのでしょう?、ひょっとして米国ベイコク???
欧米オウベイではかなりマエからワクチンの過剰カジョウ接種セッシュ問題モンダイになりつつあります。
日本ニホンではあまり問題視モンダイシされていませんね。でも使ツカっているワクチンは輸入ユニュウヒン???
海外カイガイとは疫学的エキガクテキ状況ジョウキョウコトなるとはいえ、使用しているワクチン自体が輸入品なわけですから、
やはり海外カイガイ接種セッシュ方法ホウホウについてまったく説明セツメイい、検討ケントウ余地ヨチいというのもおかしな話です。
ナニ違和感イワカンカンじますね・・・・・。
参考サンコウ情報ジョウホウ
http://taro.cc/index.php/taro/comments/vaccine/ 「犬のワクチンは毎年必要でしょうか?」
http://taro.cc/index.php/taro/comments/vaccine2/ 「ワクチンの種類と病気」
http://taro.cc/index.php/taro/comments/vaccine3/ 「接種上注意すべき点」
http://www.pet-ann.net/how/wakutin.html 「ワクチンについてカンガえる」
http://www.mc.megafit.net/~a-hiyugaji/toppage/submenu/arecore/waku.html 「ワクチンの接種回数は何回が良いのか?」
http://www.oacc.jp/know/vakzin01.html 「ワクチンの接種セッシュ間隔カンカクについて」
http://living-with-dogs.com/jp/living/vaccine-j.html 「ワクチンの過剰摂取不安」
http://members.accesswave.ca/~superpuppy/vet/vac_seminar.htm 「あぶない予防接種」
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200102100600000000058679000 「どうぶつのお医者さんの事件簿 2001ネンガツ発行ハッコウメールマガジン」
http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20030404hk001hk 「愛犬も喜ぶ新予防注射ガイドライン」
http://www.vets.ne.jp/~rinmama/wakuchin/vaccine.html 「ワクチン一覧イチランヒョウ副作用フクサヨウ情報ジョウホウ)」
http://well-mannered.org/api/vaccination.html 「予防ヨボウ接種セッシュちすぎか?」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796618201/249-0057420-0277932 「ペットを病気ビョウキにしない(書籍ショセキ紹介ショウカイ)」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~ma-guro/wakuchin.htm 「ワクチンについてカンガえる」
http://www.joy.hi-ho.ne.jp/oku1031/clinilk/newsletter03.htm 「動物ドウブツ病院ビョウインニュースレター」
http://allabout.co.jp/pet/dog/closeup/CU20010914/index2.htm 「日本臨床獣医学フォーラム2001」
http://www.aruke.com/sih/news/kenkou/no51.htm 「健康情報研究センター ワクチン被害は愛犬にも」
http://www.prana-japan.com/vaccine-i.htm 「日本の動物医療の現状」
ワクチンにカンするトピックス
http://bdog.xrea.jp/dog/blog/comments/338/ 「ワクチン接種後の抗体持続期間」
国動物病院協会(AAHA)のガイドラインをけて、ワクチン製造セイゾウ会社ガイシャベイファイ○ーシャもレポートをしてきたようです。
イマまではとりあえず1ネン効果コウカてば認可ニンカされていたらしいので、
それ以上イジョウの効果については未検証だったようですが、
アデノウィルス2型、ジステンパー、パルボ、パラインフルエンザのワクチンが、
少なくとも4年以上抗体が持続することをこのレポートでは証明しているそうです。
日本ニホンはいつまでイマのような状態ジョウタイツヅくのでしょうか・・・・・。
http://curl.milkcafe.to/health/s-15.htm 「ワクチンと抗体コウタイ検査ケンサについて」
ワクチン接種セッシュ不安フアンがあり、実際ジッサイ抗体コウタイ検査ケンサオコナっているヌシさんですが、
ニン獣医師ジュウイシ抗体コウタイ検査ケンサについて相談ソウダンちかけたそうですが、
検査ケンサや「3ネンに1カイ接種セッシュ」について丁寧テイネイ説明セツメイしてくれたのは、
そのウチケンだけだったそうです。
ノコりの3ケンは、
「そんな検査ケンサ必要ヒツヨウない」
「ワクチン接種セッシュ問題モンダイない」
抗体コウタイ検査ケンサなんてらない」←(唖然アゼン
だったそうです・・・・。
そんなもんなんですね・・・、イマ日本ニホン状況ジョウキョウって・・・・・。
まあ、ワタシんでる地域チイキではもっとひどい結果ケッカになりそうですが・・・・・、
http://www.odagawa.jp/dog/dog-vaction2.html 「3ネンに1カイのワクチン接種セッシュについて説明セツメイのある動物ドウブツ病院ビョウインのHP」
http://www.pet-hospital.org/dog-025.htm#dog-025-3
http://www.pet-hospital.org/tisiki-002.htm
http://www.petmedical.jp/hospital/hospital7/hospital7.htm
ネンに1カイ接種セッシュについて最近サイキンかけるようになってきました。
日本でも徐々にではあるようですが、3年に1回の接種方法が実践されつつあるようですね。
http://www.kao.co.jp/petcare/howto/31/con00/con00.html 「ハナ○ペットケアのHP」
http://www.npf.co.jp/qad/qad_12.html 「日本ペッ○フード株式会社のHP」
ペット用品ヨウヒンやフードをアツカ大手オオテ企業キギョウのHPでも「3ネンに1カイのワクチン接種セッシュ」について記述キジュツがあります。
100%支持シジするという内容ナイヨウではありませんが、本当ホントウ色々イロイロなところでかけられるようになってきました。
私見シケンですが、日本ニホン動物ドウブツ医療イリョウ関係カンケイ専門的センモンテキなHPではあまりみかけませんね。何故ナゼなんでしょう?
誤解ゴカイけるために、慎重シンチョウ対応タイオウになっているからでしょうか・・・・。
ちなみにハナ○のHPの本文中ホンブンチュウに「都市部に住んでいる室内飼いの犬・猫の場合は、
3年に1回の接種でよしとする獣医師もいます」という記述がありますが、
あえて「都市部に住んでいる室内飼いの犬・猫」と限定しているのは、
レプトスピラなどのノンコアーワクチンの必要性について、考慮したためだと思います。
重要性ジュウヨウセイタカいコアーワクチンは3ネン効果コウカ持続ジゾクするとわれるが、ノンコアーワクチンは抗体の持続期間が短い。
地域チイキ飼育シイク状況ジョウキョウ、ライフスタイルナドにより感染カンセン機会キカイタカ場合バアイはノンコアーワクチンの必要性ヒツヨウセイについて考慮コウリョする必要ヒツヨウがある)
ですから状況に応じて、レプトスピラの感染地域や副反応のリスクを鑑みた上であれば、
外飼いでも3年に1回の接種を実践するメリットは十分ジュウブンあると考えます。
http://lovedog.jp/soudan/soudan_5.html 「ペット雑誌 愛犬チャ○プのHP」
ここでも、獣医師ジュウイシのコメントで「3ネンに1カイ接種セッシュ」についての記述キジュツがあります。
http://www.noriweb.luu.jp/2a/04access/ 「ドッグカフェのHP」
「当店はAAHA(アメリカ動物病院協会)のガイドライン適応とし、3年以内の5種以上の
混合ワクチンの摂取がご利用の条件となっております」
と、注意書チュウイガきがあります。
徐々ジョジョにではありますが、日本ニホンでもドッグカフェやドッグラン、美容院ビヨウインといったサービスにも、
「3ネンに1カイ」のガイドラインは容認ヨウニンされているようです。
しかし、日本ニホンでもスデ一部イチブ動物ドウブツ病院ビョウインでも実施ジッシされ、
日本ニホンペッ○フードやハナ○などペット業界ギョウカイ大手オオテ企業キギョウのHP、ペット雑誌「愛犬チャ○プ」のHPでもれられており、
マチの喫茶店(ドッグカフェ)ですら容認しているガイドラインを、
「そんなハナシらない」とっててる獣医師ジュウイシがいる現状ゲンジョウに、違和感イワカンオボえます・・・・・・・。
http://health.nikkei.co.jp/hsn/hl.cfm?i=20030404hk001hk 「愛犬も喜ぶ新予防注射ガイドライン」
米国動物病院協会誌「Trends」3月号に掲載された記事キジのようです。
記事キジによれば、「米国獣医内科学会、獣医微生物学学会、獣医免疫医協会もこのガイドラインを支持している」
とあり、複数の団体がこのガイドラインを支持していることが伺えます。 
http://living-with-dogs.com/jp/stay/terms/manner-rule-j.html 「ペット同伴可の宿泊施設」
こちらも利用リヨウ条件ジョウケンに「ワクチンは最終接種日が3年以内であること」との記述キジュツがあります。
http://www.koro.co.jp/menu/vaccine.html 「狂犬病ワクチン接種を三年に一回にする運動」
トウHPでげているのは混合コンゴウワクチンについてですが、
こちらのHPでは、狂犬病キョウケンビョウワクチンについて3ネンに1接種セッシュ可能カノウになるように署名ショメイ運動ウンドウオコなっています。
本文ホンブンによれば年間ネンカン50〜60トウイヌ狂犬病キョウケンビョウワクチンの副反応フクハンノウ死亡シボウしているそうです。
タシかに、狂犬病キョウケンビョウコワ病気ビョウキですが、日本ニホンにおいてネンカイ接種セッシュ法令ホウレイサダめられているにもかかわらず、
実際ジッサイ接種セッシュリツは50%程度テイド(ひょっとするともっとヒクい)とわれています。
予防ヨボウタメ接種セッシュリツげることは、もちろん重要ジュウヨウですが、
接種セッシュリツがれば、当然トウゼン副反応フクハンノウ犠牲ギセイになっているイヌ倍増バイゾウするとカンガえられます。
また、ただ病気ビョウキ危険性キケンセイウッタえ、ワクチン接種セッシュ必要性ヒツヨウセイびかけるだけの、
イマまでのやりカタでは、これ以上イジョウ接種セッシュリツがらないようにカンじます。
せっかく法令ホウレイサダめられているはずの、狂犬病キョウケンビョウワクチン接種セッシュも、
現状ゲンジョウでは「集団シュウダン防衛ボウエイ」の意味イミたしておらず、法令ホウレイ事態ジタイ形骸化ケイガイカしているようにカンじます。
接種セッシュリツげる方法論ホウホウロンヒトつとして、3ネンに1接種セッシュ実施ジッシすることは、
ヌシ不安フアンカンじていた副反応フクハンノウ危険キケンや、費用ヒヨウ負担フタン軽減ケイゲンするので、
接種セッシュリツげ、病気ビョウキ予防ヨボウするという大前提ダイゼンテイからカンガえると、とてもにかなったハナシオモえます。
スデ米国ベイコクでは、ほとんどのシュウ狂犬病キョウケンビョウワクチンの接種セッシュは3ネンに1カイ法令ホウレイサダめられているようです。
日本ニホンはこのままずっとネンカイのままなのでしょうか・・・・・・。
http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/Kyoukenbyou0610Yomi.shtml 「朝日、読売新聞の新聞記事、投書等」
http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/Kyoukenbyou0518Yomi.shtml 「朝日、読売新聞の新聞記事、投書等」
http://www2u.biglobe.ne.jp/~kiy-n/bbs1/344675197805376.html 「狂犬病予防法違反で逮捕者」
http://www.petportal.jp/mt/archives/000127.html 「狂犬病キョウケンビョウワクチン接種セッシュリツ向上コウジョウ命題メイダイです」
http://tarowan.com/rabies.html 「狂犬病は過去の病気?」
その参考サンコウHPです。
(ちなみに米国でメーカーが3年効果が持続すると認めている狂犬病ワクチンがありますが、
はたしてこれは企業キギョウ医療イリョウ関係者カンケイシャ純粋ジュンスイ積極的セッキョクテキ研究ケンキュウ成果セイカによるものなのでしょうか?
以前イゼンは、とりあえず1年以上ネンイジョウ効果コウカ持続ジゾクすればUSDA(米国農務省)が狂犬病キョウケンビョウワクチンを認可ニンカしていたそうなのですが、
現在ゲンザイは、いつまで効果コウカ持続ジゾクするのかを調シラべなければアラたに認可ニンカしなくなったため、
ネン効果コウカ持続ジゾクすると証明ショウメイされた狂犬病キョウケンビョウワクチンが発売ハツバイされるようになったそうです。
そのタメ米国ベイコクには過去カコ認可ニンカされた「とにかく1ネン効果コウカ持続ジゾクするが、それ以上イジョウ期間キカンについては検証ケンショウしていない狂犬病キョウケンビョウワクチン」と、
現在ゲンザイの「3ネン効果コウカ持続ジゾクすると証明ショウメイされた狂犬病キョウケンビョウワクチン」の2シュ存在ソンザイするようです)
http://www1.ocn.ne.jp/~tekitoni/001120.html 「動物ドウブツ新聞シンブン ワクチンの値段ネダン
これって製造セイゾウ原価ゲンカ?、それとも仕入シイレ原価ゲンカ?、どっちなんですかね?
http://www.retrievers.jp/AAHA.htm 「ペットフードの店のHP」
AAHAのガイドラインについて解説しています。
本文中には、
「毎年、ワクチン接種のお知らせハガキのようなダイレクトメールを送ってくる動物病院は危険です。
それは良心的リョウシンテキサービスではない。病院ビョウインという営利エイリ本位ホンイなショップではないでしょうか」
とまでかれています。
結構ケッコウ辛口カラクチですね・・・・・・。
http://www.pet-triangle.jp/vaccine.html 「ペットショップのHP」
欧米オウベイでは接種セッシュ回数カイスウらす方向ホウコウにあり、ワクチンの予防ヨボウ効果コウカ持続ジゾク期間キカン調査チョウサ結果ケッカから3ネンゴト接種セッシュで、
ネンカイ接種セッシュ効果コウカわらないとかれています(ナマワクチン、カツワクチンにもよりますが)。
実際ジッサイにルクセンブルク(ヨーロッパ)で飼い犬カイイヌアタえられる予防ヨボウ接種セッシュ手帳テチョウ画像ガゾウ掲載ケイサイしてあります。
もちろんその内容ナイヨウは、一律イチリツ混合コンゴウワクチンをネンカイ接種セッシュという内容ナイヨウではなく、
リスクにオウじて最適サイテキなワクチネーションプログラムを実施ジッシするという内容ナイヨウのようです。
http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200309090830000000058679000 「どうぶつのお医者さんの事件簿 2003ネンガツ発行ハッコウのメールマガジン」
「4頭のイヌに見られたワクチン接種後の多発性関節炎」という記事キジで、
ワクチンの副反応フクハンノウ多様性タヨウセイについて獣医師ジュウイシのコメントがあります。
ワクチンの有用性ユウヨウセイ間違マチガいないが、問題モンダイ接種セッシュ間隔カンカクだそうです。
                動物ドウブツ医療イリョウ関連カンレン情報ジョウホウ
                    http://dogcat1122.hp.infoseek.co.jp/ 「獣医ジュウイ医療イリョウミス」
トウHPのワクチンの接種セッシュカンする問題モンダイとは直接チョクセツ関連カンレンはありませんが、
近年、獣医の医療ミスについても取りざたされる機会が多くなってきました。