面白い海外ニュースです。

チンパンジーの「石器」を発掘=初期人類と類似−米独チーム
 西アフリカのコートジボワールにある国立公園の熱帯雨林で、チンパンジーが最近まで、「石器」を使って木の実を食べた痕跡を、米ジョージ・ワシントン大学とドイツのマックスプランク研究所の人類学者らが"発掘"し、成果を24日付の米科学誌サイエンスに発表した。一部のチンパンジーが、ヤシの種などを割るのに石を使うことは以前から知られているが、考古学の手法を、チンパンジーの生活実態解明に適用したのは初めてだという。
 研究チームによると、チンパンジーが堅い種を割るのに使う花こう岩などの石は、使っているうちに小さく割れ、石器らしくなる。研究チームは、1996年までチンパンジーが堅い種を割って食べた国立公園内の「パンダ」という種類の木の周辺を"発掘調査"。石のかけら479個、計4.5キロと、種の殻を約40キロ集めた。
 これらの石器を、アフリカ東部・エチオピアのオモ川下流域などから発掘された初期人類による最古(約250万年前)の石器である「オルドワン石器群」と比べると、形や大きさの構成がそっくりであることが判明。研究チームは、同石器群の遺跡の一部は、初期人類が同様に堅い種を割って食べた跡かもしれないと指摘している。(Yahooより)

ボッソウのチンパンジーの行動 - サイト「チンパンジーワールド」によるギニア・ボッソウでの記録。道具の仕様について。